東映太秦映画村のイベント「鬼滅の刃 京ノ御仕事 弐」で 「混雑・空き情報」をスマホで確認できるサービスを 12月26日より提供開始

様々な施設の「混雑・空き情報」が確認できるポータルサイト「ネコの目.com」を運営するリプライス株式会社(所在地:神奈川県横浜市港北区新横浜、代表取締役:永井 佑)は、新型コロナウイルスの感染拡大で、「新しい生活様式」の実践による「密」の回避が呼び掛けられるなか、2020年12月26日から東映太秦映画村で開催される「鬼滅の刃 京ノ御仕事 弐」で密集を回避するため、順番(待ち)状況がネットで分かるサービスの提供を開始します。

イベント公式HP

<サービス内容>

社会現象を引き起こしている、TVアニメ『鬼滅の刃』と東映太秦映画村・京都鉄道博物館・嵐電によるコラボイベント「鬼滅の刃 京ノ御仕事 弐」(以下、当イベント)が2020年12月26日から2021年3月14日まで開催されます。

東映太秦映画村では当イベントに多くの来場者数が見込まれると想定し、「密」を回避することを目的に、リプライス株式会社が提供する、「混雑・空き情報」配信システム(ネコの目システム)を使い、Webサイト上で特設会場、展示会場の「混雑・空き情報」をリアルタイムに配信します。

来場者は係員からQRコード付きの番号整理券を受け取り、スマートフォンなどでQRコードを読み込むことで、リプライス株式会社が運営する「混雑・空き情報」ポータルサイト「ネコの目.com」内の、鬼滅の刃 京ノ御仕事 弐( https://www.neconome.com/132276https://www.neconome.com/132277 )で現在の呼出番号を確認しながら、自身の順番を確認できます。

呼び出し番号をスマートフォン等で確認することで、長時間列に並ぶことなく、「密」状態を回避することができるようになります。

専用アプリのインストールや登録などの必要がなく、インターネットに接続しているタブレット、スマホ・携帯電話であれば、誰でも無料で利用できます。

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です