『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』公開直前映像「世界編」が公開された

川原礫による人気ライトノベル「ソードアート・オンライン」シリーズが原作の、新作劇場版アニメ「劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア」より、新たな映像「世界編」が公開された。

ゲームマスターが「これはゲームであっても遊びではない」と「デスゲームの開幕」を宣告し、キリトやミトが襲いかかるモンスターたちに立ち向かう姿が描かれている。仮想現実“SAO”を舞台に命を懸けたデスゲームの開幕を知らせる公開直前映像となっている。

同作が40以上の国と地域で公開されることや公開1週目の来場者特典として原作のイラストを手がけるabecさんの描き下ろしポストカードをプレゼントすることも発表された。

作品情報

『劇場版 ソードアート・オンライン プログレッシブ 星なき夜のアリア』

2021年10月30日(土)全国ロードショー

ストーリー
これは、《閃光》と《黒の剣士》が、その名で呼ばれる前の物語──。あの日、《ナーヴギア》を偶然被ってしまった《結城明日奈》は、本来ネットゲームとは無縁に生きる中学三年生の少女だった。2022年11月6日、世界初のVRMMORPG《ソードアート・オンライン》が始動した。ところが、ログインの熱狂冷めやらぬプレイヤーたちが、突如ゲームマスターによってログアウトの手段を奪われ、ゲームの世界に閉じ込められてしまう。
ゲームマスターは告げた。《これはゲームであっても遊びではない。》 ゲームの中での死は、そのまま現実の死につながっている。それを聞いた全プレイヤーが混乱し、ゲーム内は阿鼻叫喚が渦巻いた。そのうちの一人であったアスナだが、彼女は世界のルールも分からないまま頂の見えない鋼鉄の浮遊城《アインクラッド》の攻略へと踏み出す。
死と隣り合わせの世界を生き抜く中で、アスナに訪れる運命的な《出会い》。そして、《別れ》──。《目の前の現実》に翻弄されるが、懸命に戦う彼女の前に現れたのは、孤高の剣士・キリトだった──。

スタッフ
原作:川原礫(「電撃文庫」刊)
原作イラスト・キャラクターデザイン原案:abec
監督:河野亜矢子
アクションディレクター・モンスターデザイン:甲斐泰之
キャラクターデザイン・総作画監督:戸谷賢都
サブキャラクターデザイン:秋月彩、石川智美、渡邊敬介
プロップデザイン:東島久志
美術監督:伊藤友沙
美術設定:平澤晃弘
色彩設計:中野尚美
撮影監督:大島由貴
CGディレクター:織田健吾、中島宏
2Dワークス:宮原洋平、関香織
編集:廣瀬清志
音楽:梶浦由記
音響監督:岩浪美和
音響効果:小山恭正
音響制作:ソニルード
プロデュース:EGG FIRM、ストレートエッジ
制作:A-1 Pictures
配給:アニプレックス
製作:SAO-P Project

キャスト
キリト:松岡禎丞
アスナ/結城明日奈:戸松遥
ミト/兎沢深澄:水瀬いのり
クライン:平田広明
エギル:安元洋貴
シリカ:日高里菜
ディアベル:檜山修之
キバオウ:関 智一
茅場晶彦:山寺宏一

公式サイト:https://sao-p.net/

©2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project