ニューノーマル時代の非接触型スタンプラリー企画を実現!エヴァンゲリオン×阪神高速コラボイベント「阪神高速2020計画」のARスタンプラリーにARアプリ「COCOAR」が採用

スターティアホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表:本郷秀之、コード:3393)は、連結子会社であるスターティアラボ株式会社(本社:東京都新宿区、代表:北村健⼀)が開発するARアプリ「COCOAR2」において、阪神高速道路株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社⻑:吉田光市)主催の阪神高速6号大和川線全線開通記念「阪神高速×エヴァンゲリオン」コラボイベント「阪神高速2020計画 ARスタンプラリー」企画に活用されることをお知らせいたします。

当ARスタンプラリーは、スタンプや台紙不要の非接触型スタンプラリーを実現しており、阪神高速道路のパーキングエリアなどで2020年10月6日(火)~2021年1月31日(日)まで開催されます。

イベント「阪神高速2020計画」は、『エヴァンゲリオン』の新劇場版シリーズ完結編の上映と阪神高速6号大和川線全線開通がともに2020年に行われることを記念したコラボイベントで、阪神高速道路株式会社としては、アニメ作品を起用した広報はこれまでにない試みです。

「阪神高速2020計画ARスタンプラリー」は阪神高速道路の各パーキングエリアなど 5 カ所に設置されたキャラクターパネルのステッカーにARアプリ「COCOAR2」をかざすと、スマートフォン上にスタンプが貯まる仕組みで、人が触れるスタンプや台紙を使用することなく、スマートフォン等のアプリ上のみでの実施できるため、新型コロナウイルス感染症対策に考慮したスタンプラリーを実現しました。なお、ARスタンプを 2 個集めて応募すると抽選で限定オリジナルグッズ(非売品)が当たります。

ARスタンプラリーと同時に、抽選で限定オリジナルグッズ(非売品)が当たるリツイートキャンペーンやエヴァンゲリオン仕様パーキングエリアの登場、イベント限定グッズの販売も企画されており、スタンプラリーでエリアを回りながら『エヴァンゲリオン』の作品の世界を楽しむことができるようになっています。

■イベント概要
実施期間:
ARスタンプラリー 2020年10月6日(火)~2021年1月31日(日)
エヴァンゲリオン仕様パーキングエリア 2020年10月6日(火)~2021年1月31日(日)
リツイートキャンペーン 第1弾 2020年10月6日(火)~2020年10月26日(月)
(第2弾・第3弾近日公開予定)
主催:阪神高速道路株式会社
イベント公式サイト:https://www.hanshin-exp.co.jp/eva-yamatogawa2020/

■スターティアラボの取り組み
スターティアラボは2009年4月創業、「世界標準のマーケティングエコシステム」をビジョンに、デジタルマーケティング事業を中心に展開しております。始まりはクリエイティブ企業へ提供する電子ブック制作ソフト「ActiBook」で、現在はAR制作ソフト「COCOAR」などのWeb アプリケーション、Webサイト「CMS Blue Monkey」の制作・管理とマーケティングに必要なコンテンツを総合して提供しております。

会社名    :スターティアラボ株式会社
URL     :https://www.startialab.co.jp/
所在地    :〒163-0919東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19F
代表取締役  :北村 健一
主な事業内容 :Webサイトの企画・制作・コンサルティング・運営・保守、
Webアプリケーションの企画・開発・販売・保守