株式会社Fennelがアジア初Apex Legendsの長期トーナメント開催。「アジア各国」から強豪eスポーツチームが集い、世界的にも注目を集める大会となった。

株式会社Fennelが主催する【FFL APEX LEGENDS Tournaments】(FFL APEX)が11月3日に開幕し、1ヶ月を通して熱い戦いが繰り広げられました。

また、今月も同大会のSeason2が開催されました。

出場チームには韓国強豪のT1や、世界一のプレイヤーとも称されるGenburten選手率いるタイの強豪MiTHなど、世界的に知名度のあるチームが名を連ねました。

FENNEL公式YouTubeアカウントで配信された本大会は初日から最大同時接続者数が1万8千人を超し、累計視聴回数も約50万回を記録するなど、国内外のeスポーツファンが注目する大会となりました。

  • 大会概要

『最強たちの中の、最強を決める戦い』と題されたFFL APEX。その名の通り、国内外で活躍する強豪20チームが招かれ、毎週火曜日の4日間、計12戦の総合ポイントで総合優勝と賞金総額30万円が争われました。

実況には、元朝日放送アナウンサーで現在声優としても活躍している株式会社ODYSSEY代表平岩康佑、解説にはYouTubeチャンネル登録者数が30万人を超え、さらに、APEX season6の配信視聴時間世界2位を記録したVTuber渋谷ハルが招かれ、豪華実況解説での配信となりました。

  • FFL APEX season1結果

 

1位と2位の差が僅か1ポイントと最終戦まで優勝争いがもつれたFFL APEX season1を制したのは韓国強豪チームOP.GG(現FENNEL Korea)でした。日本勢トップのFENNEL Gamingは3位という結果となりました。
また、今月開催されたseason2ではタイのMiTHが総合優勝を果たしました。

アジア初の長期大会という形で開催されたFFL APEXは12月にも開催され、来年の1月にも開催が予定されています。
2020年7月には国内でのApex関連動画の総視聴時間が約1813万時間を記録するなど、世界で類を見ない人気を誇るApex Legends。
人気ゲームタイトルのeスポーツ化が押し進むことによってeスポーツという概念が浸透していき、eスポーツ界がさらに発展していくでしょう。

  • Apex Legendsとは

大手コンピュータゲーム販売企業『Electronic Arts(EA)』が運営するバトルロワイヤルゲーム。
発売から1週間で総プレイヤー数が2500万人を超すなど、数々の驚異的な数字を叩き出してきました。
賞金総額が3億円を超える、EAが主催する公式大会『Apex Legends Global Series』を筆頭に、GLLやCRカップといったコミュニティ大会も定期的に開催されています。

  • 株式会社Fennelについて

eスポーツのチーム運営や大会運営、ストリーマー育成など幅広い活動を展開しています。
FennelはメンバーのTwitter総フォロワー数が130万人を超すなど、現在国内で最も急成長していると言われているeスポーツ会社の1つです。
またFennelはFFL APEX開催に先駆け、APEX部門チームFENNEL Gamingを設立しました。

会社名:株式会社Fennel

設立日:2019年8月

所在地:東京都渋谷区南平台町16-28Daiwa渋谷スクエアビル6階

公式Twitter:https://twitter.com/Fennel_Official?s=20

公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCrQOCBkjJ3_ozfjFDf_AgQw