ストアで驚異の高評価「ドトコイ」が豪華フルボイス化!

2019年9月20日にスタートした「ドトコイ」に、この度フルボイスが実装されることが発表された。

「ドトコイ」は、テキストを読み選択肢を選んで進めていく、シンプルな恋愛アドベンチャーゲームだ。

攻略対象となるキャラクターたちは最初、解像度が低すぎて■にしか見えないが、好感度が上がるとグラフィックが徐々に変化し、最終的にはきちんとした立ち絵が表示される。

物語は高校2年生になった主人公が、転校先の学校で新学期を迎えるところからスタートする。ウキウキ気分で新しい通学路を走っていたところ、曲がり角でぶつかったのは、なんと■の姿をした喋る物体。主人公は「イケメンの解像度が低くなるおまじない」をかけられてしまっており、そのおまじないはイケメンから主人公への好感度があがるごとに徐々に解けていくというストーリーになっている。

これまで数多の乙女ゲームが世に生み落とされてきたが、これほどまでにプレイ早々にしてプレイヤーの度肝を抜く斬新な乙女ゲームがあっただろうか。

宇宙を統べる女王になり、歴史上の偉人たちと恋をして歴史を改変し、学園生活を送りながら恋に部活に励んだり、アイドルのマネージャーになったりと数えきれないほどのイケメンと恋に落ちてきた筆者だが、■に恋をする日がくるとはついぞ考えたこともなかった。

しかしこの「ドトコイ」、いざスタートしてみると、内容の簡潔さ、キャラクターの濃さ、そしてなにより、やはりその奇抜なスタートからプレイヤーの心を掴んで離さないゲームとなった。唯一無二のゲームであるといっても過言ではない、それほど、「ドトコイ」というゲームは革新的なのである。

物語スタート時から最後まで、プレイヤーの気持ちをまま代弁してツッコミを入れてくれる豪快な性格設定の主人公は、プレイしていてイヤミがなく、次のキャラクター攻略へも気軽に進むことができる。

それではゲームについて詳しく解説していこう。

まず、選択肢が登場する際には各キャラのルートがそのキャラクターのカラーで表示されるので、ゲーム自体の難易度は低めとなっており、非常にさくさくと進められる。

1キャラクターあたり20~30分くらいで攻略出来てしまう手軽さと、無料アプリにも関わらずスキップ機能やオート機能がきちんと備えらえている点も地味にうれしいポイントだ。

選択肢も、ほぼ間違いようがない2択で出されることが多いので、きちんと選んでいれば難なくエンディングまで辿り着けるはず。

また、キャラクターによっては敢えて嫌われる選択肢を選ぶ必要があるキャラクターがいたり、また隠し立ち絵を出すためにも必要だったりするので、心を鬼にしてそちらの選択肢を選ぶことも必要だ。

また、EXTRAのおまけ要素など、攻略に関してさまざまなお楽しみもあるので、メイン攻略が終わっても楽しめる。

攻略キャラクターは全部で9人。
最初から攻略対象として物語に登場するのは赤い■で表示される財閥御曹司・二階堂政宗(CV:熊谷健太郎)、青い■で表示される大きな声の青木真(CV:河本啓佑)、黄色い■で表示されるさわやか帰国子女・斉藤ルイ(CV:市来光弘)、緑の■で表示されるおバカキャラの源英司(CV:酒井広大)、そして茶色い■で表示される担任の小野圭一先生(CV:戸谷公人)。その他にも斉藤レオン(CV:白井悠介)、神崎大河(CV:田所陽向)、志摩ひかる(CV:山本和臣)、吉角奏汰(CV:小林大紀)といった攻略対象となるキャラクターたちが登場し、さらに主人公の友達になる村中翔子(CV:田辺留依)と、主人公に呪いをかけた張本人(?)のたぬき(CV:小笠原仁)が登場する。

本ゲームはキャラクターの外見という視覚的要素から攻略キャラクターを選ぶことがないので、どのキャラクターを選んでも平等に先入観なくスタートできるのも新鮮だ。

【まずは、メインの4人を攻略しよう】
二階堂、青木、ルイ、源の4人には好感度が設定されており、5月末の初デート時点で好感度が一番高いキャラのルートに入るようになっている。
二階堂は他の3人よりやや好感度高めの状態でゲームが始まるためまずはストーリーに沿って二階堂の攻略から始めると物語も把握しやすい。

 

また、嫌われるような選択肢を選んでも好感度は下がらず、「嫌い」ポイントが溜まって、いく仕組みとなっており。その「嫌い」ポイントが一定以上になると、修学旅行後に立ち絵がバグるようになる。クリア後に見られるEXTRAの「?」は嫌われ立ち絵となっているので、ぜひこちらもコンプしていただきたい。

また、攻略対象のED条件を満たしても、同時に友達に嫌われるとEDに辿り着けないようになっているので注意が必要だ。例えば、二階堂攻略中に青木の「嫌い」ポイントが高いとBADエンドに飛んでしまう。ルイと源も同様なので、攻略する際にはそれぞれのキャラクターの友達にも気を配ってみると、躓かずに進めることができる。

【たぬき占いは重要な意味も……?】
物語中には「たぬき占い」なるものが登場する。4月末時点での「たぬき占い」は好感度チェックやキャラ紹介と思ってOKなので、気負わずに気になるキャラクターを選んでみよう。また、2週目以降ならば飛ばしても攻略に差し支えはなさそうだ。その後にも何度か登場するこの「たぬき占い」、条件を満たすと隠しルートのヒントがもらえることもあるので、物語の進行度合いでチェックするようにしよう。

【4人を終えたら、さらに……】
メイン4人を攻略し終えると、小野先生のルートが開かれる。小野先生は4人の好感度を上げない、ということを念頭に置いてプレイすれば、おのずと攻略可能だ。また、小野先生の攻略ルートの中に、新しいキャラクターも登場するので要チェックだ。

【物語は終盤へ】
ここまでくれば後は隠しキャラを攻略していくことになる。隠しキャラとなっているキャラクターたちのほかにも、物語序盤から主人公に癒しを与えてくれる友達・村中翔子との友達EDも用意されているので、ぜひエンディングを楽しんでいただきたい。

今回の攻略では敢えてキャラクターたちの■から解像度の上がった姿は掲載していないので、ぜひ自身の手でプレイし、その目でイケメンの素顔を確かめてみていただきたい。一度プレイすれば、あなたも絶対に「ドトコイ」の虜になるはずだ!

(文・ucn-z)

【ゲーム情報】
■「ドトコイ」
ジャンル:恋愛アドベンチャーゲーム
価格:490円

<配信サイト>
Win・Mac版:BOOTH
ブラウザ版:ノベルゲームコレクション
iOS版:App store https://apps.apple.com/app/id1527205154
Android版:Google play https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.imahiro.p

 

2019 (C) KUROKI