オリジナルアニメーション「火の鳥“道後温泉編”」第3話「そして、未来へ」が公開スタート!

日本のマンガ・アニメーションの先駆者・手塚治虫のライフワークといえる「火の鳥」と初めて公衆浴場として、国の重要文化財に指定された「道後温泉本館」のコラボレーションによる「道後REBORNプロジェクト」。同プロジェクトの一環で制作されてきたオリジナルアニメーション「火の鳥”道後温泉編”」がついに完結!舞台は未来へ!

 日本のマンガ・アニメーションの先駆者・手塚治虫のライフワークといえる「火の鳥」と「道後温泉本館」のコラボレーションによる「道後REBORNプロジェクト」。

同プロジェクトの一環として制作されてきたオリジナルアニメーション「火の鳥“道後温泉編”」は、手塚治虫原作の「火の鳥」をもとにスピンアウトした作品。時空を超え、「火の鳥」が道後温泉の歴史や物語に登場し、時代の転換期には火の鳥が道後温泉を導いてきたというストーリーで、これまで2019年5月公開のプロローグ「大国主(オオクニヌシ)と少彦名(スクナヒコナ) 」~第1話「聖徳太子、来浴」、2020年2月公開の第2話「子規と漱石」が公開されている。そしてこの度、完結編となる第3話「そして、未来へ」が2020年11月20日(金)13時から公開となった。

本作は、道後・宝厳寺に生まれ、全国各地を巡る「遊行」、お札を配る「賦算」や「踊り念仏」で知られ、時宗の開祖である「一遍上人」をキーマンに、鎌倉時代から現代、未来へとファンタジックなストーリーが展開する。
「一遍上人」の声を演じるのは、今回新たにキャストに加わった板尾創路。あっと驚く、破天荒なキャラクターの「一遍上人」は一見の価値ありだ。

 第1話、第2話で登場したキャラクター(聖徳太子、正岡子規、夏目漱石ほか)もタイムスリップして登場するなど、アニメーションならではの演出で完結編にふさわしい見どころが満載。手塚プロダクションならではのタッチで描く未来の風景も、アニメファンならずとも興味深いポイントと言えるだろう。そんな未来に思いを馳せつつ、道後温泉本館の保存修理工事中も入浴が楽しめる道後温泉にゆったりとつかってみるのも良いのでは?

さらにシリーズ完結に当たり、板尾創路(一遍上人役)、水樹奈々(火の鳥役)、友近(マドンナ役・ナレーション)、つるの剛士(大国主・伊佐庭如矢役)、三森すずこ(少彦名・坂本又八郎役)のメインボイスキャスト5名から今作の見どころや道後温泉への応援メッセージが寄せられているので是非掲載サイトをチェックしてほしい。

【声の出演】
大国主・伊佐庭如矢:つるの剛士
少彦名・坂本又八郎:三森すずこ
一遍上人:板尾創路
火の鳥:水樹奈々
マドンナ・ナレーション:友近(「いい、加減。まつやま」応援団長)

アニメーション制作:手塚プロダクション
制作:ポニーキャニオン
脚本:増本庄一郎 西村太佑
監督:吉村文宏

©手塚プロダクション/松山市 2020  (第3話本編約6分/全体約8分)
※手塚治虫・手塚プロダクションの塚は旧字が正式です。印刷物では旧字をご使用下さい。

「火の鳥“道後温泉編”」第3話「そして、未来へ」
https://www.youtube.com/watch?v=2t1ECxupyCM

 

 

■メインキャストからのコメントはこちら
https://news.ponycanyon.co.jp/2020/11/43622

■公開中の「火の鳥”道後温泉編”」第1話、第2話
・火の鳥”道後温泉編”プロローグ「大国主と少彦名」~第1話「聖徳太子、来浴」
https://www.youtube.com/watch?v=FgPl9Lro80g
・火の鳥”道後温泉編”第2話「子規と漱石」
https://www.youtube.com/watch?v=ZLUEhxZvWrs

■道後REBORNプロジェクト公式サイト
https://dogoreborn.info