斉藤壮馬がはじめて出会った『しゃばけ』の魅力を書いた、特別エッセイを掲載!

12月22日(火)発売の小説新潮1月号「小特集 祝「しゃばけ」20周年」内に、声優の斉藤壮馬さんが、「しゃばけ」シリーズ第一弾『しゃばけ』を読んで、その魅力について書いたエッセイ「かはたれの」が掲載されます。

 声優、アーティストとして多くの人気を獲得している斉藤壮馬氏。幼いころから空想好きで、自分で考えた妖怪をノートに書いていたという斉藤氏が、2021年に20周年を迎える畠中恵著「しゃばけ」シリーズ第一弾『しゃばけ』を読み、その魅力についてエッセイを寄せています。

「しゃばけ」シリーズは累計890万部。名前は知っていたが読むのは初めて、という斉藤氏でしたが、「しゃばけ」ワールドを堪能。幼いころのある記憶から作品の面白さ、そして、もし声優として演じるならと妄想キャスティングも飛び出します。大の読書家としても知られる斉藤氏らしい、チャーミングで魅力溢れる文章をご堪能ください。

【著者紹介】斉藤 壮馬(さいとう・そうま)
声優。山梨県生まれ。アニメ、吹替、ゲーム、ナレーションなど多岐にわたって活動。代表的な役柄に、アニメ「ハイキュー!!」山口忠、アニメ「ピアノの森」一ノ瀬海、アニメ「アイドリッシュセブン」九条天、などがある。著書に『健康で文化的な最低限度の生活』(KADOKAWA)がある。

【タイトル】小説新潮2021年1月号
【発売日】12月22日(火)
【体裁】586ページ、A5判
【本体価格】1000円(税別)
【URL】https://www.shinchosha.co.jp/shoushin/