アニメ『ドールズフロントライン』2022年に放送!キービジュアル第1弾・PVが公開

スマートフォン用ゲームを原作とするTVアニメ『ドールズフロントライン』が2022年に放送・配信開始となることが決定。あわせてキービジュアル第1弾・PVが公開された。

さらに、スタッフ情報も解禁。監督は上田繁、シリーズ構成・脚本は倉田英之、キャラクターデザインは山田正樹、音楽は渡邊崇が担当する。

キャラクター設定

M4A1(CV.戸松遥)
民間軍事会社「グリフィン」所属のAR小隊リーダー。I.O.P.社傘下の研究機関16LABで作り出した最高級の戦術人形。人間の指揮官が不在でも他の人形の作戦行動を指示することができる。優しく落ち着きのある性格で責任感が強く、実戦経験の不足なども相まって悩みがちな弱点も。

戸松遥コメント
――本作の印象を教えていただけますでしょうか。

ゲームで関わらせていただいた時や、そのあとショートアニメになった時に比べて、今回のTVアニメ化はシリアス度がより上がったように感じました。ゲームではプレイヤーが指揮官でしたし、ミニアニメの時は登場していなかったので、ドールズフロントライン自体の歴史は結構長いのですが、また新しいドルフロの世界観が描かれていると思います。

――演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えていただけますでしょうか。

M4A1は今まで演じていたおっとりした雰囲気から変わらない部分もありますが、今回のアニメ化で戦闘になると冷徹な部分やたくましい部分も出てきたりとブラッシュアップした部分があるので、これまでドルフロを知っていただいてる方にも新しい一面を見ていただけると思います。もちろん今回のTVアニメ化をきっかけに初めてドルフロを知っていただける方にも楽しんでいただけると思います。

M16A1(山根希美)
民間軍事会社「グリフィン」所属のAR小隊メンバーで、チームの長姉的な存在。戦闘経験豊富なベテランで頼りになる一方で、私生活はいい加減で大酒呑みの酔っ払い。妹であるM4A1を非常に可愛がっており、戦闘中も常に気にかけている。かつては国家保安局に配属されていたことがあるらしい。理由は不明だが、顔の傷を修復せずに残している。

山根希美コメント
――本作の印象を教えていただけますでしょうか。

今までに参加したミニアニメとは異なり、重厚でシリアスな印象を受けました。戦闘シーンがとにかく多いです。各キャラクターの悩める姿に切なくなることも少なくないのですが、その分垣間見る日常シーンがとてもいとおしく感じます。

――演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えていただけますでしょうか。

とにかくカッコよくを意識しました。AR小隊の中でも経験値の差から余裕も感じられるので、感情的になり過ぎないよう気をつけました。この機会に皆さまにはぜひM16にときめいて頂きたいです。もちろんアニメでもM4への糖度は高めです。

ST AR-15(CV.加藤英美里)
民間軍事会社「グリフィン」所属のAR小隊メンバー。責任感が強く、冷静で大人っぽい(ように見える)。メンバーで唯一、民生品の改良型であり、生粋の軍用品ではないことを引け目に感じている。AR小隊の仲間に対して強い愛情を持っており、そのためであれば自分を危険にさらす事もいとわない。

加藤英美里コメント
――本作の印象を教えていただけますでしょうか。

ゲームを未プレイの方も、続きが気になるようなシリアスな展開が多い作品です!有名な銃を擬人化された女の子達が沢山出てくるので、銃が好きな人はより楽しめるのではと!彼女たちがどんな運命を進んでいくのか、ぜひ見届けて欲しいと思います。

――演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えていただけますでしょうか。

ST AR-15は冷静沈着で、メンバーの中でも皆をピシッと締めてくれる一言を言ってくれます。そんな彼女の言葉からも仲間を大事に思っていることが伝わる優しさを、上手く表現できれば良いなと演じました!

M4 SOPMOD Ⅱ(CV.田村ゆかり)
民間軍事会社「グリフィン」所属のAR小隊メンバーで、マスコット的な存在。子供っぽく陽気で、人懐っこい性格の持ち主。しかし、戦闘においては、狂気じみた残酷さを見せる。特に鉄血製の戦術人形に対しては、残忍極まる方法で相手を破壊し、その残骸を玩具として弄ぶため仲間にたしなめられることも。冷静なST AR-15とは凸凹コンビ的なやり取りを繰り広げている。

田村ゆかりコメント
――本作の印象を教えていただけますでしょうか。

女の子がたくさん出てくるので、きゃっきゃしてるのかなとおもいきや、なんだか硬派。かっこいい。そしておしゃれ。語彙力がなくて申し訳ないですが、ストーリーや主題歌の音楽などに触れて、そう感じました。

――演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えていただけますでしょうか。

SOPⅡちゃんは、一見、元気いっぱいで脳天気な感じですが、物事をちゃんと考えてるし、仲間思いで気持ちがとても熱い子です。そんな彼女の魅力が少しでも多く、見てくれる方に届くといいなと思っています!

アニメ情報

『ドールズフロントライン』
放送・配信情報
2022年放送・配信予定

スタッフ
原作:「ドールズフロントライン」(SUNBORN Network Technology, Mica Team)
監督:上田繁
シリーズ構成・脚本:倉田英之
キャラクターデザイン:山田正樹
音楽:渡邊崇
オープニングテーマ:yukaDD(;´∀`)「BAD CANDY」(ワーナー ミュージック ジャパン)
アニメーション制作:旭プロダクション
プロデュース:ワーナー ブラザース ジャパン

ストーリー
2045年、コーラップス液によって世界中が汚染された地球。人類は最も原始的な欲求である住居や食料を巡って、全世界を巻き込んだ第三次世界大戦が勃発。終戦後の世界は、もはや荒廃しきっていた。文明が滅びる寸前まで追い込まれる一方で、戦争とそれに伴う労働力の不足は機械技術の進歩を促し、その結果人間を模した“人形”が創り出された。人間への各種サービス提供を目的にしたその見た目は人間の少女と何も変わらないが、人間を遙かに超越した能力を持つ機械生命体。それが“人形”である。そして技術が更に発展するにつれ、人形にマッチする銃を持たせた「戦術人形」があらゆる軍事組織で採用された。そうした中、軍需企業「鉄血工造」のAIが突如人類へ反旗を翻し、それを調査・阻止しようとする民間軍事会社「グリフィン」の戦術人形たちとの戦いが幕を開ける。「グリフィン」に所属する最高級の戦術人形で構成された「AR小隊」のメンバーは、人間の指揮官とともに各地の秩序を取り戻し、人類の安全を守ると同時に、その戦争の背後に潜む巨大な謎を解き明かしていくこととなる。戦術人形たちが紡ぐ、壮絶な戦いの末に待っているものとは、いったい……。

キャスト
M4A1:戸松遥
M16A1:山根希美
ST AR-15:加藤英美里
M4 SOPMOD Ⅱ:田村ゆかり

公式サイト:
©SUNBORN Network Technology, Mica Team / GRIFFIN&KRYUGER
©SUNBORN Japan Co., Ltd.