労働災害防止のためのアニメ風動画をyoutubeに公開!

2019年9月30日に労働災害防止の4コマ漫画をHPに掲載し、現在24話まで公開をしていますが、発生する労働災害のうち、件数の多い切創事故の防止に特化した4コマ漫画の中から5話分をアニメ風にしてyoutubeに掲載しました。

飲食店事業において転倒、切創・やけどの労働災害が増加しており、病院・介護施設での食事サービスを提供している日清医療食品でも、業務上の労働災害の防止は喫緊の課題であり、安全衛生マニュアルの作成や教育等の継続をしています。

その一環として、2019年9月30日に労働災害防止の4コマ漫画をHPに掲載し、現在24話まで公開をしていますが、発生する労働災害のうち、件数の多い切創事故の防止に特化した4コマ漫画の中から5話分をアニメ風にしてyoutubeに掲載 しましたのでご連絡いたします。

尚、労働災害の予防・啓蒙について使用する場合に限り、4コマ漫画のデータはご自由にご使用が可能です。また、事前連絡も不要です。

 

【掲載について】

・第15話「切創に気をつけよう」

厚生労働省、労働者死傷病報告調べでは、飲食店における原因別労働災害発生の割合は、「転倒」が28.1%、「切創」が23.9%、「やけど」が16.7%とあります。

切創の労働災害の理由については、形状が「丸い」「長い」「厚い」食材や、材質が「硬い」「表面がすべる」食材は、「押さえる手が不安定になる」「刃が食材の表面をすべる」などがあります。

これらの材料を切る時には、どのような切り方をすると安全にできるかを学ぶことで、広く労働災害の削減に繋がることを目的としています。

・第16話「かぼちゃを切る」

かぼちゃのような、「丸い」「硬い」食材の切り方は丸い底を安定させ、一気に包丁を入れるのがコツです。

慣れていない人は安全グローブを着用するとさらに安全です。

 

・第17話「りんごを切る」

りんごのような「丸い」「硬い」食材の切り方はヘタを切り落として平らな面を作ることがポイントです。

慣れていない人は安全グローブを着用するとさらに安全です。

 

・第19話「さつまいもを切る」

さつまいものような「長い」「硬い」食材の切り方は両端を切り落とし、ピーラーで1箇所、平らになるように深めにむくと切るときに安定します。

また、包丁の先端をまな板につけた状態で押さえつけると、硬いものでもてこの原理で容易に切ることができます。

・第20話「たまねぎを切る」

たまねぎのような「丸い」「すべる」食材は、しっかりと表皮を押さえ、注意しながら半分に切ることで、平らな面をつくり安定させてから切っていきます。