『陰陽師本格幻想RPG』IPシリーズ新作 カード対戦ゲーム『百鬼異聞録~妖怪カードバトル〜』年内日本上陸

NetEase Gamesが手掛けた『陰陽師本格幻想RPG』IPを使った新作ゲーム『百鬼異聞録~妖怪カードバトル〜』は今年中、日本に上陸します。公式ツイッターアカウントが本日9月8日より開設されました。

『百鬼異聞録~妖怪カードバトル〜』は『陰陽師本格幻想RPG』の世界観をベースとした対戦カードゲームです。本作では、プレイヤーは「蜃気楼」という名の妖怪の楽土に足を踏み入れ、蜃気楼で流行りの「百聞かるた」のゲームに参加することで、カード対戦の面白さを体験できます。

■独特な世界観とハイクオリティデザイン
ゲームの舞台は「蜃気楼」という名の楼船の城、噂では妖怪のみ入れる神秘な空間です。「百聞かるた」は蜃気楼で最も流行っているゲーム、ここでは、全ての問題や争いは「百聞かるた」で解決します。

本作は『陰陽師本格幻想RPG』のデザインテイストを踏襲し、カード及びフィールドの制作において原作の高品質でかつ幻想的な和風スタイルが継承され、「蜃気楼」という妖怪の楽土の世界観とその美しい景色を表現するために尽力してきました。

■今までにない新たなCCGの遊び方
『百鬼異聞録~妖怪カードバトル〜』は「クラス」という概念を捨てて、式神とその専属のカードの組み合わせを戦略の中心に添えるという、新たなカード対戦の遊び方を実現しました。デッキは4名の式神を中心として、それぞれの式神には8枚の専属カードを装備できます。複数の式神が交代しながら戦闘を行うので、プレイヤーに流動的な戦闘体験をもたらします。

■豊富なゲームコンテンツ
『百鬼異聞録~妖怪カードバトル〜』には多彩なゲームコンテンツが用意されています。例えば実力の近いプレイヤー同士が切磋琢磨するためのPVPコンテンツ「ランク戦」システム、PVE対戦を通じてストーリーを解放するコンテンツがあります。

プレイヤーは「商店街」で自分の店を出し、自分の好みに装飾を施した店で往来する妖怪と式神をもてなすことで、更なる収益を得ることができます。

本作は今年中日本上陸する予定です。より詳しい最新情報は、公式Twitterにてご確認ください。
公式Twitter:https://twitter.com/OnmyojiCard  
公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCvk54UKsqbWcIJouT4kyDaQ 

『百鬼異聞録~妖怪カードバトル〜』とは
『百鬼異聞録~妖怪カードバトル〜』はNetEase Gamesが開発した陰陽師IPをベースにした妖怪カード対戦スマホゲーム。数百名のトップイラストレーター、声優と共に妖怪たちだけの神隠しの地を作り上げた。日本の有名作曲家神前暁氏がサウンドトラックを担当。『百鬼異聞録~妖怪カードバトル〜』では、立ち絵のリメイクや新しいサウンド制作などにより、原作と異なるゲーム体験を味わうと共に、陰陽師ファンの方には新たな「妖怪盛宴」をお見せする。

Netease Gamesについて:
NetEase GamesはNetEase、Inc.が設立したオンラインゲーム部門で、中国では最も人気のあるPCおよびスマホゲームの開発と運営を行っております。 高品質のオンラインゲームコンテンツを提供する世界最大のゲームメーカーの1つとして、NetEase Gamesは世界中のオリジナルなスタジオの成長をサポートし続けながら、国際的な存在感を増々高めています。そして、自社開発と世界レベルの研究開発能力をアップするためには、ブリザード・エンターテイメント、 モージャンAB(マイクロソフトの子会社)等世界的なゲームメーカーと提携し、中国で最も人気のある国際オンラインゲームを運営しております。

ソーシャルメディアでフォローする:
Facebook:https://facebook.com/NetEaseOfficial
Twitter:https://twitter.com/NetEaseOfficial
公式サイト:https://www.neteasegames.com/