【LINEリサーチ】好きな猫のキャラクターランキング、魔女の宅急便の「ジジ」が総合第1位 猫派・犬派の調査では、全体で犬派が過半数を占めるも、10代では猫派がやや多い傾向

LINE株式会社では、同社が保有する約538万人の国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」を運営しております。
このたびLINEリサーチでは、2月22日の猫の日に合わせて、日本全国の男女を対象に、猫派または犬派か、好きな猫のキャラクターについて調査を実施しましたので、その結果をお知らせいたします。※調査結果の詳細はLINEリサーチの調査メディア「リサーチノート」でご覧いただけます:https://research-platform.line.me/archives/37189947.html

■全体では犬派が過半数、ただし10代では猫派が多い

「ずばりどちら派ですか?」と質問したところ、全体では犬派(「だんぜん犬派」と「どちらかといえば犬派」の合計)が52%と半数を超えました。ただし猫派(「だんぜん猫派」と「どちらかといえば猫派」の合計)も32%と、3割を超えています。

年代別にみると、若い年代のほうが他の年代に比べ猫派の割合が多い傾向がみられます。なかでも10代は猫派が犬派をやや上回り、特に10代男性は猫派が多い傾向にありました。20代以降では、犬派のほうが猫派を上回っています。30代以降では犬派が過半数を超える傾向となりました。

■好きな猫のキャラクターTOPは魔女の宅急便の「ジジ」

続いて、2月22日の猫の日にちなんで、好きな猫のキャラクターについて聞きました。

好きな猫のキャラクター総合1位は「ジジ(魔女の宅急便)」。4割超えでダントツの人気でした。女性ではすべての年代で1位となっており、特に女性人気が高いようですが、男性もすべての年代でTOP5にランクインし、30代男性では1位でした。

総合2位は「ドラえもん」で、男性はすべての年代で5位以内にランクイン。総合3位は2位と僅差で「ネコバス(となりのトトロ)」。女性はすべての年代でランクインしており、30~40代女性で特に人気が高いようです。

総合4位は「タマ(サザエさん)」。「タマ」は年代が上がるにつれ人気で、30代以上では男女ともに5位以内にランクイン。

総合5位は「トム(トムとジェリー)」。テレビアニメが放送されたり、ファッションアイテムとコラボしたりしているためか、若い年代に人気のようです。

総合6位は「ハローキティ(サンリオ)」。女性の20代以上で上位にランクインしています。総合7位はジブリ映画のキャラクター「バロン(猫の恩返し)」、総合8位は「ニャンコ先生(夏目友人帳)」、総合9位は「アイルー(モンスターハンター)」と続きます。

総合10位の「ジェラトーニ(東京ディズニーリゾート)」は、10~20代女性で人気が高い様子。10代女性では「チェシャ猫(不思議の国のアリス)」も5位となり、ディズニーキャラクターが2つランクインしました。

年代別にみると、男女ともに子どものころのアニメやゲームの影響がところどころ見受けられます。ゲームキャラクターの「アイルー」は特に10~20代男性に人気がありTOPとなっています。「ニャース(ポケットモンスター)」は、10~20代男性で5位にランクインしました。ランキング外ではありますが、「ニャース」は10~20代女性でも割合が高めで、若い年代で人気があるようです。「カリン様(ドラゴンボール)」は、当時放送を見ていたドラゴンボール世代といえる30~40代で5位以内にランクイン。さらに「ルナ(美少女戦士セーラームーン)」は30代女性で5位にランクインしました。

LINEリサーチでは、今後も国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤に、様々な調査を定期的に実施してまいります。

【調査について】
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~59歳の男女
実施時期:2021年1月25日~27日
有効回収数:5252サンプル
※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック
※表/グラフ中の数字は小数点以下第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならないことがあります。

【「LINEリサーチ」について】
「LINEリサーチ」は、企業における事業開発・マーケティング活動の最大化を目的にした、スマートフォン時代のリサーチプラットフォームです。約538万人のアクティブモニターのうち10〜29歳が51%を占め*、学生や若年向けの出現率の低い調査も実施可能です。また、従来型の調査パネルと異なり、リサーチ興味度の薄い層にもコンタクトが可能なため、より一般的な意見を収集できます。LINEのプッシュ通知で配信するため、ユーザーがリアルタイムで回答しやすいだけでなく、スマートフォン上で回答しやすい画面設計を行っていることで、効果的に調査を実施することが可能です。
* 2021年1月時点

「LINEリサーチ」公式サイト:https://www.linebiz.com/jp/service/line-research/