浪川大輔、下野紘、岡本信彦、花江夏樹、斉藤壮馬、松岡禎丞ら超人気声優陣集結! 朗読館シリーズ第1弾「池袋ナイトアウルテールズ」配信公演決定! 全4幕それぞれの展開が待ち受ける新感覚の朗読劇場開幕!

この度、2020年9月5日(土)、6日(日)に朗読館シリーズ第1弾「池袋ナイトアウルテールズ」の配信公演が決定致しました。合わせてメインビジュアルと配信チケットの販売スケジュールも解禁となっております。

本公演は「星海社朗読館」とLIVEエンターテイメント施設「Mixalive TOKYO」のコラボ企画第一弾。才能あふれる作家の生み出した極上の物語に対峙する超豪華声優陣による演技と、綺想にあふれた演出のマリアージュをお楽しみいただける新感覚の朗読劇場です。

数多の物語を世に送り出してきた星海社プロデュースによる、『記憶屋』の織守きょうや渾身の書下ろしストーリーを、浪川大輔、下野 紘、岡本信彦、花江夏樹、斉藤壮馬、松岡禎丞ら超人気声優陣が熱演いたします。

しかも浪川大輔が演じる謎めいたBARの「マスター」以外に登場する2人のキャラクター、バーテンダーの「鳴海」と客の「待鳥」は、公演ごとに配役のみならず二人の関係性自体が異なり、それによってそれによって物語もさまざまな変化を遂げます。

一夜として同じ物語が紡がれることはない、1幕1幕に新たな展開が待ち受ける全4幕。池袋にまつわる怖い話・不思議な話を知る客が会するという、池袋の片隅にある、怪しげな雰囲気漂うBAR「ナイトアウル」を舞台に繰り広げられる物語は、観客を今まで体験したことない世界へ引き込むこと間違いなしです

合わせて解禁されたメインビジュアルは、薄暗い照明の中に印象的に置かれたロックグラスに梟が重なり、まるで先の展開が読めない本作の不穏感を象徴しているようです。さらに本公演の開催にあたり、プロデュースにも携わっている浪川大輔は『4公演観ると「なるほどなぁ!こんな仕掛けが!」と驚いて頂けると思います。

これだけの役者たちがどう演じていくのか、自分もワクワクしています。

今回はプロデュースにも携わっています。ご期待ください。』とファンに向けてコメントを寄せました。 

配信チケットも大好評発売中で、アーカイブ配信も決定している朗読館「池袋ナイトアウルテールズ」を宜しくお願い申し上げます。

<公式サイト>
https://ikebukuro-nightowltales.com/

<公式Twitter>  
@bar_nightowl

権利表記:©BAR「NIGHT OWL」