現在アニメ放送中!『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』の著者・廣嶋玲子が贈る、新しい魔法の物語『おっちょこ魔女先生 魔女修業は危険がいっぱい!』が本日発売!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、Eテレにてアニメが放送されている「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」の著者・廣嶋玲子が贈る、新しい魔法の物語『おっちょこ魔女先生 魔女修業は危険がいっぱい!』を2020年11月26日(木)に発売しました。

  • 著者・廣嶋玲子氏コメント 

何か新しい魔法の物語、おもしろい魔女の話を書いてみたい。
それが「おっちょこ魔女先生」を書く原動力となりました。
保健室の先生が魔女だったら、そしてとてもおっちょこちょいだったら、
普通の毎日なんてありっこない。
不思議なアイテムや思いがけないドタバタを物語につめこんでいくのは、
色とりどりのキャンディをトランクにつめていくような楽しさがありました。
それを読者のみなさんにもぜひ味わっていただきたいものです。

  • 廣嶋玲子の言葉遊び……魔物」のおもしろさは今回も健在!

人の舌に憑いて、熱い食べ物を食べられなくする「猫舌」や、取り憑かれたお店から客足が遠のいてしまう「閑古鳥」など、著者・廣嶋玲子の独特の言葉のセンスが光る「魔物」は今巻にも登場!

  • あらすじ

主人公・いさなは元気がとりえの小学5年生。親友である学校一の秀才・千種(ちぐさ)とともに、あるヒミツを知ってしまいました。それは――、保健室の乙千代子(おつ・ちよこ)先生(おっちょこ先生)が「魔女」だと言うこと。でも、これは人間には絶対に知られてはいけないヒミツだったのです!

いさなと千種は、「不合格なら、魔女についての記憶をぜんぶ消します」と言われて、しぶしぶ魔女試験を受けることに……でも、人間の二人には、むずかしい課題ばかりで!?
ほうきに乗ったり、魔法の薬をつくったり……。いさなたちの冒険がはじまります!

・1章ためし読み実施中!
https://yomeruba.com/campaign/trial/entry-11004.html

  • 著者プロフィール

廣嶋玲子(ひろしま れいこ)/作
作家。『水妖の森』(岩崎書店)で、ジュニア冒険小説大賞受賞。主な作品に『送り人の娘』『こちら、ハンターカンパニー 希少生物問題課!』(ともにKADOKAWA)、「魔女犬ボンボン」シリーズ、『神様ペット×』『世界一周とんでもグルメ』(すべて角川つばさ文庫)、「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ(偕成社)、「十年屋」シリーズ(静山社)、「鬼遊び」シリーズ(小峰書店)などがある。
ひらいたかこ/絵

画家。1981年、絵本『ある朝ジジ・ジャン・ボウはおったまげた!?』(絵本館)でデビュー。書籍を中心に多ジャンルにわたって活躍。児童書の装画も多数手がける。

  • 書誌情報

おっちょこ魔女先生 魔女修業は危険がいっぱい!
作・廣嶋 玲子
絵・ひらい たかこ
発売日:2020年11月26日
定価: 本体920円+税
判型:四六版
ページ数:144 ページ
ISBN:9784041100424
https://www.kadokawa.co.jp/product/322006000396/

・レビュー記事公開中!
https://ddnavi.com/review/700348/a/

  • シリーズ1作目

おっちょこ魔女先生 保健室は魔法がいっぱい!
作・廣嶋 玲子
絵・ひらい たかこ
定価: 本体900円+税
ISBN:9784041089422
https://www.kadokawa.co.jp/product/321908000562/

・レビュー記事公開中!
https://yomeruba.com/review/kanedaichiko/entry-10948.html