10月1日より放送のオリジナルショートアニメ『でーじミーツガール』新キャストに小林竜之!キャラクターボイスも解禁のPVが公開

オリジナルショートアニメ『でーじミーツガール』よりあらたなキャラクターボイスも解禁されたPVが公開された。

同作は、那覇を舞台に少女と少年の出会いと、ひと夏の不思議な出来事を描くショートアニメ。また放送情報も公開され、10月1日(金)より、MBS・TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム枠”で放送開始となる。
公開の映像では、東京から沖縄へとやって来たワケありの青年・すずきいちろう(?)役の小林竜之によるキャラクターボイスも解禁された。

小林竜之(すずきいちろう(?)役)コメント


この度、「でーじミーツガール」にてすずきいちろう(?)を演じさせていただくことになりました小林竜之です。大好きな沖縄を舞台にした作品に関わらせていただけることが本当に嬉しくて感無量です!美麗なイラスト、沖縄の風景と共に、90秒という世界の中で描かれる濃密なストーリーを楽しんでいただけると嬉しいです!よろしくお願いします!

作品情報

『でーじミーツガール』

放送情報
2021年10月1日(金)よりMBS/TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム”枠おしりにて毎週金曜25:50~
2021年10月7日(木)よりAT-Xにて毎週木曜日22:00~(リピート放送:毎週月曜10:00~/毎週水曜16:00~)

イントロダクション
夏、沖縄。ひと夏の“でーじ”な出会い――。これは毎週90秒の、ちょっと不思議なものがたり。沖縄の高校一年生・比嘉舞星(ひがまいせ)は、家業のホテルでフロント係のアルバイトをしながら、だらだら夏休みを過ごしていた。ある日、東京から一人の宿泊客がやってくる。そのワケアリな男の名は、すずきいちろう(?)。すずきが来てから、ホテルの中でおかしなことが…。部屋を泳ぎ回る魚たち。ホテルの天井を突き破る巨大なガジュマルの木。二人の間に突如巻き起こる不思議な出来事とは――? 監督は新海誠作品にも初期から携わる、演出家アニメーターの田澤潮。キャラクター原案・脚本は沖縄出身で、DAOKOのアニメMVキャラ原案をはじめ、漫画や書籍・音楽関係のイラストなど、幅広いジャンルで活躍する丸紅茜。気鋭のクリエイターの出会いが紡ぎだす、“新感覚”ショートアニメ、できました。
※でーじ=沖縄の言葉で、「とても」や「大変」といった意味

スタッフ
原作:波之上青年団
監督・キャラクターデザイン:田澤潮
キャラクター原案・シリーズ構成:丸紅茜
プロップデザイン:奥野倫史、赤津佳織
美術監督:宮本実生
色彩設計:辻田邦夫
3Dディレクター:山崎嘉雅
撮影監督:山本弥芳
編集:山田聖実(エディッツ)
音響監督:納谷僚介
音響制作:スタジオマウス
音楽:中村博
アニメーション制作:ライデンフィルム

キャスト
比嘉舞星:安野希世乃
すずきいちろう(?):小林竜之

公式サイト:https://dejimeetsgirl.okinawa/
©波之上青年団/でーじミーツガール製作委員会