【まほよ映画化】TYPE-MOON × ufotable 最新作『魔法使いの夜』劇場アニメーション化決定!

TYPE-MOONが開発・販売したビジュアルノベルPCゲーム「魔法使いの夜」の劇場アニメーション化が決定。あわせて蒼崎青子、久遠寺有珠が描かれたティザービジュアル、ティザーPVも公開された。

同作は、2012年4月12日に発売されたノベルゲームが原作。シナリオを『空の境界』『Fateシリーズ』の生みの親である奈須きのこ、グラフィックを長年TYPE-MOONのクリエイティブに携わるこやまひろかずが手掛けている。奈須が『月姫』発売の前に執筆した未発表小説が源流であり、TYPE-MOON作品の時系列において最も古い1980年後半を舞台として描いている。

『月姫』などに登場するキャラクターであり、TMの世界において5人しかいない魔法使いの一人である蒼崎青子の修行時代、高校生の頃の時代を描く作品。

アニメーション制作は「空の境界」「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」など、TYPE-MOON作品のアニメ化を手がけたufotableが担当する。

公式サイト:https://mahoyo-movie.com/
(c)奈須きのこ・TYPE-MOON / アニプレックス・ノーツ・ufotable