TVアニメ『現実主義勇者の王国再建記』2021年7月より放送開始!メインキャストに小林裕介、水瀬いのり

2021年7月より放送開始となるTVアニメ『現実主義勇者の王国再建記』より、アニメティザーイラスト、スタッフ&キャスト情報が解禁された。

同作は、どぜう丸原作によるライトノベル。
ある日突然、異世界に勇者として召喚された、主人公・相馬一也が持ち前の合理的精神と現代知識から、次々と新しい政策を打ち出し、傾きかけていた王国の財政政治体制を立て直していくファンタジー。
スタッフ&キャスト情報が解禁された。監督は渡部高志、キャラクターデザインは大塚舞、アニメーション制作はJ.C.STAFFが担当。キャストにはソーマ・カズヤ役に小林裕介、リーシア・エルフリーデン役に水瀬いのりが起用されている。

スタッフ・キャストコメント

渡部高志監督
異世界に転生、あるいはリープしたとして、カンストスキルもなくフィジカルも全く普通で魔法もおぼつかず剣も使えない。
この状態でスタートしてストーリーが成立するか?そんな疑問を常々抱いていた天邪鬼な私がついにこの原作に出会ってしまった。疑問はたちまちにして氷解。面白いのです。読み物として実に面白い。
普通の若き常識人で若干人より歴史と政治経済が得意なだけの主人公が現代の常識と知識を駆使し、蒙昧な中世世界で生じる政治経済的問題をベストとは言えないがベターなやりかたで解決していく。
実に現実的でリアルだ。起業や政治を志す熱きハイティーンはきっと主人公ソーマに思い入れるだろう。息をのむ魔法戦も、大軍同士が激突する戦略戦もない。
あるのはただ知恵のみ。当初の報酬はリーシアに代表される個性豊かなヒロインたちに尊敬されることのみ。尊敬がやがて…。この展開面白いのだが映像づくりとしては至難の業なのです。
アニメづくりに際しては姑息な技巧はこらしていません。登場人物たちのやりとりをじっと聞き入ってほしい。原作の面白さを忠実に再現すべく取り組んでいます。作中の事象は粛々と進みますが、粛々と積み上げた細部に神が宿ります。

小林裕介(ソーマ・カズヤ役)
ソーマ・カズヤを演じさせて頂きます!彼は現代知識を駆使して異世界の人々から支持を得ていきますが、決してカリスマ的な力を持っているわけではありません。
足りない知識や能力があれば人に頼るし、自分の立場に荷の重さを感じてしまう時もあります。
しかし彼の優しさ、人の良さについてきてくれる民や仲間のために、そして祖父に言われた言葉を胸に彼は国を率いていきます。そんな「すごい」ではなく「優しい」キャラクターにしていきたいです。

水瀬いのり(リーシア・エルフリーデン役)
剣と魔法の世界で彼が行ったのは冒険…ではなく、王国大改革!という文字にとても興味を惹かれました。現代日本から異世界に召喚されたソーマが自らの知識やアイディアを駆使して様々な問題を解決して行く爽快な物語です。リーシアはそんなソーマを支え、時には背中を預けられる存在となれるよう大切に演じていきたいと思います。よろしくお願い致します。

作品情報

『現実主義勇者の王国再建記』
2021年7月より放送開始予定

ストーリー
たったひとりの身内である祖父を亡くした相馬一也は、ある日、突然、異世界に勇者として召喚されてしまう。召喚された先は、まるで中世ヨーロッパのようなエルフリーデン王国であった。勇者どころか、ごくふつうの青年のソーマだが、持ち前の合理的精神と現代知識から、次々と新しい政策を打ち出し、傾きかけていた王国の財政政治体制を立て直していく。ソーマと共に歩むのは、エルフリーデン王国の王女リーシア、王国一の武を誇るダークエルフのアイーシャ、怜悧な頭脳を持つハクヤ、大食いのポンチョ、歌姫のジュナ、動物と意思疎通できる少女トモエなど、多才で個性的な仲間たち。現代知識で窮地の王国を再生する異世界内政ファンタジー、『現実主義勇者の王国再建記』。いよいよ開幕!

スタッフ
原作:どぜう丸(オーバーラップ文庫刊)
キャラクター原案:冬ゆき
監督:渡部高志
脚本:雑破業、大野木寛
キャラクターデザイン:大塚舞
音楽:立山秋航
音響監督:明田川仁
プロデュース:WOWMAX
アニメーション制作:J.C.STAFF

キャスト
ソーマ・カズヤ:小林裕介
リーシア・エルフリーデン:水瀬いのり

公式サイト:https://genkoku-anime.com/
©どぜう丸・オーバーラップ/現国製作委員会