カートゥーン ネットワーク 「ぼくらベアべアーズ ザ・ムービー」12/12(土)日本初放送記念!日本語吹替え:川原慶久・谷山紀章・保村真・津田健次郎からコメント!100名様プレゼント企画も!

アニメ専門チャンネル「カートゥーン ネットワーク」を運営するターナージャパン株式会社(本社:東京都千代田区、最高責任者/ジェネラルマネージャー:トム・ペリー)は、 2020年12月12日(土)午前10時から『ぼくらベアべアーズ ザ・ムービー』(原題:We Bare Bears The Movie)を日本初放送。日本初放送を記念して、4キャラクターのオリジナルボイス 目覚まし時計が抽選で100名様に当たるプレゼントキャンペーンを12月1日(火)から開始します。

『ぼくらベアべアーズ ザ・ムービー』は、3人の仲良しベアーたちの日常を描いた癒し系のコメディアニメシリーズ『ぼくらベアベアーズ』が映画になったカートゥーン ネットワーク オリジナルの長編作品。3人のベアーの日本語吹替えはシリーズでお馴染みの、グリズ役を川原慶久、パンダ役を谷山紀章、アイスベア役を保村真が担当。『ぼくらベアべアーズ ザ・ムービー』でゲストキャラとして登場するトラウト役を津田健次郎が務めます。

(c) 2020. The Cartoon Network. A WarnerMedia Company. All Rights Reserved.(c) 2020. The Cartoon Network. A WarnerMedia Company. All Rights Reserved.

『ぼくらベアべアーズ ザ・ムービー』の日本初放送を記念して、グリズ、パンダ、アイスベア、トラウトの4キャラクターのオリジナルボイス 目覚まし時計が抽選で100名様に当たるプレゼントキャンペーンを12月1日(火)から開始。詳しい応募方法はカートゥーン ネットワーク公式サイト内専用ページで案内しています。
https://www.cartoonnetwork.jp/

日本語吹替えを担当する4名の声優から『ぼくらベアべアーズ ザ・ムービー』の作品についてコメントが届きました。

■川原慶久(グリズ役)
-「ぼくらベアベアーズ」が映画になると聞いた時の感想は?
ははははっ、エイプリルフールはとっくに過ぎてるって!
なんの冗談、、エッ、、ほんとにザ・ムービーやるの?って思いました。

■谷山紀章(パンダ役)
-「ぼくらベアベアーズ」が映画になると聞いた時の感想は?
大きくなったなと作品が、そのように感じましてですね、
心に染み入りまして、感慨一入でございます!

■保村真(アイスベア役)
-「ぼくらベアベアーズ」が映画になると聞いた時の感想は?
短い中で凝縮されてきたので、
この作品で長く出来るのかな?と心配になりました。

■津田健次郎(トラウト役)
-「ぼくらベアベアーズ」を初めて観た時の感想は?
かわいいなぁ〜っていうのがねぇ、いちばん最初に感じた印象でした。

この他のコメントはカートゥーン ネットワーク公式YouTubeで公開しています。
https://youtu.be/kqES_4pyitk
https://youtu.be/EauFcnR1PpQ

■プレゼント キャンペーン情報
・カートゥーンネットワーク 公式サイト内専用ページ(トップページのバナーをクリック)
https://www.cartoonnetwork.jp/
・受付期間:2020年12月1日(火)~2020年12月31日(木)24時まで
・応募条件:
スカパー! にて「カートゥーン ネットワーク」の単チャンネルを12月から新規ご契約、または
すでにご契約頂いている方で、12月31日(木)午後11時59分まで継続ご契約頂ける方。
(スカパー! /プレミアムサービスいずれの契約者も対象となります。)
・当選発表:プレゼント当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※詳しくは、カートゥーンネットワーク 公式サイト内専用ページに記載

■放送情報
・特集名:ぼくらベアべアーズ ザ・ムービー
・放送日時:2020年12月12日(土) 10:00-11:30
・再放送:同日 18:00-19:30、
12/26(土) 10:00-11:30、18:00-19:30
・原作:ダニエル・チョン
・日本語吹替:
グリズ:川原慶久
パンダ:谷山紀章
アイスベア:保村真
トラウト:津田健次郎

■ストーリー
みんなの人気者になりたいグリズ、パンダ、アイスの3人は、究極のインターネットセレブを目指してある計画を実行するが、例によってトラブルになり、市民のベアーズに対する怒りが爆発する。そこへ「動物が人間社会で共存するのは脅威である」と主張する野生生物管理局の管理官、トラウトが登場。トラウトに追われることとなったベアーズは、クマに対してフレンドリーな国、カナダへ向かうが…。