西加奈子のベストセラー小説「漁港の肉子ちゃん」が明石家さんま企画、プロデュースで劇場アニメ化決定!

直木賞作家の西加奈子のベストセラー小説「漁港の肉子ちゃん」が、お笑い芸人・明石家さんまさんが企画、プロデュースを行い劇場版アニメされることが決定。
2021年初夏に公開されることが決定しティザービジュアルが公開された。

同作は、漁港の船に住む母娘、肉子ちゃんとキクコの軌跡と成長を描く物語。
さんまは「『漁港の肉子ちゃん』はすごくよい感動的な作品なので、映像として残したいと思い、(映像化の)オファーをしたところ西さんがすぐオッケーしてくださって。最初にお話ししてから5年くらい待っていただいてようやく実現しました。ご期待ください」とコメントした。

原作者の西は「さんまさんは、自分が小さな頃から知ってる、いわばお札の中の人みたいな存在だったので、 信じられない思いでした」とコメント。

メインスタッフは「海獣の子供」などの渡辺歩さんが監督を務め、「鉄コン筋クリート」「海獣の子供」などのSTUDIO4℃が製作する

(C)2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会