ボカロPの「40mP」と、マルチクリエイター「うじたまい」が共同での楽曲制作が決定

ボカロPとして絶大な知名度を持ち、ソロアーティスト「イナメトオル」としても活動する40mPと、TikTokをはじめ、さまざまなSNSを舞台に活動するマルチクリエイターのうじたまいが共同で楽曲を制作する事が決定した。

かねてより40mPのファンだったうじたまいが、自身のYouTubeチャンネル「うじたまちゃんねる」で40mPの代表曲「だんだん早くなる」の歌ってみた動画を公開。

【うじたまい】だんだん早くなる / 40mP【歌ってみた】

うじたまいのツイートに40mPがリプライをした事がきっかけとなりコラボレーションが実現となった。

また本楽曲は、2020年10月末頃のリリースを予定している。

【メディアのご関係の方へ】
リリースに関するコメントや、うじたまいと40mPからの動画メッセージなどメディア独占の取材も可能です。各種お問い合わせは ホームページのフォームもしくは、info@starmusic.co.jpからお願い致します。

————————————————————————————————
【イナメトオル/40mP(よんじゅうめーとるぴー)プロフィール】
 

1986年2月4日、岡山県岡山市生まれ。

2008年夏から主に動画投稿サイト上で、ボーカロイドを用いた作品を中心に楽曲のプロデュース活動を開始。

初期作品「Melody in the sky」の動画イラストに描かれた初音ミクのシルエットが巨大に見えたことから、リスナーから「40メートルP」と名づけられる。

以降、コンスタントにボーカロイド作品を発表し続け、爽やかで元気の出るバンドサウンドが幅広い年代から支持を集める。

2011年4月、アニメ「FAIRY TAIL」オープニング曲「Evidence(Daisy×Daisy)」のプロデュースを担当。

2013年7~8月、NHK「みんなのうた」にて、GUMIオリジナル曲「少年と魔法のロボット」が、ボーカロイドとしては史上初となるオンエア曲に選出される。

2012年秋より、事務員Gとともに主催するコンサート「虹色オーケストラ」を不定期で開催。

2014年12月には東京国際フォーラム・ホールAにて公演を実現。

2015年春、「イナメトオル」名義にて、シンガーソングライターとしての活動を開始。

【うじたまい プロフィール】

東京生まれ東京育ちのマルチクリエイター。 中学生からベースボーカルとしてバンド活動をはじめ、音楽に没頭する。

その後は声優アーティストを目指し専門学校へ入学、そこで自分の表現したいものを型に捉われず自由に表現したいと強く思うようになり、フリーで活動を始める。

現在はスターミュージック・エンタテインメントでTikTokを軸に”身近に寄り添ううた”をコンセプトとして様々なオリジナル楽曲をリリースしている。

代表作「#しまうまになりたいな」は#チャレンジとなり、9,300万再生を超えTikTokのトレンドとして大流行。さらにTikTokへ投稿した自分自身に歌った「September 調子はどうだい」も、多くのユーザーに拡散され瞬く間にSNSで大流行した。

【関連リンク】
●40mP(イナメトオル)
Twitter:https://twitter.com/40mp
Youtube:https://www.youtube.com/user/40meterP
niconico:https://www.nicovideo.jp/user/3343223/mylist/7975931
Website:https://www.inametoru.com/

●うじたまい
TikTok:https://www.tiktok.com/@ujitama0
Twitter:https://twitter.com/ujitama0
Instagram:https://www.instagram.com/ujitama0
Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCArdP3OnGGsmwYfCKUE7Z-w