アニメ「どすこいすしずもう」が第33回東京国際映画祭ジャパニーズ・アニメーション部門作品として11月3日(火・祝) TOHOシネマズ六本木にて上映決定! 舞台挨拶には助川勇太監督とケロポンズが登壇!

 すし×すもうが織りなす新感覚ジャパニーズ アニメーション! アニメ「どすこいすしずもう」 が、第33回東京国際映画祭 ジャパニーズ・アニメーション部門作品にて上映されることになり、その上映スケジュールと上映後の舞台挨拶の実施が決定しました。

舞台挨拶には、「どすこいすしずもう」のオープニングおよびエンディング主題歌を務め、「エビカニクス」などでキッズに絶大な人気を誇る音楽ユニット ケロポンズと、本作の監督を務める助川勇太が登壇予定です。劇場観賞チケットの一般販売は10月24日(土)から、東京国際映画祭公式 HPにて受付開始となります。

また、本日よりアニメ「どすこいすしずもう」オフィシャルInstagramおよびPinterestも開設! 引き続き、アニメ「どすこいすしずもう」にぜひご注目ください。

  • アニメ「どすこいすしずもう」上映詳細

【上映日】11月3日(火)
【上映時間】<開場>10:00~ <上映開始>10:20~<上映終了/舞台挨拶>11:20~
【上映劇場】TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン1
【舞台挨拶登壇者】助川勇太監督/ケロポンズ
【チケット販売】10月24日(土) 10:00~
【購入ページ】https://2020.tiff-jp.net/ja/lineup/film/3306ANM11

  • アニメ「どすこいすしずもう」とは

おすしが力士になっちゃった!!
最強のすしネタはダレだ!!

もしも、おすしがすもうをとったら……?
そんな奇天烈な発想からうまれた、絵本作家・アンマサコによる『どすこいすしずもう』。 ユーモア満点のすし力士たちの活躍ぶりは、読み聞かせ現場でもつねに子どもたちに大人気の絵本です。
たまごのさと、おおとろやま、サーモンざくら、くるまえびぞう、いくらま る……などなど、個性的なすし力士たちが、持ち前のネタを生かして、多彩 な技をくりだします。
さあ、本日の取り組みはどちらが勝つのか!?  はっけよーい、のこった!

【原作】 アンマサコ「どすこいすしずもう」講談社

【キャスト】
お茶解説者:大島美幸(森三中)
なすび親方:津田健次郎
たけのこ親方:濱健人
ガリ呼出:沢城千春
わさび行司:佐々健太

【監督】 助川勇太

【アニメーション制作】 白組

【主題歌】 <オープニング> どすこいキッズwithケロポンズ「Sushi Sushi Show!」 <エンディング> ケロポンズ「どすどすどすこい!」

オフィシャルYouTubeチャンネル: https://www.youtube.com/channel/UCdfXACHBNiuVR8f4PRwDrEA/
オフィシャルサイト:https://sushisumo.jp
オフィシャルTwitter:https://twitter.com/sushisumo_jp
オフィシャルFacebook:https://www.facebook.com/sushisumo.jp
オフィシャルInstagram: https://www.instagram.com/sushisumo_jp/
オフィシャルPinterest: https://www.pinterest.jp/sushisumo_jp/
©アンマサコ・講談社/どすこいすしずもう製作委員会