<BL読者約1,800名が選ぶランキングを発表> 一番好きな映像化BL作品『抱かれたい男1位に脅されています。』、映像化してほしいBL作品『ただいま、おかえり』がそれぞれ1位を獲得!

大日本印刷株式会社(DNP)が株式会社丸善ジュンク堂書店、株式会社文教堂及び株式会社トゥ・ディファクトと共同で運営するハイブリッド型総合書店「honto(https://honto.jp/)」は、「BL(ボーイズラブ)ジャンル」商品を購入したhonto会員約1,800名を対象に行った『一番好きなBL映像化作品』、『映像化してほしいBL作品』のランキングを発表します。

<ランキング概要(1位獲得作品)>

区分一番好きな映像化BL作品映像化してほしいBL作品
タイトル抱かれたい男1位に脅されています。ただいま、おかえり
概要「一生、俺から離れられない体にしてあげますね」5年連続「抱かれたい男1位」の西條高人がついに首位陥落。その座を奪ったのは芸歴3年のド新人俳優、東谷だった…!持ち前のキラキラ笑顔で”天使”と呼ばれる東谷を、敵視する高人だったが「弱み」を握られ立場が逆転して――?家族みんなでたくさん、たくさん笑顔を重ねよう――藤吉真生は自分に自信が持てない専業主夫。エリートサラリーマンのイケメン夫・弘ともうすぐ2歳のキュートすぎる息子に支えられ、何気なくも大切な日常の中で、少しずつ自分を受け入れていく。スパダリ×劣等感を持った美人受のハートフル・ホームドラマBL。
著者/出版社著者:桜日梯子/
出版社:リブレ
著者:いちかわ壱/
出版社:ふゅーじょんぷろだくと
発売年月2014年2月10日2016年6月24日

 

■honto広報担当コメント
『一番好きなBL映像化作品』は “原作の魅力を壊さない” “映像化ならではの魅力がある” 作品が上位を占める結果に。『映像化してほしいBL作品』は、“オメガバース” × “家族” がテーマの作品が第1位に。

【ランキングページURL:https://honto.jp/swamp/cp/recent/visualization-ranking

2020年は、“BL(ボーイズラブ)”コミックや小説を原作にしたTVアニメや映画などが数多く放映され、BL映像化作品豊作の年となりました。特に2020年は、TVアニメ化だけでなく、アニメ映画や実写映画化で話題となった作品もあり、BL作品が新たなステージで広がりを見せた年と言えます。
そこでhontoでは、BL読者による『一番好きなBL映像化作品』、『映像化してほしいBL作品』人気ランキングを発表します!ランキングと投票者のコメントから、人気作品の魅力を見ていきましょう。

■『一番好きなBL映像化作品ランキング』の概要
 第1位は、『抱かれたい男1位に脅されています。』が獲得しました。2018年にTVアニメ化された本作は、芸能人同士のBLを描いた作品です。「一番、笑いもドキドキも切なさも全部てんこ盛りと思ったため。」や、「原作の面白さがそのままアニメになっていたので。」という声から、原作のテンポや魅力をそのままにTVアニメ化されたことが、多くの原作ファンの心を掴んだようです。さらに、「BLを好きになったきっかけがこのアニメだったので」といった声も多く、本作がBL作品に触れるきっかけとなった方が多いこともうかがえました。

第2位には、2019年にTVアニメ化、2020年にはアニメ映画化された『ギヴン』。ロックバンドをテーマにした本作は、「原作の表現を残しつつあれだけの曲が作られたのは、本当に凄いと思う。曲が流れたとき、鳥肌がとまらなかった。」という声が表すように、映像化にあたり難しいであろう音楽表現の良さに魅了された方が多かったのが特徴的です。魅力的な原作に加えて、映像化作品としてのクオリティの高さも感じられ、TVアニメ化に続き映画化されたのも納得です。

第3位には、『同級生』がランクイン。美しい絵に繊細な物語、そして独特の雰囲気から多くのファンを有する作品で、2016年にアニメ映画化されています。「何より原作が好き。そして映画では、その原作の世界観を壊すことなく新たな魅力をプラスしたから。」と、原作の世界観を尊重しながら、映像化ならではの魅力で原作ファンを唸らせています。

1位から3位を総合すると、「原作の魅力を壊さない(絵・声優・ストーリーなど)」「映像化ならではの魅力がある」という点が、人気のポイントと言えそうです。

■『映像化してほしいBL作品ランキング』の概要
1位を獲得したのは『ただいま、おかえり』です。本作はオメガバース作品で、番(つがい)になった主人公たちの“家族”としての日々が描かれた、心温まるストーリーで人気を集めています。映像化の際には大きく注目を集めるかもしれません。

BL作品は、繊細な表現や感情の機微が描かれており、原作ファンの想いもひとしおなので、映像化が難しいジャンルだと思います。しかしその中でも、映像作品としても原作ファンの心を掴み、また、映像化をきっかけにBLの魅力を知った方もいるようです。

BL映像化が盛んだった2020年ですが、来年以降も愛に溢れた素晴らしい作品が生み出され、そして多くのBL読者に愛されていくことを願いたいと思います。
(honto広報担当:伊藤)

■hontoでは、BL専門フロア「すわんぷ」を展開しています■
BLジャンル読者の高い関心・購買意欲を満たす、欲しい情報と充実したアイテムが満載の“BLの沼”のような専門フロアです。BLジャンルのヘビー読者の方にはもちろん、これまでBLにあまり触れてこなかった層にもお楽しみいただけるサービスを推進してまいります。
≪honto BL専門フロア「すわんぷ」公式サイト:https://honto.jp/swamp.html

 

ーーーーー『一番好きなBL映像化作品』、『映像化してほしいBL作品』ランキング​ーーーーー
各ランキングのTOP10を、投票者コメントとともに公開しています。
URL:https://honto.jp/swamp/cp/recent/visualization-ranking

  • 『一番好きなBL映像化作品ランキング』TOP5

【第1位】『抱かれたい男1位に脅されています。』 著者:桜日梯子 出版社:リブレ

「一生、俺から離れられない体にしてあげますね」5年連続「抱かれたい男1位」の西條高人がついに首位陥落。その座を奪ったのは芸歴3年のド新人俳優、東谷だった…!持ち前のキラキラ笑顔で"天使"と呼ばれる東谷を、敵視する高人だったが「弱み」を握られ立場が逆転して――?

【投票者のコメント】
●一番、笑いもドキドキも切なさも全部てんこ盛りと思ったため。
●恋をするのに性別は関係ないと素直に思えたくらい、ストーリーが心にしみた。
●原作のファンで、CVもドラマCDと同じ声優陣で期待通りだったから。
●原作の面白さがそのままアニメになっていたので。
●BLを好きになったきっかけがこのアニメだったので。絵がきれいで、ストーリーも面白いし、登場人物が魅力的で好きです。

【第2位】『ギヴン』 著者:キヅナツキ 出版社:新書館

好きだったはずのギターも、おもしろかったはずのバスケも、くすんで見え始めたある日。上ノ山は、壊れたギターを抱えた真冬と出会う。ギターを修理してやったら、途端に懐かれるが、偶然聴いた真冬の歌が、上ノ山に刺さり2人の距離は変わり始める。

【投票者のコメント】
●音楽が良い。原作の表現を残しつつあれだけの曲が作られたのは本当に凄いと思う。曲が流れたとき、鳥肌がとまらなかった。
●元々原作漫画が好きでしたが、アニメ化した際の曲が凄く良くてもっと好きになり劇場にも見に行きました!
●音楽・青春・恋愛・進路や将来・人生の悩みなど多岐にわたる題材が含まれており、琴線に触れる部分が多いからです。

【第3位】『同級生』 著者:中村明日美子 出版社:茜新社

合唱祭前の音楽の授業中、メガネの優等生・佐条利人が歌っていないことに気付いた同級生の草壁光。佐条は歌なんかくだらないからと思っていたが、ある日の放課後、誰もいない教室でひたむきに歌の練習をする佐条の後ろ姿をみて思わず声をかける…。

【投票者のコメント】
●何より原作が好き。そして、映画はその原作の世界観を壊すことなく新たな魅力をプラスしたから。
●明日美子先生の世界観、雰囲気、空気をそのままに、映像としてあれだけ再現できていた作品はないとおもいました。演者さんたちの演技も素晴らしく、息づかいなど、想像上でしか感じることができなかった部分も形になったことで、より作品への感動を覚えました。

 

【第4位】『囀る鳥は羽ばたかない』 著者:ヨネダコウ 出版社:大洋図書

ドMで変態、淫乱の矢代は、真誠会若頭であり、真誠興業の社長だ。金儲けが上手で、本音を決して見せない矢代のもとに、百目鬼力が付き人兼用心棒としてやってくる。部下には手を出さないと決めていた矢代だが、どうしてか百目鬼には惹かれるものがあった。傷を抱えて生きるふたりの物語が始まる──!

【投票者のコメント】
●作品の世界観を忠実に再現していてその世界に没頭できました。
●心理描写が素晴らしくBLという枠にとらわれない繊細な人間ドラマを描いている作品だから。
●音楽も映像も脚本も全て原作の世界観がそのままで感動したから。

【第5位】『世界一初恋 小野寺律の場合』 著者:中村春菊 出版社:角川書店

丸川書店に転職した途端、未経験の少女漫画編集部に配属される小野寺律。おまけに傲慢不遜なやり手編集長との因縁が発覚し…!?横暴編集長vs新米編集者のハイパー☆ラブバトル!

【投票者のコメント】
●映像化されたBL作品を見るのが苦手で抵抗があるのですが、世界一初恋(アニメ)は完璧に作り込まれてて初めて映像化して良かったと思えた作品だからです。
●BLを好きになったきっかけの作品です。アニメキャストも豪華で、原作に忠実に制作されていて、とても好きです。今でもアニメを見返したり、劇場版も見に行くなど、思入れの強い作品です。

◆『一番好きなBL映像化作品ランキング』6位以降は、下記URLよりご覧いただけます。
https://honto.jp/swamp/cp/recent/visualization-ranking#ranking01

  • 『映像化してほしいBL作品ランキング』TOP5

【第1位】『ただいま、おかえり』 著者:いちかわ壱 出版社:ふゅーじょんぷろだくと
家族みんなでたくさん、たくさん笑顔を重ねよう――藤吉真生は自分に自信が持てない専業主夫。エリートサラリーマンのイケメン夫・弘ともうすぐ2歳のキュートすぎる息子に支えられ、何気なくも大切な日常の中で、少しずつ自分を受け入れていく。スパダリ×劣等感を持った美人受のハートフル・ホームドラマBL。

【第2位】『ブルースカイコンプレックス』 著者:市川けい 出版社:東京漫画社
古びた本のにおいに混ざる清潔で清廉なシャンプーの香り。かるく目眩がした、放課後――。「静かに本を読める場所が欲しい」と願っていた楢崎は、ひょんなことから学内で有名な素行不良の生徒・寺島のお目付け役に抜擢され、二人きりで放課後の図書室の受付をすることになる。

【第3位】『憂鬱な朝』 著者:日高ショーコ 出版社:徳間書店
父の死後、十歳にして子爵家当主の座を継いだ久世暁人(くぜあきひと)。教育係を務めるのは、怜悧な美貌の家令・桂木智之(かつらぎともゆき)だ。けれど、社交界でも一目置かれる有能な桂木は、暁人になぜか冷たい。もしや僕は、憎まれているのか──!? 桂木に惹かれる暁人は、拒絶の理由が知りたくて…!? 若き子爵と家令の恋を紡ぐ、クラシカルロマン。

【第4位】『恋するインテリジェンス』 著者:丹下道 出版社:幻冬舎コミックス
N国外務省にある国際情報統括官組織は、諜報活動を主に行う特殊情報収集組織である。その諜報活動の中には「色仕掛け任務」もあり、入省した男性分析官は「男役」と「女役」に分類され、二人一組の「バディ」となり、なんと極秘に夜な夜な特訓をしているのである!!

【第5位】『ララの結婚』 著者:ためこう 出版社:リブレ
今日からお前はオレの嫁だよ。約束されていた富豪との婚儀の直前、双子の妹・ララは好いた男と村を離れた。ラムダンはララを無事に逃がすため、ララのふりをして花嫁に成り代わる。適当なところで富豪の家から抜け出すつもりだったラムダンだが、婚儀の日、仮の夫となったウルジに翻弄されてしまい――?

◆『映像化してほしいBL作品』6位以降は、下記URLよりご覧いただけます。
https://honto.jp/swamp/cp/recent/visualization-ranking#ranking02

■アンケート調査概要
調査タイトル:BL(ボーイズラブ)に関するアンケート調査
調査期間:2020年10月15日~10月18日
調査方法:honto会員向けメールアンケート
調査対象:ハイブリッド型総合書店「honto」<ネット書店(本の通販ストア、電子書籍ストア)と、丸善、ジュンク堂書店、文教堂などのリアル書店>にて、2020年1月~9月に「BLジャンル」商品を合計3,000円以上(税抜)購入したhonto会員1,746名
※本リリースの調査結果・グラフをご利用いただく際は必ず「ハイブリッド型総合書店honto調べ」と記載ください。

■honto BL専門フロア「すわんぷ」
hontoでは、BL専門フロア「すわんぷ」を展開しています。
BLジャンル読者の高い関心・購買意欲を満たす、欲しい情報と充実したアイテムが満載の“BLの沼”のような専門フロアです。BLジャンルのヘビー読者の方にはもちろん、これまでBLにあまり触れてこなかった層にもお楽しみいただけるサービスを推進してまいります。
≪honto BL専門フロア「すわんぷ」公式サイト:https://honto.jp/swamp.html

■ハイブリッド型総合書店「honto」について
「honto」は、ネット書店(本の通販ストア、電子書籍ストア)と、丸善、ジュンク堂書店、文教堂などのリアル書店を連携させた総合書店として2012年5月にサービスを開始しました。「読みたい本を、読みたい時に、読みたい形で」提供するサービスで本を愛する人をサポートし、2020年10月には会員数600万人を突破しました。2020年12月現在、hontoサイトと共通で利用できるhontoポイントサービスは約180店舗で展開しています。
≪ハイブリッド型総合書店「honto」公式サイト:https://honto.jp/