劇場版アニメ『DEEMO THE MOVIE』新たな特報映像が公開!物語の鍵を握る謎多き“仮面の少女”役に日向坂46の丹生明里が発表

スマートフォン用音楽ゲーム『DEEMO』を原作とする劇場版アニメ『DEEMO THE MOVIE』のステージイベントが、3月28日(日)に「AnimeJapan 2021」にて実施された。
あわせてステージイベントでは新たな特報映像や、物語の鍵を握る謎多き“仮面の少女”役の声優に日向坂46の丹生明里が発表された。

同作は、累積2400万ダウンロードを突破したスマートフォン用音楽ゲーム『DEEMO』を原作に、ポニーキャニオンとProduction I.Gグループの共同制作による劇場アニメ化プロジェクト。

ステージでは主人公・アリスを演じる竹達彩奈さんと藤咲淳一総監督が登壇。メインキャラクターの設定画が一部解禁され、さらに本作の正式タイトルが『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』となることが発表された。

さらに丹生明里がビデオメッセージで登場。「初めてこのお話を頂いたときは本当に心の底から嬉しかったです。私が演じる仮面の少女は不思議な存在ですが、私もメンバーから“不思議だね!?”って言われるので、そこは共通点ですね」と、本作に参加する喜びと見どころを語った。

また、アフレコに挑戦する丹生さんの姿も公開され、藤咲監督は「アフレコ前はどうなるんだろうとドキドキしていましたが、丹生さんは発声もちゃんとしいる上に、演技も私の想像を超えてきたので、声優さんと同様に対等に扱おうと思って、逆に要求を上げていきました。そして、その要求にも答えてくれました」と驚きを隠せない様子だった。
竹達さんも「可愛くてフニャってなっちゃいますね」と、丹生さんと共演できる喜びを語った。

作品情報

「DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-」
劇場公開
2020年予定

ストーリー
謎の生物・Deemoが孤独にピアノを奏でている城。そこにある日、記憶を失った少女が空から舞い降りてくる。
Deemoと少女、そして城の不思議な住人たちや、ピアノの音色で成長する木によって、優しくて切ない、愛の物語が紡がれていく。

スタッフ
原作:Rayark Inc.「DEEMO」
脚本:藤咲淳一、藤沢文翁
キャラクターデザイン:めばち
イメージボード:吉田ヨシツギ
美術:小倉宏昌
美術設定:吉田大洋
色彩設計:片山由美子
CGアニメーションディレクター:鈴木寛
モデリング スーパーバイザー:今泉隼介
テク二カル ディレクター:田村耕一郎
3DCG制作:ブロス
撮影・グレーディング:江面久、齋藤瑛
編集:村上義典
音響監督:明田川仁
音響制作:マジックカプセル
主題歌:梶浦由記
副監督:平峯義大
監督:松下周平
総監督:藤咲淳一
制作:SIGNAL.MD、Production I.G
製作:ポニーキャニオン

キャスト
女の子・アリス:竹達彩奈
仮面の少女:丹生明里
ほか

公式サイト:https://deemomovie.jp/
©2020 Rayark Inc./DEEMO THE MOVIE Production Committee