『さよなら私のクラマー』2021年4月映画、TVアニメでW映像化が決定!『四月は君の嘘』の新川直司が描く青春女子サッカー漫画

『四月は君の嘘』の新川直司が描く新たな青春ストーリー『さよなら私のクラマー』が2021年4月に劇場版、TVアニメのW映像化することが決定!併せて、プロジェクトビジュアルと特報映像を公開された。

同作は、「月刊少年マガジン」にて連載中の女子サッカーを題材にした作品。
メインキャストには主人公・恩田希役に島袋美由利、希の親友・越前佐和役に若山詩音、男子サッカー部員・山田鉄二役に内山昂輝、同じく竹井薫役に逢坂良太、希の弟・恩田順平役に白石涼子、男子サッカー部監督・鮫島幸造役に遊佐浩二、希に誘われたことをきっかけにサッカーを始めた谷安昭役に土屋神葉が発表された。

メインキャストコメント


恩田 希(おんだのぞみ)CV:島袋美由利
藤第一中学校サッカー部の 2 年生で、ポジションは攻撃的ミッドフィールダー。類稀なボールタッチとパスセンス・ドリブルテクニックを併せ持ったファンタジスタ。中学校には女子サッカー部がなく男子サッカー部に所属しているが、1 試合しか公式戦に出場した経験がない。

島袋美由利(恩田希役)コメント
──本作の印象について
島袋 オーディションを受けさせていただくタイミングで初めて原作を読んだのですが、繊細な心理描写と絵の躍動感に惹かれ、夢中になってページをめくっていました。たったひとつのものに自身の“青春”を懸ける強さと美しさ。どんな局面でも諦めることなく、成長することを止めない登場人物達の眩しさから目が離せなくなりました。

──キャラクターの印象と意気込み
島袋 なんて真っ直ぐな子なんだろう、と思いました。一切手を抜かず努力を続けて、誰よりもサッカーを純粋に楽しみ、努力を惜しまない。そんな彼女の姿に、気付けばこちらも前向きな気持ちになっていました。絶対に恩田を演じたい!と思ってオーディションに臨んでいたので今は喜びと緊張で胸が張り裂けそうです。作品や恩田希から貰ったたくさんのパワーを少しでも恩田希としてお返し出来るようにがんばります。

イントロダクション
女子高生サッカープレイヤー・恩田希。彼女は、藤第一中学校男子サッカー部での挑戦を経て、進学先の蕨青南高校で、待望の女子サッカー部へ入部する。でも、そこは“ずっと地方大会止まり”の弱小校だった!?ところが、蕨青南には個性派の新入部員がそろう。俊足のウィング・周防すみれや、中学生全国3位のボランチ・曽志崎緑、コーチには元日本代表のレジェンド・能見奈緒子が加入!能見は彼女たちの初戦に、最高の練習試合をセッティングする。その相手は、高校日本一の久乃木学園!次々に現れる強豪チームを前に、蕨青南は仲間と共に立ち向かっていく──!ひとりぼっちでも、理解されなくても、男子と比べられても、心底、サッカーが好きだから。出会うべくして出会った、純真のイレブンが目指す、フットボールの頂点。いま、少女達は、女子サッカーの未来を駆け抜ける!

公式サイト:http://sayonara-cramer.com/
©新川直司・講談社/2021「映画 さよなら私のクラマー」製作委員会
©新川直司・講談社/さよなら私のクラマー製作委員会