「電脳コイル」磯光雄監督の15年ぶりとなるオリジナルアニメ『地球外少年少女』2022年1月に前後編で特別劇場上映が決定!特報映像も公開

オリジナルアニメ「地球外少年少女」が前後編で、2週間限定劇場上映されることが決定した。公開日は前編が2022年1月28日、後編が2月11日。あわせて特報映像も公開された。

同作は、テレビアニメ「電脳コイル」で原作・脚本・監督を務めた磯光雄監督の15年ぶりとなるオリジナル作品。
AIの発達により、誰もが宇宙空間に行けるようになった2045年を舞台に、宇宙の商業ステーションで暮らす子どもたちが、AIとともに冒険する日々を描く。
全6話構成で、劇場ではそれらを3話ずつにまとめたものを前編、後編として上映する。

メインスタッフには、キャラクターデザインを「交響詩篇エウレカセブン」シリーズの吉田健一、メインアニメーターには「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」や「AKIRA」などを手掛け、電脳コイルにも参加していた井上俊之が参加する。美術監督は池田裕輔、色彩設計は田中美穂、音楽は石塚玲依、音響監督は清水洋史、制作はProduction +h.。
あわせてメインスタッフ陣のコメントも公開された。

メインスタッフコメント

磯光雄
明るくて面白い宇宙や未来をアニメの舞台として描きたい! それが最初にこの作品を作ろうと思ったきっかけでした。
宇宙や未来といえば、最近は暗いディストピアばかりになってしまった気がしますが、「地球外少年少女」では普通の中学生や小学生が飛び込めるハラハラ・ドキドキの冒険物語を描くつもりです。今度の宇宙はコンビニがあってスマホも使えます! 本編をお楽しみに!

吉田健一
宇宙なんて行く必要がない。夢見てもしょうがない。現実を見ろ。それは失敗するからやるな等々。リアルを語る意見が多い世の中になった気がします。ボクもイソさん(磯光雄)も 「だったら宇宙に行ってみよう」と、この作品を作る事にしました。
皆で体験してみて下さい。失敗なんて、やってみないとできませんよ。

井上俊之
磯光雄氏はアニメーターとして日本の、いや世界のアニメーション史に名を残す人だと思っています。
そんな彼からの直々のお誘いを断る選択肢はありません!
ウソです(笑)本当はすごく迷いました。「電脳コイル」では彼のオーダーに十分応えられなかったという思いがあったからで、その雪辱を果たそうとの思いで今作への参加を決心した、というのが本当のところです。果たしてその結果やいかに、こうご期待!

作品情報

『地球外少年少女』
2022年1月28日(金)より前編、2022年2月11日(金)より後編が各2週限定劇場上映

イントロダクション
2045年、インターネットとAIが普及した宇宙空間。日本の商業ステーションにやってくる少年少女たちは、発生する大規模な宇宙事故に遭遇し、ステーションに子供たちだけで取り残される。もう大人の救援は期待できない!
彼らの命綱は、辛うじて生き残ったナローバンドと、SNS、フリーアプリの低知能AIやスマホで操作できるドローンなど。これらを駆使し、中学生たちはピンチを乗り切り生き残る事が出来るのか!?

スタッフ
原作・脚本・監督:磯光雄
キャラクターデザイン:吉田健一
メインアニメーター:井上俊之
美術監督:池田裕輔
色彩設計:田中美穂
音楽:石塚玲依
音響監督:清水洋史
制作:Production +h.
製作:地球外少年少女製作委員会

公式サイト:https://chikyugai.com/
(C)MITSUO ISO/avex pictures・地球外少年少女製作委員会