「ジャンプ+」連載中の『阿波連さんははかれない』TVアニメ化決定!ティザービジュアル、PVが公開

「ジャンプ+」連載中の『阿波連さんははかれない』が2022年4月にTVアニメ化されることが決まった。あわせてティザービジュアル、PVが公開された。

同作は、「デンキ街の本屋さん」などの水あさとの漫画が原作。
他人との距離をはかるのが苦手な天然少女・阿波連れいなと、ライドウとのラブコメディーを描く。メインキャストには水瀬いのり、寺島拓篤らが決定。
メインスタッフには総監督・山本靖貴、監督・牧野友映、シリーズ構成・吉岡たかを、キャラクターデザインは八尋裕子、音楽は神前暁氏、MONACA、アニメーション制作はFelixFilmが担当する。

キャラクター設定


阿波連れいな(CV.水瀬いのり)
他人との距離をはかるのが苦手な女の子。ある日、隣の席に座るライドウくんに消しゴムを拾ってもらったことがキッカケで、彼に興味を持つようになる。

水瀬いのりコメント
――本作の印象を教えてください。

少しずつ、着実に心を通わせ合っていく2人が可愛くて、微笑ましくて。そして2人のコミュニケーションや想いの伝え方がとにかく優しくて、温かい。読み始めはクスッと笑えていたカットも読み直すとジーンとくるシーンに変わっていたり。不器用だからこそ胸に届くものってあるよなと感じました。

――演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。

阿波連さんは予想外をくれる女の子です。びっくりするような可愛さだったりとんでもないギャップだったり。はかりしれない女の子。だからこそ彼女の動向や発言が気になって気になって…。一見ミステリアスだけど中身はとっても人間味に溢れた阿波連さんを大切に演じていきたいと思います。


ライドウ(CV.寺島拓篤)
ごく普通?の男子高校生。彼の高校での目標は「友だち100人」つくること。しかし、入学してから隣の席に座っている阿波連さんとの距離を感じている。

寺島拓篤コメント
――本作の印象を教えてください。

優しくて平和な世界ですね。読んでいて心が穏やかになるのをじんわりと感じられる、素敵な作品だと思いました。あんなに距離が近いとドキドキして仕方ないと思うんですが、顔色ひとつ変えずに接している二人が面白くて、でも時折、赤面した阿波連さんが見られるとやっぱりドキドキしてしまって、穏やかなギャップがとても心地良いです。

――演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。

ライドウくんの想像力の豊かさには脱帽ですね。あと知識量(笑)あんなにささやかな阿波連さんの挙動から、あそこまでイメージが膨らむなんて、凄すぎます。それでいて動じずにちゃんと対応しようとする器の大きさを持ち合わせているライドウくん。恐るべし…!彼の持つ独特の空気感が表現できるように、静かに頑張ります!

作品情報

『阿波連さんははかれない』
放送情報
2022年4月より放送開始予定

イントロダクション
小柄で物静かな女の子、阿波連(あはれん)れいなさん。人との距離をはかるのが少し苦手。そんな彼女の隣の席に座るライドウくんは、阿波連さんとの間に距離を感じていた。ある日、阿波連さんが落としてしまった消しゴムをライドウくんが拾ったことをキッカケに、ふたりの距離は急接近!?「遠すぎたり」「近すぎたり」予測不能な阿波連さん。色んな意味で、『はかれない』密着系?青春ラブコメディの幕が上がる!!

スタッフ
原作:水あさと(集英社「少年ジャンプ+」連載)
総監督:山本靖貴
監督:牧野友映
シリーズ構成:吉岡たかを
キャラクターデザイン:八尋裕子
音楽:神前暁&MONACA
アニメーション制作:FelixFilm
製作:bilibili

キャスト
阿波連れいな:水瀬いのり
ライドウ:寺島拓篤

公式サイト:https://aharen-pr.com/
©水あさと/集英社・BILIBILI