ファンのアニメを応援したい想いを叶えるアニメ特化型クラウドファンディング、「アニメファンド」を11月3日にリリース

アニメファンド株式会社(代表取締役:加納千稔/以降当社)は、ファンが好きな作品を直接応援できる新たなアニメ文化の創造を目指し、アニメ特化型クラウドファンディングの「アニメファンド」を2020年11月3日(火)より提供致します。
本サービスは従来の方法では実現できない、ファンとアニメ業界の距離を近づけてアニメを盛り上げるプラットフォームです。
提供と同時に、とあるアニメ作品のクラウドファンディングを開始します。(詳細は後日告知予定です。)

  • アニメ特化型クラウドファンディングの経緯

「もっとアニメを好きになりたい」「作品や制作会社を応援したい」と想うファンはたくさんいます。 しかし、ファンのニーズは様々で消費に結びつかないケースが多く見られています。

その想いを“かたち“にして還元できる場所は多くないのが現状です。
そのようなファンのニーズを叶え、さらにアニメ業界全体の収益を向上させたいという想いがあり、アニメ特化型クラウドファンディングの「アニメファンド」を提供致します。

  • アニメ製作/制作会社様の導入メリット

1.クラウドファンディングの企画から運営まで併走します
リターンの提案、製作委員会内の調整、作品専用のランディングページ制作など

2.クラウドファンディングのみならず、アニメのPRも実施します
PR企画、PR動画の制作、SNS運営など

3.様々な目的に応じて、活用が可能です
放送前:期待値の分析、制作資金の調達、放送前のPR
放送中:ファンの熱が一番熱い際に良質な体験の提供、放送中のPR
放送後:続編への期待値分析、熱を維持するためのPR

4.明朗な価格体系
原則、クラウドファンディングの応援額に応じた手数料のみ発生

  • アニメファンへの提供価値

1.アニメへの好きな気持ち、期待値に応じて応援できること

2.ファンの応援した金額に応じて、通常では手に入らないリターンが得られること
例:「アニメへのクレジット」「限定イベント」「打ち上げイベント」「生原画」「限定グッズ」

3.ファンの応援した事実がステータスとして残ること
例:WEBページの石碑に名前が刻まれる

  • アニメファンドが思い描くアニメの未来

当社は、制作会社発・監督発のアニメ作品を応援したい。
アニメファンドを制作会社発・監督発のアニメ制作における資金調達とPRの場として活用頂き、作品に対するニーズ検証で勝ち見込みが見えたタイミングでTVアニメ製作へ移行する流れを作り出します。
TVアニメ製作へ移行する際には、制作会社も出資しアニメがヒットした際に収益が入る構造を生み出します。
その収益がクリエーターまで還元される仕組みをアニメファンドも一緒に創造していきたいと考えています。