世界の映像表現をアップデートした「攻殻機動隊」の続編。 『イノセンス』 3月28日(日)よる7時~「日曜アニメ劇場」

全国無料放送のBS12 トゥエルビ( 本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:須磨直樹)では日曜よる7時より劇場版アニメや長編アニメに特化した『日曜アニメ劇場』を放送しています。3月28日は映画「イノセンス」をお届けします。

1.映画「イノセンス」について

3月28日(日)よる7時~  押井監督の先見性、哲学に震撼。世界中が熱望した『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の続編。

©2004 士郎正宗/講談社・IG,ITNDDTD
©2004 士郎正宗/講談社・IG,ITNDDTD

押井守監督、制作プロダクションI.G.によるアニメーション映画「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」。日本だけでなく、世界中が熱狂した作品の待望の続編が「イノセンス」となる。今見ても、押井監督の先見性、哲学に改めて震撼する作品である。また、この作品は日本アニメとしては史上初となるカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品となり、大きな話題となった。

■ストーリー
人々が電脳化され、声を出さずとも、コンピューター端末を打たなくとも、ネットワークを通じたデジタルコミュニケーションが可能になる一方、肉体の機械化も進み、人とサイボーグ(機械化人間)、ロボット(人形)が共存する、2032年の日本。魂が希薄になった時代。決してそう遠くない近未来を舞台に物語の幕が開く。主人公は、続発するテロ犯罪を取り締まる政府直属の機関・公安九課の刑事バトー。バトーは、生きた人形(サイボーグ)である。腕も脚も、その体のすべてが造り物。残されているのはわずかな脳と、一人の女性、"素子"(もとこ)の記憶だけ。ある日、少女型の愛玩用ロボットが暴走を起こし、所有者を惨殺する事件が発生。「人間のために作られたはずのロボットがなぜ、人間を襲ったのか」。さっそくバトーは、相棒のトグサと共に捜査に向かう。電脳ネットワークを駆使して、自分の「脳」を攻撃する"謎のハッカー"の妨害に苦しみながら、バトーは事件の真相に近づいていく。

■出演
大塚明夫
田中敦子
山寺宏一
大木民夫
仲野裕
竹中直人
ほか

■スタッフ
脚本・監督:押井守
原作:士郎正宗(「攻殻機動隊」講談社刊)

2.「日曜アニメ劇場」とは

新作、旧作、隠れた名作まで毎週日曜よる7時は『日曜アニメ劇場』!劇場版アニメや長編アニメを中心に、映画、OVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)やTV用に編集されたスペシャル版、時には特別編としてアニソンコンサートや2.5次元作品も?!無料放送ではなかなか出会えない貴重なラインナップでお届けします。
©2004 士郎正宗/講談社・IG,ITNDDTD