「よりもい」スタッフが再集結したオリジナル劇場アニメーション『グッバイ、ドン・グリーズ!』2022年に公開!

オリジナル劇場アニメーション『グッバイ、ドン・グリーズ!』が2022年に公開される。あわせて初映像となる特報、ティザービジュアルも解禁された。

同作は、アニメ『宇宙よりも遠い場所』を手がけた監督・いしづかあつこさん、スタジオ・MADHOUSE、キャラクターデザイナー・吉松孝博さんによるオリジナルアニメ。
メインキャストには、ロウマ役をアニメ『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎役の花江夏樹、トト役を「声優アワード」で主演男優賞を2012・2013年と史上初の2年連続で受賞した梶裕貴、ドロップ役を2015年の「声優アワード」で新人男優賞受賞の村瀬歩が担当。
キャストコメントも公開された。

『グッバイ、ドン・グリーズ!』は夏休みに、ひょんなことからアイスランドへ旅立つことになった少年たちの姿を描いた作品。
特報映像では、「分かっていなかったんだ、あの頃の僕たちは何も。だけど、見慣れた町のすぐ外には世界へ繋がる扉があった」とロウマの語りからはじまる。
美しい風景や「ドン・グリーズ」のメンバー、ロウマ・トト・ドロップの3人が仲睦まじいコミカルなシーンがつづき、最後には「あの日、いつもと違う夏休みの気配に僕はわくわくしていたんだ――」と締めくくられている。

キャストコメント

花江夏樹(ロウマ役)コメント
ロウマ役の花江夏樹です。
彼は友情を大切にするとてもいい奴で、将来に不安を抱きながらも前に進んでいます。
オーディションを受けた時にはもう既に映像がかなり出来上がっていて、ノスタルジックで、とても綺麗だと感じました。
この作品で、友情や恋、若さ溢れる行動力、大人になるにつれて忘れてしまう、失くしてしまう、直してしまうそんな大切な気持ちを思い出せる作品だと思います。

梶裕貴(トト役)コメント
オーディションのお話をいただいた時、直感で「おもしろそう!」と感じた作品でした。
その感覚が間違っていなかったことは、アフレコで既に確認済みです。いしづかあつこ監督の想いとセンスの詰まった青春物語。
小気味よいコミカルさと疾走感に加え、若者たちが初めて人生と向き合う瞬間のナイーブな人間ドラマが丁寧に描かれている作品です。
今だからこそ、自分だからこそのトトが生まれたんじゃないかと感じています。
全力で作品世界を駆け抜けました。公開を楽しみにお待ちください!

村瀬歩(ドロップ役)コメント
オーディションの際に既に絵が出来上がっており、そこにまず感動したのがスタートでした。
誰もが子どもの時に一度は憧れたよなー!という冒険から、親や同級生から離れて語られる思春期の悩みや不安定さ、覚悟。その全てをじっと黙って包んでくれるように自然が美しく描かれております。
画の美しさと彼らの秘密の物語を楽しみに待っていただけると!

作品情報

映画「グッバイ、ドン・グリーズ!」
2022年公開

スタッフ
監督・脚本:いしづかあつこ
キャラクターデザイン:吉松孝博
美術監督:岡本綾乃
美術ボード制作協力:山根左帆
美術設定:綱頭瑛子、平澤晃弘
色彩設計:大野春恵
撮影監督:川下裕樹
3D監督:廣住茂徳、今垣佳奈
編集:木村佳史子
音楽:藤澤慶昌
音響監督:明田川仁
音響効果:上野励
アニメーション制作:MADHOUSE
配給:KADOKAWA
製作:グッバイ、ドン・グリーズ!製作委員会

キャスト
ロウマ(鴨川朗真):花江夏樹
トト(御手洗北斗):梶裕貴
ドロップ(佐久間雫):村瀬歩

(c)Goodbye,DonGlees Partners