曲面へのフルカラー印刷をシルクスクリーン印刷で実用化に成功。4つの版で4色を完全に同じ場所に印刷する高い技術で実現

アニメグッズ、アーティスト販促品などの商品開発の際に、アイデアを広げられる技術です。今までに無かった中ロット(100~3,000個)向き。クラウドファンディングのCAMPFIREで、シルクスクリーン印刷の技術を残すためのプロジェクトを実施中です。

曲面への印刷を手がける有限会社小堀加工所(本社:東京都葛飾区、取締役:小堀泰克)は、4色分解の網点印刷の掛け合わせによるフルカラー印刷を、曲面へのシルクスクリーン印刷で実現しました。アニメグッズ、アーティスト販促品などの商品開発の際に、デザインアイデアを広げられる技術です。

 

▼有限会社小堀加工所|公式サイト:https://kobori-kakoujo.com

 

 

■4色を寸分も違わないように同じ位置に印刷

 

シルクスクリーン印刷は1色につき1版を用意し、1色ずつ印刷していきます。3色であれば3版用意し、同じ容器に3回印刷をして絵柄を完成させます。3回とも印刷がずれないように、全く同じ位置に印刷するには高い技術力と経験が必要です。

 

そのため、シルクスクリーン印刷では写真のようなフルカラー印刷は事実上、不可能とされてきました(Tシャツなどの平面印刷を除く)。小堀加工所ではフルカラーの絵柄を4色分解(シアン・マゼンダ・イエロー・ブラック)し、4版を用意。その4回を寸分も違わないように同じ位置に印刷し、写真のような印刷を実現しました。

 

フルカラー印刷の手段としては、インクジェット印刷と転写フィルム印刷が主流です。インクジェット印刷は印刷単価が高いのですが、版などの準備費がないため1個からの印刷向きです。転写フィルム印刷の単価は安いのですが、フィルムなどの準備費が高いため、1万個以上の大ロットに向いています。

 

シルクスクリーン印刷によるフルカラー印刷は、今までに無かった中ロット(100~3,000個)向きです。他の印刷方法と比べると絵柄が多少粗く感じるかもしれませんが、印刷の落ちにくさ、印刷の持ちは他の方法より優れています。

 

小堀加工所では長年の経験と独自の技術を築き上げ、以下のような印刷を可能にしました。

 

・難しい曲面部への印刷

・上下で径の異なる扇形容器への少ロット印刷

・360度つなぎ目の無い印刷

・フルカラー印刷をはじめとする多色印刷

・網点写真印刷

・QRコードの印刷

・完成している家電への印刷

 

通常では難しい印刷を実現してきたシルクスクリーン印刷には、まだまだ大きな可能性があると考えています。

 

 

■高い印刷技術を残すためのクラウドファンディングを開催、目標15万円

 

小堀加工所はもともと曲面部や、難しい材質への多色印刷を得意分野として営業してきました。顧客からフルカラー印刷をお願いされるたびに「1色につき1版必要なので無理です」と断っていたものの、長年培ってきた技術と経験を武器に、従業員の意見も聞きながら挑戦することにしました。

 

それぞれの色を全く同じ位置に印刷する技術の開発が大変なのは分かっていたのですが、どのような曲面にどの範囲で印刷出来るかも未知でした。さまざまなサイズのデザインや版を作り、いろいろな方法で印刷するという、まさに試行錯誤の連続でした。絵柄がズレる原因はどこにあるのか、問題点を見つけながら改善を重ねました。

 

また、実際印刷をしてみると、色の再現も非常に困難でした。根気強く調色を繰り返し、最も再現性が高い4色を独自開発して、ようやく顧客に提供出来るレベルのフルカラー印刷が完成しました。

 

昨年はじめからの新型コロナウイルス禍の影響は小堀加工所にも押し寄せてきており、経営は決して楽ではありません。1月7日(木)には首都圏の1都3県に緊急事態宣言が出され、中小企業にとっては先の見えない日々が続きます。そこで現在、クラウドファンディングのCAMPFIREで、シルクスクリーン印刷技術を残すためのプロジェクトを実施しています。

 

▼シルクスクリーン印刷 自慢の技術を残したい|CAMPFIRE:https://camp-fire.jp/projects/view/338246?list=search_result_projects_popular

 

 

目標金額は15万円、All-In方式で目標金額に関わらず2月10日(水)23時59分59秒までに集まった金額がファンディングされます。支援は1,000円から可能で、支援額によってリターンを用意しました。詳細はクラウドファンディングのページをご覧ください。

 

確かな技術を持っていれば、需要は確実にあるはずです。小堀加工所の高い技術を少しでも多くの人に知っていただき、曲面へのシルクスクリーン印刷で社会に貢献していこうと考えています。

 

 

【有限会社小堀加工所について】

本社:〒124-0004 東京都葛飾区東堀切3-12-1

代表者:取締役 小堀泰克

設立:1991年3月

電話番号:03-3603-2664

URL:https://kobori-kakoujo.com

事業内容:シルクスクリーン印刷事業