「約束のネバーランド」描きおろし漫画のエピソード発表&展覧会の見どころ紹介!チケットは本日10月5日より発売開始!

六本木ヒルズ展望台 東京シティビューでは、2020年12月11日(金)から、「週刊少年ジャンプ」で好評を博した人気漫画作品『約束のネバーランド』(白井カイウ・出水ぽすか 著、集英社 刊)の展覧会「連載完結記念 約束のネバーランド展」(以下、約ネバ展)を開催いたします。12月には実写映画の公開、また来年にはアニメの第2期を予定し、完結後もまだまだ広がりを見せる〝約ネバ“の初の展覧会にご注目ください!

©白井カイウ・出水ぽすか/集英社©白井カイウ・出水ぽすか/集英社

本展では‟約ネバ“の世界に存分に浸れる空間の中で数々の名シーンを展示するとともに、連載開始前の秘蔵資料なども紹介し、衝撃の第1話から感動の最終回までの軌跡を辿ります。さらに本展のために、白井カイウ氏、出水ぽすか氏によって描きおろされた19ページもの漫画を公開します。作品の世界観に合わせた原画展示と創作の裏側に迫る様々な資料で、‟約ネバ“の魅力にどっぷりとハマることができる展覧会です。

新着情報として、上記描きおろし漫画の内容を発表するとともに、本展の見どころを改めてご紹介いたします。また、本日10月5日より、全日事前予約制のチケットが発売開始となりますので、チケット情報に関しましても合わせてご案内します。

  • <展覧会新着情報>

1. 描きおろし漫画のエピソード内容発表!
「完結後のエマとGF(グレイス=フィールド)の家族たちのお話」に決定!

2. 本展の見どころ紹介
衝撃の展開から始まった壮大なストーリーを、感動の最終回まで網羅した本展。
その一部の内容を、展示される名シーンと共に改めて紹介。展覧会チケットが本日10月5日(月)より発売開始!

3. チケット情報
展覧会チケットが本日10月5日(月)より発売開始!

  • 1.描きおろし漫画のエピソード内容発表!

本展のために特別に描きおろされる漫画のエピソード内容が決定しました!そのテーマは「完結後のエマとGF(グレイス=フィールド)の家族たちのお話」!

19ページものボリュームで描かれる、最終回を迎えたあとのエマと仲間たちの物語は必見です。本リリースではその貴重なネームの一部を特別に公開いたします!
気になる全貌は、約ネバ展に足を運んでいただき、ぜひその目でお確かめください!
また、こちらの描きおろし漫画は、グッズ付チケットの特典冊子にも完全収録されます。(詳細は後述のチケット情報をご確認ください)
※この漫画のエピソード内容については、8月11日から9月14日までtwitterで【「約ネバ展」描きおろしエピソード大予想キャンペーン】を実施しており、855件にわたる応募(回答リツイート)がありました。

  • 2.本展の見どころ紹介
    ――「私達はずっと食べられるために生きてきたの?」

衝撃の展開から始まった壮大なストーリーを、感動の最終回まであますことなく網羅した本展。その内容の一部を、展示される名シーンと共に改めてご紹介します。

◆優しいママ。愛する家族。温かで平和な日常は、すべて仮初のものだった…。真実に気づき、施設からの脱出を目指すエマと子どもたち。自由を求め、生きるために、ママやシスターたちとの命を懸けた駆け引きと、緊迫の心理戦が繰り広げられる。

◆人を食べない異端の鬼たち、ソンジュとムジカ。
13年の間、ひとりシェルターにこもっていた謎のオジサン。GP(ゴールディ・ポンド)で鬼と戦い続けていた‟先輩”、ルーカスたち。脱出後の様々な出会いの中で、エマたちはこの世界の謎――鬼と人間との間に交わされた「約束」の存在を知る。

◆死んだと思っていたノーマンとの再会に喜ぶエマたち。全食用児の解放を目指し、鬼の絶滅を望むノーマンに対し、鬼と人間の新たな在り方を望むエマ。それぞれの道を目指し分かれたふたりは、再び王都で対峙する。激化する鬼と人間との戦いの中で発覚する“鬼”の秘密。そして、最後にエマたちの前に立ちふさがるのは…‼

それぞれの名場面がどのような形で展示されるのかについては、今後の続報や展覧会本番まで楽しみにお待ちください!

  • 3.チケット情報

展覧会チケットが10月5日(月)12時より発売開始!
全日事前予約制(日時指定券)でLINEチケットにて販売。
数量限定のグッズ付チケットも同時発売。

■展覧会チケット
【全日事前予約制(日時指定入館券)の導入】
新型コロナウイルス感染予防対策として、本展は混雑緩和・安全対策のため「日時指定制」とさせていただくことになりました。チケットはすべてLINEチケットで数量限定販売を行います。ご入場にあたってはすべてのお客様を対象に、LINEチケットより「日時指定入場券」をご購入いただき、ご来館日時の予約が必要です。各日のチケットは先着順、予定数量に達し次第販売終了となります。

入場の際は、当日3階のチケットカウンターにて入館券の引換が必要となります。また、ご来館に際して検温、手指消毒、マスク着用は必須となりますので、予めご了承くださるようお願いいたします。詳細は東京会場公式サイト(https://tcv_neverland_ex.roppongihills.com/ticket/)をご確認ください。

※料金はすべて税込です。
※本展は全日日時指定制での数量限定販売になります。(先着順・予約数量に達し次第販売終了)販売状況はLINEチケットにてご確認ください。

※購入したチケットは、全て「電子チケット」での受け取りになります。チケット受け取りは、LINEをインストールしたスマートフォンが必要です。
※4歳以上よりチケットが必要です。チケットを持たない未就学児の方はグッズの購入はできません。予めご了承ください。
※障がい者手帳をお持ちの方(介助者1名まで)は無料。日時指定券のお申し込みは不要です。ご来館の上、チケットカウンターにて障がい者手帳をご提示ください。(ただしチケットを持たない介助者等の方は、グッズの購入はできません。予めご了承ください。)
※チケットに記載されている日にち・時間帯でのみ有効です。指定の時間内にお越しください。入場時間の変更等はできません。
※チケットには各日各回ごとに入場時間が記載されておりますが、入場時間が多少前後するなど、ご案内のお時間よりお待ちいただく場合がございます。
※お客様都合による購入後の払い戻し、及び日時の変更はできません。
※お一人様1回のお申し込みで5枚まで購入可能です。※コンビニ払いの場合、手数料220円/件(税込)が発生します。■数量限定グッズ付チケット

数量限定となるグッズ付チケットの特典グッズは、「約ネバ展スペシャル冊子『Tracks to the NEVERLAND』」。白井カイウ・出水ぽすか両氏のスペシャルインタビューや、作品の設定資料、展覧会特別描きおろし漫画なども完全収録した、‟約ネバ“ファン必見のコンテンツが詰まったオリジナルブックレットです。数量限定のグッズ付チケットとして10月5日(月)より販売します。(B5判・表紙+本文56P)
※デザイン・仕様は変更になる場合があります。
※「グッズ付チケット」はオリジナルグッズ「約ネバ展スペシャル冊子『Tracks to the NEVERLAND』」が付いたチケットです。グッズは会期中、3階チケットカウンターにてお引き換えいたします。
※会場での販売はございません。
※数量限定のため、なくなり次第終了となります。

「約束のネバーランド展」開催概要
◆展覧会名: 連載完結記念 約束のネバーランド展
(英語表記)THE PROMISED NEVERLAND SPECIAL EXHIBITION
◆会期: 2020年12月11日(金)~2021年1月11日(月・祝) ※会期中無休
◆開館時間: 10:00-22:00(最終入場 21:30)
◆会場: 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー スカイギャラリー
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
◆主催: 東京シティビュー
◆原作/作画: 原作・白井カイウ/作画・出水ぽすか 『約束のネバーランド』
◆企画協力: 週刊少年ジャンプ編集部
◆企画: 約束のネバーランド展製作委員会
◆協賛: 共同印刷、LINEチケット
◆協力: カラーキネティクス・ジャパン
◆入場料 : 約ネバ展・展望台共通チケット 一般 2,000 円、シニア (65 歳以上)1,500 円、
高校生・大学生1,200円、4 歳~中学生 600 円
数量限定グッズ付チケット 2,800円 ※数量限定のため、なくなり次第終了となります。
◆ウェブサイト : 【展覧会公式ポータルサイト】 https://yakuneba-ten.jp/
【東京会場公式サイト】 https://tcv_neverland_ex.roppongihills.com/
◆展覧会公式Twitter:@yakuneba_ten
◆一般からのお問い合わせ先:03-6406-6652(東京シティビュー)
※本展覧会に関する情報は予告なく変更になる場合があります。最新情報、注意事項、新型コロナウイルス感染症予防対策は展覧会公式ポータルサイト及び東京会場公式サイトにてご確認の上、ご来場ください。

 

■作品紹介
『約束のネバーランド』
原作・白井カイウ/作画・出水ぽすか。「週刊少年ジャンプ」35号(2016年8月1日発売)より連載を開始し、主人公のエマを中心に、孤児院で育てられた子どもたちが過酷な運命に抗いながらも希望に向かっていくストーリーや、読み応えのある心理戦などのサスペンス要素や、迫力のあるアクションシーンで、幅広い世代から人気を獲得。「このマンガがすごい!2018 オトコ編1位」(宝島社)や、第63回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。コミックス第1巻は2016年12月2日に発売され、コミックス1巻から20巻(2020年10月2日発売)までの全世界累計発行部数が2500万部以上(電子版含む)。2020年6月15日発売の「週刊少年ジャンプ」28号で惜しまれながら最終回を迎えた。2019年1月にはフジテレビ“ノイタミナ”ほかにてテレビアニメ放送開始。2021年1月には第2期放送予定。2020年12月18日には実写映画の公開も予定している。

■作者プロフィール
原作:白井カイウ

原作担当。2015年、「少年ジャンプ+」読切『アシュリー=ゲートの行方』で原作者としてデビュー。2016年、「少年ジャンプ+」読切『ポピィの願い』にて作画・出水氏と初のコンビ作品を発表。2作とも大きな反響を得て、同年8月から『約束のネバーランド』を「週刊少年ジャンプ」にて連載。

作画:出水ぽすか作画担当。
イラストコミュニケーションSNS「pixiv」の人気イラストレーターであり、装丁など多方面で活躍。コロコロコミック『魔王だゼッ!!オレカバトル』連載など漫画家としても活動。2016年「少年ジャンプ+」に読切『ポピィの願い』が掲載されジャンプデビュー、同年8月から『約束のネバーランド』を「週刊少年ジャンプ」にて連載。