オリジナルTVアニメ『白い砂のアクアトープ』キービジュアル第2弾・追加キャラクター設定が公開

P.A.WORKSの完全新作オリジナルTVアニメ『白い砂のアクアトープ』が年7月8日(木)より放送開始となることが決定。あわせて、キービジュアル第2弾・追加キャラクター設定が公開された。

追加キャストにはくくるの同級生・仲村櫂役に土屋神葉、阿座上洋平、家中宏らが発表された。あわせてコメントも公開。

追加キャラクター設定

仲村櫂(なかむら かい) CV.土屋神葉

くくるの同級生で、幼馴染。まだ夜が明ける前から漁師である父の手伝いで船に乗り、自分で釣った魚を海咲野家に差し入れている。くくるの良き理解者であり、夏休みの間「がまがま水族館」の仕事の手伝いを買って出る。

土屋神葉コメント
──本作の印象を教えていただけますでしょうか。

僕は今まで篠原監督の作品を拝見するたびに、色彩豊かで瑞々しく、生命力と心の機微を実感する世界に心を掴まれ、動かされてきました。そのうえで今回は、沖縄の南城市という魅力溢れる舞台の中、しかも水族館で繰り広げられる物語。どれほどのパワーが映像に吹き込まれるのか、想像するだけで心が躍ります。描かれる人々のドラマはもちろん、水の中に生きる様々な命の可愛らしさや動きなども楽しみです!

──演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えていただけますでしょうか。

ぼくが演じる櫂は、常に「幼馴染のくくるのために自分が出来ることは何か」を自分なりに一生懸命考え、思いやる健気な男の子です。漁師の息子として培った逞しさもあり、朴訥とした雰囲気が魅力的だと思います。櫂を演じるにあたっては、より自然体であることを大切にしました。自然に囲まれて育った優しく飾り気のないキャラクターを、息遣いや言葉の紡ぎ方などを通し、真っ直ぐに表現できたらと思っています。

屋嘉間志空也(やかまし くうや) CV.阿座上洋平


「がまがま水族館」の飼育員。ぶっきらぼうで、やる気なさそうに見えるが、仕事はしっかりこなす。実は年齢の近い女性が苦手で、話してる時でも目を合わせることを避けてしまうほど。飼育員の人員不足からシフトがきつく、いつもお疲れ気味。くくるのおばあ特製の梅酒が大好物。

阿座上洋平コメント
──本作の印象を教えていただけますでしょうか。

ゆっくりと、本当にゆっくりとお話が進んでいく印象でした。台本を頂いた際、キャラクターの姿も台詞もないカットがしばらく続くのを見て「どんな絵になるのだろう」と思っていたのですが、沖縄の美しい風景と、P.A.WORKS さんの手掛ける繊細な作画でここまで魅せられるものなんだと映像を見て感動しました。忙しない現代。様々な事情で心が疲れがちになる今、見て欲しい作品です。

──演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えていただけますでしょうか。

空也はとある事がきっかけで女性に対してトラウマを持っている青年なのですが、生き物に対しての愛や仕事に対しての情熱が人一倍あるキャラクターです。意外とかっこいい一面を持っているのに、どこか誤解されがちな若者を演じられるように努めています。じっくりゆっくり関わって初めて分かる“彼の魅力”というものを大切にしたいです。

おじい CV.家中宏


くくるの祖父で「がまがま水族館」の館長。夏休みの間、館内業務はくくるに任せて、「がまがま水族館」にとっての“大切な任務”のためにあちこちへ外回りに出ている。とても優しくて穏やかな性格。

家中宏コメント
──本作の印象を教えていただけますでしょうか。

幼少期、家には小さな水槽の中を泳ぐ、小さな色鮮やかな魚たちが居た。成人すると、東京や大阪には巨大な水槽の中を生き生きと泳ぎ回る魚たちが居た。今、目前の画面には鮮やかな沖縄の色彩の中を様々な海の生き物たちが浮かび上がる。水族館という空間や海の生き物に触れ合って成長していく若き登場人物たち。そんな彼らを暖かく優しい沖縄の心が包み込む。こんな幸せな作品に立ち会えるなんて凄い!

──演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えていただけますでしょうか。

個性豊かな登場人物たちと海の生き物たちを優しい眼差しと沖縄の心で見守る“おじい”。なんて素敵な人だろうと心が震えました。そんな奥深い人柄を気負うことなく丁寧に演じようと取り組んでいます。とは言え、滲み出る思いを沖縄の言葉に乗せるため、共演の儀武ゆう子さんに細やかに方言を教わりつつ毎回冷や汗かいての収録です。今後の展開を一視聴者としても楽しみながら、素敵な“おじい”を演じ切りたく思ってます。

U35(キャラクター原案)コメント

櫂くんは漁師の息子でお手伝いもしているため、腕っぷしの強さと程よい逞しさを意識しました。海の男というイメージも大事にしつつ、男らしさと優しさが見えるような雰囲気が出せていたら嬉しいです。空也くんは外見がチャラそうな印象ですが、任された仕事はしっかりこなす子なんです。前髪を長めにした事も苦手な女性と極力目を合わさなくて済むカーテンになるといいなと思いながらデザインしました。歳は違いますが 2 人はとてもいいコンビだなって思います。

作品情報

『白い砂のアクアトープ』
放送情報
2021年7月8日(木)よりTOKYO MX、BSフジ、MBS、琉球放送にて放送開始予定

イントロダクション
監督・篠原俊哉、シリーズ構成・柿原優子、そして制作・P.A.WORKS。少女たちの青春を描いた『色づく世界の明日から』でも手を組んだ彼らが新たに手掛けるのは、沖縄のちいさな水族館を舞台にした完全新作オリジナルアニメーション。水族館で働く18歳の女子高生・海咲野くくるは、東京で居場所をなくし、逃避行をした元アイドル・宮沢風花と出逢う。くくると風花はそれぞれの思いを胸に、水族館での日々を過ごすようになる。しかし、その大切な場所に、閉館の危機が迫りくる。少女たちの夢と現実、孤独と仲間、絆と葛藤──。きらめく新たなページが、この夏、開かれる。

ストーリー
「──見えた?」 くくるは、そっと、がまがま水族館のヒミツを教える。「ここではときどき、『不思議なもの』が見えることがある」 夏の日差しが降り注ぐ、沖縄。那覇市内からバスに乗り1時間あまり揺られた先に、その水族館はある。沖縄本島南部、美しいビーチのすぐ脇にある、ちいさな、すこしさびれた「がまがま水族館」。18歳の女子高生・海咲野くくるは、そこでまっすぐ、ひたむきに仕事をしていた。祖父に替わって「館長」を名乗るほど、誰よりもこの水族館を愛している。ある日くくるは、水槽の前で長い髪を揺らしながら大粒の涙をこぼしていた女の子・宮沢風花と出逢う。風花は夢だったアイドルを諦め、あてもない逃避行の先に、東京から沖縄へやってきたのだ。がまがま水族館に流れる、ゆっくりとした、やさしい時間。居場所を求めていた風花は、「水族館で働きたい」と頼み込む。出会うはずのなかったふたりの日常は、こうして動き始めた。しかし、がまがま水族館は、「不思議」と一緒に、「閉館の危機」という大きな問題を抱えてもいた。迫りくるタイムリミットを前に、ふたりは立て直しを目指して動き始める。かけがえのない場所を、あたたかな寄る辺を、守るために。

スタッフ
原作:project ティンガーラ
監督:篠原俊哉
シリーズ構成:柿原優子
キャラクター原案:U35
キャラクターデザイン・総作画監督:秋山有希
美術監督:鈴木くるみ
美術監修:東潤一
美術設定:塩澤良憲
撮影監督:並木智
色彩設計:中野尚美
3D監督:鈴木晴輝
編集:髙橋歩
特殊効果:村上正博
音楽:出羽良彰
オープニングテーマ:ARCANA PROJECT「たゆたえ、七色」
エンディングテーマ:Mia REGINA「月海の揺り籠」
音響監督:山田陽
プロデュース:infinite
制作:P.A.WORKS

キャスト
海咲野くくる:伊藤美来
宮沢風花:逢田梨香子
照屋月美:和氣あず未
久高夏凛:Lynn
仲村櫂:土屋神葉 NEW
屋嘉間志空也:阿座上洋平 NEW
おじい:家中宏 NEW

公式サイト:
©project ティンガーラ