音楽、物語、企画力で独自の道を走り続けたゲームブランド 『OVERDRIVE』 歴代作品の楽曲を披露する「ラストギグ」の 無料LIVE配信を3月30日(水)~3月31日(木)に開催!

ゲームブランド「OVERDRIVE」は、2022年をもって活動を終了させることになりました。

この活動終了にあたって、同ブランドは歴代作品の楽曲を披露する最後のライブイベント『OVERDRIVE LAST GIG on Web「Thank you for Playing」』を、視聴無料のweb配信ライブとして、3月30日(水)~3月31日(木)の2日間にわたり開催いたします。

OVERDRIVE LAST GIG on Web Logo

主人公たちの熱い情熱と衝突を描き続けてきたゲームの魅力はもちろん、その感動を彩る楽曲群も併せて、根強い人気を獲得してきたゲームブランド「OVERDRIVE」。ゲームファンと音楽ファン、その垣根を超えた熱狂的なファンを有するこのブランドは、2022年をもって一度、幕を閉じることになりました。

OVERDRIVE代表であるbambooの横断的な活動は、ゲーム制作だけに留まらず、アパレルやグッズ販売、「奇祭」と呼ばれる特殊な参加条件ありのライブ開催と多岐に渡ります。bambooの豊かなアイデアは、ブランドファンを感動の涙と笑いで巻き込んできました。

bamboo

今回のライブで披露される楽曲群は、ブランドデビュー作の収録楽曲から、ブランド最後の作品となる『MUSICUS!』のものまでを網羅しています。ライブ出演アーティストたちも、新旧タイトルに参加したボーカリストたちが勢揃いするものとなります。通史的なセットリストから成るライブは、OVERDRIVEのゲームプレイ体験と不可分だった感動を、視聴者にもう一度与える熱いものになるでしょう。

また、本イベント最大の特徴は、配信の視聴料を無料とし、視聴者からの支援、いわゆる「カンパ」で収益を得るところにあります。国内最大手クラウドファンディングサイトのCAMPFIRE、創作物マーケットのBOOTH、YouTube公式機能のスーパーチャット、などを介しライブ開催の直前から支援を受け付ける予定です。

有料チケットを販売せず、支援金額も視聴者に委ねる姿勢から、bamboo始めOVERDRIVEの覚悟と公演への自信が窺い知れます。

OVERDRIVE LAST GIG on Web「Thank you for Playing」

■イベント名

OVERDRIVE LAST GIG on Web「Thank you for Playing」

■開催日時

2022年3月30日(水)(Day1) 20:00~ SHOW TIME!!

2022年3月31日(木)(Day2) 20:00~ SHOW TIME!!

■配信サイト

OVERDRIVE Official YouTube channelにて配信予定

https://www.youtube.com/c/OVERDRIVEjapan

OVERDRIVE LAST GIG on Web「Thank you for Playing」-Day1-

https://youtu.be/sMHNT2m09Tk

OVERDRIVE LAST GIG on Web「Thank you for Playing」-Day2-

https://youtu.be/QEcMjyt5-tw

■出演者一覧

2022年3月30日(水)(Day1)

OVERDRIVE LAST GIG on Web「Thank you for Playing」-Day1-

-Day1出演者-

・NANA

・AiRI

・yozuka*

・YURIA

・遠藤正明

・山本美禰子

2022年3月31日(木)(Day2)

OVERDRIVE LAST GIG on Web「Thank you for Playing」-Day2-

-Day2出演者-

・Kazuya

・Dr.Flower

・Prico

・AiRI

■出演アーティスト紹介

<2022年3月30日(水)(Day1)>

・NANA

NANA

2000年代初頭にデビュー。

ゲーム主題歌を数多く担当し、2008年には1stアルバム『NANA』をリリース。

2019年には1stライブ「NANA LAND Vol.1」を開催。

OVERDRIVEタイトルにおいては、『Ashberry』などの楽曲担当で知られる。

・AiRI

AiRI

2000年代初頭より「UR@N」として美少女ゲーム音楽シーンで活動を開始。パワーあるハイトーンボーカルが好評を博し、様々なゲームの主題歌や挿入歌を担当している。

2007年にはOVERDRIVE作品にて架空のロックバンド「第二文芸部」のボーカル担当として抜擢され、「第二文芸部」としてのライブも大成功を収めた。

2011年4月より「AiRI」として活動を開始する。その後、アニメタイアップをはじめとしてシングルを立て続けにリリースし、2012年2月にはファーストアルバム『Puzzle』をリリース。同時期にファーストワンマンライブ「Fly high,butterfly!」を開催した。

2015年にはAiRIとして活動5年目に入ることを記念し、4月から3ヵ月連続ワンマンライブを開催。それぞれ「UR@N」「第二文芸部」「AiRI」名義の楽曲のみでライブを行った。

・yozuka*

yozuka*

2002年、『ダ・カーポ~第2ボタンの誓い~』でメジャーデビュー。その後初のTVアニメ主題歌となる『サクラサクミライコイユメ』をリリース。累計60,000枚のセールスを記録する。続くセカンドシーズン『サクライロノキセツ』はオリコンチャートデイリーTOP10入りを果たす。

現在までにアニメ・ゲーム『D.C. ~ダ・カーポ~』歴代主題歌をはじめ多くのアニメ・ゲーム主題歌を歌唱。

2007年より作家としても本格活動をスタート。

作家活動開始直後、モーニング娘。と℃-uteの選抜ユニット『アテナ&ロビケロッツ』デビュー曲『勝利のBIG WAVE!!!』を作詞作曲、その後、TVアニメ『MUNTO』の劇場版映画『空を見上げる少女の瞳に映る世界』主題歌『ユメミタソラ』を作詞作曲、数多くの挿入歌やキャラクターソングを作詞作曲するなど、作家としても活動の幅を広げる。

・YURIA

YURIA

Vocalist/ Guitarist/ Bassist/ Artist/ Songwriterと横断的に活動するアーティスト。

OVERDRIVE作品では作中バンド「第二文芸部」の担当を務めた。

ブランド他作品への楽曲提供・歌唱も行っている。

・遠藤正明

遠藤正明

1997年テレビアニメ『勇者王ガオガイガー』の主題歌『勇者王誕生!』のヒットでアニソン界に旋風を巻き起こし、2000年の“JAM Project”の旗揚げに参加、影山ヒロノブとともに現在もプロジェクトを支えている。

2010年、JAM Projectのメンバーとして、結成10周年記念アルバムの制作、国内外20か所以上にも及ぶ大々的なコンサートツアーを行う。

2013年、「みやぎ絆大使」「石巻観光大使」に就任。以降、宮城・石巻の魅力を届けるためファンツアーを行っている。

OVERDRIVE作品においては、作中バンド「STAR GENERATION」のボーカル担当や主題歌の担当で知られる。

・山本美禰子

山本美禰子

クラシックや民族音楽のスタイルを融合させた表現力豊かな歌声によって、孤高の世界観を確立。 『ロロナのアトリエ』OPテーマで一躍脚光を集め、現在はボーカリスト、作詞家、作曲家としても活動。

OVERDRIVE作品においては、作中バンドのギターボーカルとして楽曲を担当した。

<2022年3月31日(Day2)>

・Kazuya

Kazuya

株式会社KEYTONE所属のボーカリスト。OVERDRIVE作品においては、『MUSICUS!』登場バンド「花鳥風月」において、ボーカル花井是清の歌唱を務めた。

・Dr.Flower

Dr.Flower

『MUSICUS!』で登場したゲーム内バンド。

2020年3月、1stアルバムである『MUSICUS!』をリリース。同じくゲーム内バンドである「NIGHT SCHOOLERS」の楽曲も収録し、好評を博した。

アルバム詳細リンク: http://www.lantis.jp/title/musicus/

2022年現在では、YouTubeのOVERDRIVE公式チャンネル内にて、「世界征服放送」という配信を行っている。

YouTube OVERDRIVE公式チャンネル

https://www.youtube.com/c/OVERDRIVEjapan

Dr.Flowerボーカル 花井三日月公式Twitterアカウント

https://twitter.com/mika2_flower

・Prico

Prico

2010年、OVERDRIVE作品のリードボーカリストに抜擢され、ヴァーチャルバンドDEARDROPSとしてメジャーデビュー。

2012年、ソロアルバム『Addictive Fravor』をリリース。

2013年、「Prico with DEARDROPS」を結成。

2014年、クラウドファンディング「UNEEDZONE.jp」にてアルバム制作プロジェクトを成功させ、『Grim Courage』をリリース。

東阪レコ発ツアーを開催するなど精力的に活動し、 2017年9月、ラストワンマンLive「-THE END OF STORY “REVENGE”-」をもって解散。

圧倒的なライブパフォーマンスと一度聴いたら忘れられないボーカルスタイルを武器に、ソロシンガーとして活動中。

・AiRI

AiRI

2000年代初頭より「UR@N」としてゲーム音楽シーンで活動を開始。パワーあるハイトーンボーカルが好評を博し、様々なゲームの主題歌や挿入歌を担当している。

2007年にはOVERDRIVE作品にて架空のロックバンド「第二文芸部」のボーカル担当として抜擢され、「第二文芸部」としてのライブも大成功を収めた。

2011年4月より「AiRI」として活動を開始する。その後、アニメタイアップをはじめとしてシングルを立て続けにリリースし、2012年2月にはファーストアルバム『Puzzle』をリリース。同時期にファーストワンマンライブ「Fly high,butterfly!」を開催した。

2015年にはAiRIとして活動5年目に入る事を記念し、4月から3ヵ月連続ワンマンライブを開催。それぞれ「UR@N」「第二文芸部」「AiRI」名義の楽曲のみでライブを行った。

■ご支援方法

『OVERDRIVE LAST GIG on Web 「Thank you for Playing」』

無料LIVE配信ご支援方法として、3種類のものを用意しております。

ご支援方法

(1) 【オススメ!】milktubM30クラウドファンディングへのご支援

milktubM30クラウドファンディング

結成30周年を記念して、往年のOVERDRIVE、GROOVERナンバーと同時代にリリースされた名作の主題歌群をカヴァーしたアルバム。15曲入りCD+DVD20曲の豪華ボックス制作のクラウドファンディングを開始します。

1,100円~19,310円のご支援で返礼品がお手元に届きます。

1,100円の「投げ銭コース」では、『エーデルワイス』『キラ☆キラ』『DEARDROPS』『電激ストライカー』『僕が天使になった理由』『グリーングリーン』の未公開イラスト(一部MVで使用)と、OVERDRIVEの代表的なイラスト、そして本イベントのチケットデータを詰め合わせた壁紙データ集などが入手できます。

milktub結成多分30周年記念アルバム「M30」制作プロジェクト – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

https://camp-fire.jp/projects/524682/preview?token=19cs705v

※クラウドファンディングプロジェクトは2022年3月28日(月)23:00~開始予定です。

(2) OVERDRIVEイラスト壁紙集お買い上げによるご支援

・BOOTHにてOVERDRIVE各タイトルの未公開描き下ろし&代表的な版権イラストの壁紙データ集を販売しております。(価格:1,100円)

・OVERDRIVE LAST GIG on Web「Thank you for Playing」Ticket Sticker

1,500円のご支援で『OVERDRIVE LAST GIG on Web「Thank you for Playing」』のチケット風ステッカーが返礼されます。

白フチがあるものと、フチの無いクリアなものの2種類をご用意!(2枚1セットのためご自身でカットをお願いします)

チケット風ステッカー

・OVERDRIVE LAST GIG on Web「Thank you for Playing」Logo Sticker

696円(別途送料+手数料)のご支援で本公演のロゴステッカーが返礼されます。

OVERDRIVE LAST GIG on Web Logo

STUDIO696 – BOOTH

https://studio696.booth.pm/

(3) スーパーチャットによる投げ銭

幕間にてDr.Flowerのメンバーからお礼をさせていただきます。

(量が多い場合は割愛される可能性があります)

スーパーチャット(Super Chat)とは、YouTubeライブでのみ利用できる投げ銭機能です。

<CS版「MUSICUS!」公式サイトOPEN!!>

http://www.entergram.co.jp/musicus/

Nintendo Switch版&PlayStation4版が2022年3月24日に発売決定!

MUSICUS!

#musicus

#MUSICU_od

#世界征服放送

ゲームブランド「OVERDRIVE」は株式会社キッチンガイズファクトリーが運営するゲームブランドです。

(Kitchen-Guys-Factory.Ltd)

<お問い合わせ先>

OVERDRIVE 公式サイト お問い合わせフォーム

https://www.over-drive.jp/contact