アニメ「2.43 清陰高校男子バレー部」2021年1月より放送!追加キャストに石川界人、天﨑滉平らが決定!

TVアニメ「2.43 清陰高校男子バレー部」の放送が、2021年1月7日よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて決定した。
また、4週連続で公開中のコネクトビジュアル第4弾として、福井の強豪校である「福蜂工業高校」のエース三村 統とマネージャーの越智光臣が描かれたコネクトビジュアル「Charm」を解禁。

さらに、追加キャストには福井の強豪校「福蜂工業高校」のエース三村統を演じる石川界人、マネージャーの越智光臣を演じる天﨑滉平らが決定!

キャストコメント

石川界人コメント


Q1. 本作の印象を教えていただけますでしょうか
バレーボールに対してどう向き合い、人間関係がどのように構成されているのかが丁寧に描かれている作品だと感じました。
高校ごとの個性もあり、コートに立つまでにどのようなドラマがあったのか非常に気になる作品です。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えていただけますでしょうか。
僕が演じる三村は、実力もあり皆から慕われているエースです。
ただ僕が今演じている時点ではまだ彼の真の思いや、抱えているものがわかっていないので、これからの展開が楽しみです。

天﨑滉平コメント


Q1. 本作の印象を教えていただけますでしょうか。
とてもピュアで、真っ直ぐで、青春ってこういうことだよな!となりました。
学生のスポーツって、タイムリミットがあるところに、切なさがあり、ドラマがあるなと個人的には思うのでこういう作品は大好きです。
そしてこの作品、
舞台が福井県ということで、全編ほぼ福井弁の作品です。
僕は大阪出身なので、一生懸命勉強しました!
光臣と統、福蜂の活躍をぜひご覧ください!
応援よろしくお願いします!

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えていただけますでしょうか。
彼はバレーボールとの向き合い方を大きく変える人物です。
僕自身、腰が悪くなり高校の部活を辞めた過去があるのですが、その時マネージャーという選択肢を取れませんでした。
理由は誰かをサポートするために尽くす覚悟と、プレイヤーは出来なくなったけどこの競技に関わっていたい、そこで夢を見つけたいという気持ちがなかったからだと思います。
その選択に後悔はないのですが
光臣の決断は物凄くカッコいいと思います。

作品情報

TVアニメ「2.43 清陰高校男子バレー部」
2021年1月7日よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて毎週木曜日24:55から放送開始!
※放送時間は変更の可能性があります

【STAFF】
原作:『2.43 清陰高校男子バレー部』壁井ユカコ(集英社文庫・集英社刊・「集英社WEB文芸ステーション」連載中)
監督:木村泰大
シリーズ構成:黒田洋介
キャラクター原案:山川あいじ
キャラクターデザイン・総作画監督:高橋裕一
美術監督:松村良樹/秋山健太郎
色彩設計:津守裕子
3Dディレクター:山本祐希江
撮影監督:鯨井亮
編集:廣瀬清志
音響監督:土屋雅紀
音楽:菅野祐悟
アニメーション制作:david production

【CAST】
黒羽祐仁:榎木淳弥
灰島公誓:小野賢章
青木 操:梅原裕一郎
小田伸一郎:伊東健人
棺野秋人:蒼井翔太
大隈優介:木村 昴
三村 統 :石川界人
越智光臣:天﨑滉平

【INTRODUCTION】
東京の強豪中学バレーチームで深刻なトラブルを起こしてしまった灰島公誓は、子供時代を過ごした母方の郷里・福井に転居し、幼なじみの黒羽祐仁と再会。
ずばぬけた身体能力を持ちながらプレッシャーに弱い黒羽と、バレーへの圧倒的な情熱と才能ゆえに周囲との摩擦を引き起こしてばかりの灰島はエースコンビとして成長していくが、中学最後の県大会で衝突し、絶縁状態のまま二人は地元の清陰高校に進学する。
男子バレー部で待っていたのは、身長163cmの熱血主将小田と、秀才で毒舌家の副主将青木の3年生コンビや日光アレルギーで常に長袖長ズボンの棺野、バレー初心者の大隈をはじめとする2年生たち。
山と青空に囲まれた福井を舞台に、弱小男子バレー部が全国を目指す熱い青春ストーリー!

【公式HP】https://243anime.com
【公式Twitter】https://twitter.com/243anime

©壁井ユカコ/集英社・アニメ「2.43」製作委員会