「うたわれるもの」シリーズ最終章『うたわれるもの 二人の白皇』ティザービジュアル、PVが公開!

『うたわれるもの』シリーズの最終章となる『うたわれるもの 二人の白皇』よりティザービジュアル、ティザーPVが解禁。あわせて放送が2022年7月より開始となることが決定した。

同作は、「アクアプラス」による同名ゲームのアニメ化。TVアニメ『うたわれるもの 偽りの仮面』から7年ぶりの新シリーズとして、物語のラストまでを描く。
公開された映像では、壮絶な闘いを繰り広げたオシュトルの仮面<アクルカ>と、意志を引き継いだハクたちの姿が描かれている。


キャストコメント

▶オシュトル(ハク) CV.利根健太朗

亡き友オシュトルから仮面と共に皇女とネコネの未来を託され、ヤマト右近衛大将の後を継ぐ。オシュトルとしての名声と、ハクとして生きてきた頃の仲間たちと共に、アンジュの帝位奪還のため活動する。朝廷軍に立ち向かうため、奔走する。

利根健太朗コメント
──本作は前作『うたわれるもの 偽りの仮面』放送から7年振りとなる続編となります。改めて演じるにあたって、感じたことや意気込みをいただけますでしょうか。

この度、藤原啓治様に代わり、ハクを演じさせていただくこととなりました。襲名するまでに様々な葛藤がありましたが、ウコン/オシュトルとしてハクの側で共に生きてきた自分だからこそ、できることがあるのではと思い至りました。作中の状況も相まって、2重、3重に演技を重ねるなど、困難なシーンも多いのですが、その度に藤原さんに思いを馳せながらゲームをプレイし直しています。ハクがハクとして、皆様の前に存在できる様に、そして物語を最後まで駆け抜けられるように、魂を込めて演じて参りますので、よろしくお願いいたします。

──本作を楽しみにしている皆様へのメッセージをお願いします。

お待たせしました!いや、お待たせしすぎたかもしれません!『偽りの仮面』のアニメから早7年ということで、待ちに待っていた方も多いのではないでしょうか?僕もそうです!あのキャラクターたちが活躍する様をアニメで見られると思うとワクワクが止まりません!祝アニメ化!うたわれ最高!…とまぁ、本来なら一視聴者として手放しに喜べたのでしょうが、いかんせん重責ががが…。『二人の白皇』からご覧いただいてももちろん楽しめますが、放送までにまだお時間もあるので、この機会に『偽りの仮面』もチェックしてみて下さい!

クオン CV.種田梨沙

艶やかな毛並みの獣のような耳と尻尾を持つ。薬師をしており、若いながらその腕は確か。オシュトルに成り代わったハクからハクの死を知らされ、失意のまま故郷であるトゥスクルに帰還する。ハクを失ったショックから、一時的に記憶を失っている。

種田梨沙コメン
──本作は前作『うたわれるもの 偽りの仮面』放送から7年振りとなる続編となります。改めて演じるにあたって、感じたことや意気込みをいただけますでしょうか。

『偽りの仮面』のその後を、またアニメーション作品として見れる事がなによりも嬉しいです。前作では酸いも甘いも噛み分けて、様々な経験が彼女を強くし、美しく輝かせてくれました。そんなクオンの良さを残しつつ、新たに生まれた繊細さや強さを表現できるよう、私もさらに気を引き締めて挑みたいと思います!

──本作を楽しみにしている皆様へのメッセージをお願いします。

皆様、おまたせいたしました。ハクとクオン、そして本当に沢山の仲間達の想いを胸に、アニメーションでしか描けない『二人の白皇』の物語を、また新たに紡いでいきたいと思っております。これからも変わらぬ熱量で、「うたわれるもの」への愛を届け続けてくださると嬉しいです。また皆に会えて嬉しいかな!これからも、どうぞ宜しくお願いいたします!

▶アンジュ CV.赤﨑千夏

大國ヤマトの皇女。帝の崩御後、何者かの陰謀により毒を盛られ衰弱していたが、オシュトルやネコネの故郷であるエンナカムイで療養している。アンジュの名を語る偽物の皇女の話を聞き、父である帝が残してくれた皇女の地位を取り戻したいと立ち上がる。

赤﨑千夏コメント
──本作は前作『うたわれるもの 偽りの仮面』放送から7年振りとなる続編となります。改めて演じるにあたって、感じたことや意気込みをいただけますでしょうか。

久々にお馴染みのキャラクターたちとの掛け合いができて感慨深かったです。懐かしいと感じる部分も、新鮮な気持ちになる部分もあり、「うたわれるもの」の世界に浸れる喜びを感じています!前作では傍若無人なわがまま姫だったアンジュ。彼女がヤマトを取り戻すため立ち上がり、成長していく姿に改めて向き合い、丁寧に演じていきたいと思います!

──本作を楽しみにしている皆様へのメッセージをお願いします。

『偽りの仮面』は「そこで終わる~?!」というところで終わってしまうので、続きをアニメで見たい!という方も多かったと思います。7年を経てついにアニメ化!私も待ち遠しかったです!!前作ラストで毒を盛られ声が出なくなってしまったアンジュが声を取り戻すのはいつの日か?!『二人の白皇』というタイトルの意味もぜひ考えながら見てくださいね。

▶ネコネ CV.水瀬いのり

オシュトルの妹。自身の行動がオシュトルを失うきっかけに、そしてハクの人生を奪ってしまったことの自責の念から精神的に追い詰められ、塞ぎ込みがちとなってしまう。オシュトルに成り代わったハクを支え、尽くすことで亡き兄の意志を果たそうとする。

水瀬いのりコメント
──本作は前作『うたわれるもの 偽りの仮面』放送から7年振りとなる続編となります。改めて演じるにあたって、感じたことや意気込みをいただけますでしょうか。

ネコネは自分自身の迷いや弱さ、後悔を抱えながらの今作。気丈に振る舞いながらも、時折見せる彼女の苦しみが痛いほど胸に刺さりより一層ネコネを愛しく感じています。そしてその苦しみを少しでも分かち合えるよう大切に大切に演じております。

──本作を楽しみにしている皆様へのメッセージをお願いします。

日々応援してくださっている皆様!「うたわれ」が帰ってきます!ゲームをプレイしてくださっている方はもちろん、アニメから知ってくださる方にとっても、それぞれのキャラクターの魅力や成長を感じ取っていただける本作になっていると思います。本作の放送前に是非とも前作である『偽りの仮面』を見直して頂けると嬉しいなと思います。

作品情報

『うたわれるもの 二人の白皇』
2022年7月より放送開始予定

イントロダクション
「頼んだぜ、アンちゃん。」──帝の崩御から始まったヤマトの動乱。ヤマトの皇女・アンジュの毒殺未遂の嫌疑から追われる身となった右近衛大将・オシュトル。彼は戦いの末、仮面<アクルカ>の力を使い果たし、肉体と魂は世界の一部と化した。その別れ際、友であるハクにアンジュとネコネの未来を託す。
オシュトルから仮面と意思を託されたハクは、ハクとしての人生を捨て、唯一事実を知るネコネを除いた皆に正体を偽り、仮面とともにオシュトルとして生きることを選んだ。そしてエンナカムイに逃れ、回復の兆しを見せたアンジュは、父である帝が残した皇女の地位を取り戻したいと立ち上がる。
一方、ヤマトでは混乱に乗じて、八柱将であるライコウが偽の皇女を擁立し、国を掌握しようとしていた。やがてヤマト軍の侵攻は、本物の皇女を排除すべくエンナカムイへも及び……。ヤマト全土を巻き込む戦乱が、幕を開ける。「うたわれるもの」シリーズ最終章。全ての謎が、今解き明かされる。

スタッフ
監督:川村賢一
シリーズ構成:横山いつき
キャラクターデザイン・総作画監督:中田正彦
音楽:アクアプラス
アニメーション制作:WHITE FOX

キャスト
オシュトル(ハク):利根健太朗
クオン:種田梨沙
アンジュ:赤﨑千夏
ネコネ:水瀬いのり

公式サイト:https://utawarerumono.jp/

©うたわれるもの二人の白皇製作委員会