G123『銀河英雄伝説』×『ビビッドアーミー』のコラボが開催決定!

CTW株式会社はゲームサービスG123にて配信中の「ビビッドアーミー」において、『銀河英雄伝説』とのコラボが決定したことをお知らせいたします。

■コラボイベント概要
◆『銀河英雄伝説』のキャラクターが登場!
コラボ期間中、自由惑星同盟から「ヤン」と「ユリアン」、銀河帝国から「ラインハルト」と「キルヒアイス」がビビッドアーミーの世界に登場します!

◆キャラクター紹介
『ヤン』

『ラインハルト』

『ユリアン』

『キルヒアイス』

■コラボ限定イベント多数開催!
キャラクター4人が乗船する「ヒューベリオン」や「バルバロッサ」などの艦船が基地スキンと進軍スキンにて登場!他にも五稜星章をあしらったフレームなど、ここでしか見られないコラボアイテムを盛りだくさんでお届けします。

その他詳しい内容については、イベント開始まで今しばらくお待ちください。

■『銀河英雄伝説』とは
地球から銀河系に進出した人類は西暦2801年、銀河連邦を樹立し、この年を宇宙暦元年とした。清新と進取の気風にあふれた人類の黄金時代の始まりである。
 宇宙暦296年、連邦軍の若き英雄であったルドルフ・フォン・ゴールデンバウムは政界に転じ、その強力なる指導力をもって連邦議会に確固たる地位を築くに至った。そして、同310年、首相と国家元首を兼任したルドルフは銀河帝国の成立を宣言し自ら初代皇帝の地位に就くと共に宇宙暦を廃止し、この年を帝国暦元年とした。
 ルドルフの支配は苛烈を極め批判者や反対者を弾圧、粛清する恐怖政治へと移行していった。帝国暦164年、若き指導者アーレ・ハイネセン率いる共和主義者の一団がこの帝国領を脱出。宇宙の危険中域を越えて多重惑星を持つ安定した恒星群に到り、新たに自由惑星同盟を建国し宇宙暦を復活させた。
 宇宙暦640年/帝国暦331年、銀河帝国と自由惑星同盟は最初の接触をし、以来150年にもわたる永く不毛な戦いの歴史を繰り広げてきた・・。こうした戦いの中、宇宙暦700年代末に2人の英雄が彗星のように現れた。帝国側にラインハルト・フォン・ローエングラム、同盟側にヤン・ウェンリー。
いま、銀河の歴史は大きく動き出す。

-『銀河英雄伝説』公式サイト
http://www.ginei.jp/

■ゲーム開始はこちら
https://bit.ly/3bPQYPb

<基本情報>
ゲームタイトル:ビビッドアーミー
ジャンル:リアルタイムストラテジー
価格:基本無料(ゲーム内アイテム課金制)
公式Twitter   :https://twitter.com/vivid_army_

■G123(ジーイチニサン)とは?
スマートフォン・タブレット・パソコンのWebブラウザ上で、ダウンロード不要・会員登録不要で厳選された高クオリティゲームをお楽しみいただけるゲームサービスです。
公式サイト:https://g123.jp/

■CTW株式会社について
ゲームプラットフォーム「G123(ジーイチニサン)」を運営するベンチャー企業です。海外の有力なパートナーとタッグを組み、ローカライズ・運営・企画・PRなど幅広く展開を行っています。

※その他記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※画面は開発中のものです。

©田中芳樹・徳間書店・徳間ジャパンコミュニケーションズ・らいとすたっふ・サントリー©加藤直之
©CTW, INC. All rights reserved.