堤大介監督、岡田麿里脚本で描くオリジナルCGアニメ「ONI:神々山のオナリ」の映像が公開

アメリカのアニメーションスタジオ・トンコハウスとNetflixが協力して手がける全4話のオリジナルCGアニメ「ONI」が「ONI:神々山のオナリ」の邦題で、Netflixにて配信されることが決定。あわせて映像が公開された。

同作は、日本の民話の世界観をモチーフにした作品で、日本神話に登場する変わり者の神さまや妖怪たちの世界を舞台に、風変わりなおてんば娘・おなりが、神々に恐れられる“ONI”の脅威から山を守ろうとする物語。監督を堤大介、脚本を岡田麿里が手掛ける。

解禁された初映像では、天狗や河童、ダルマたちが不穏など日本古来の妖怪たちや、そこに現れる謎の存在“ONI”が描かれた。