「桃鉄GP」エキシビションマッチ優勝者はMasuoさん!

株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、3月21日(日)に「桃鉄GP(桃太郎電鉄グランプリ)」エキシビ
ションマッチを開催しMasuoさんが優勝したことをお知らせします。

「桃鉄GP」は参加者が「桃鉄」シリーズ最新作『桃太郎電鉄~昭和平成令和も定番!~』(Nintendo
Switch™)を使用し、日本一の社長の座をかけて対戦するゲーム大会です。
今回はPR大使の陣内「桃」則さんこと陣内智則さんを総合MC、本作の楽曲制作に携わるヒャダインさんを特別
解説として迎え、著名人限定のエキシビションマッチとして、各界から12名の桃鉄自慢が集結して熱戦を繰り広
げました。

■準決勝は各グループ大盛り上がり!
Aグループは序盤は井上裕介さん(NON STYLE)が引きの強さを発揮しましたが、Masuoさんが「ロイヤルEXカード」を駆使して100億以上の資産を得て、ハイレベルな戦いを勝ち抜きました。
Bグループは解説から「キャラ渋滞」と呼ばれた個性の強いグループ。様々なイベントが起こり、先が見えない展開が続く中、最終的には、「坊主丸儲けカード」を使った狩野英孝さんが、2位に差をつけて勝利しました。
Cグループは終盤までもつれ込む戦いに。「虎につばさカード」を手に入れたてつやさん(東海オンエア)が僅差で優勝しました。
各グループの2位の中からCグループの笹木咲さんが総資産1位で決勝に駒を進めました。

■決勝は最後まで予測不能な展開に!
熾烈な戦いを勝ち抜いた4名が集結した決勝戦。
それぞれがカードを活用するなど、一進一退の攻防に。そんな中、「空気を読む」という得意のスタイルで地道に物件を買い集めたMasuoさんが優勝しました。
Masuoさんは「最高です!最後の最後までわからなかったので」と満面の笑みを見せ、喜びを語りました。
大会の最後には今後「桃鉄GP」では、一般のお客さまにもご参加いただける大会の開催を予定していること、近日大型アップデートを予定していることを発表しました。詳細については、決まり次第公式サイト等でお知らせしますので、楽しみにお待ちください。

▼公式Twitter▼
@MOMOTETSU_Reiwa
▼公式サイト▼
https://www.konami.com/games/momotetsu/teiban/
▼プレー動画投稿応援キャンペーン▼
https://www.konami.com/games/momotetsu/teiban/cp-movie.html

■「桃太郎電鉄」シリーズとは
1988年にファミリーコンピュータ向けに第1作目が登場して以来、様々なプラットフォームで提供され、30年以上にわたり幅広い年代の方々に楽しまれているボードゲームです。プレーヤーは電鉄会社の社長となり、日本全国を巡って物件を買い集め、最初に決めた年数が終わった時に一番資産を持っているプレーヤーが勝利となります。
シリーズの完全新作となる『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』は、総監督に「さくまあきら」氏、副監督に「桝田省治」氏を迎え、Nintendo Switch™向けに発売中。。累計販売本数は250万本(ダウンロードを含む)を突破しています。(2021年2月4日時点)

タイトル:桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~
メーカー:KONAMI
発売日:2020年11月19日
ジャンル:ボードゲーム
プレー人数:1~4人
メーカー希望小売価格:6,300円(税抜)
対応機種:Nintendo Switch™
CEROレーティング:A
著作権表記:
©さくまあきら
©Konami Digital Entertainment
Nintendo Switch™、ファミリーコンピュータは、任天堂株式会社の登録商標または商標です。