アニメ『輪るピングドラム』10周年記念に劇場版の制作が決定!クラウドファンディングがスタート

幾原邦彦監督が手掛けたオリジナルTVアニメ『輪るピングドラム』の放送10周年を記念し、劇場版『Re:cycle of the PENGUINDRUM』の制作を発表した。

同作は2011年7月~12月に放送されたオリジナルアニメ。
新プロジェクトにあたり、10thアニバーサリーロゴと星野リリィ氏描き下ろしの“プリンセス・オブ・ザ・クリスタル”のイラストを公開。特設サイトもオープンした。

そのプロジェクト第1弾として、劇場版『Re:cycle of the PENGUINDRUM』が制作決定。TVシリーズ全24話を再構築し、さらに完全新作パートを加えた作品となる。
プロジェクト第2弾は応援クラウドファンディングの実施。「うぶごえ」にて2021年4月8日(木)スタートを予定している。

幾原邦彦監督コメント

あれから、僕たちの世界はどうですか?今も多くの方々から『輪るピングドラム』のことをお聞かせ頂いています。未だ、心の中にキャラクターたちが生きていてくれている事が嬉しいです。ぜひ、この10周年も一緒に、同じ時代を–生存戦略しましょうか。

作品情報

劇場版『Re:cycle of the PENGUINDRUM』

スタッフ
監督:幾原邦彦
キャラクター原案:星野リリィ
TV版制作:BRAIN’S BASE
劇場版制作:ラパントラック

10周年特設サイト:https://penguindrum10th.jp/