【CV:上坂すみれ】paizaラーニングに中上級者向け『Python×AI・機械学習入門 声優識別AIを創る』編を追加&期間限定無料公開!

ITエンジニア向け国内最大の転職・就職・学習プラットフォーム「paiza(パイザ)」(paiza株式会社 東京都港区、代表取締役社長 片山良平)は、動画プログラミング学習サービス「paizaラーニング」の『Python×AI・機械学習入門』講座の第二弾として、計6動画による『声優識別AIを創る』を追加で公開いたします。paizaラーニングは月額税込み600円からご提供中ですが、本コンテンツについては2020年8月26日(水)~2020年9月27日(日)の期間限定で無料公開いたします。

この講座では、paizaラーニングに登場する声優の方々の声を識別するAIを制作しながら、「機械学習」の基礎を身につけることができます。

動画の解説キャラクター「スベトラーナ・小百合・ベレフスカヤ」役は、第一弾に引き続き人気声優の上坂すみれさんがキャラクターボイス(CV)を担当。また、キャラクターイラストも、『デュラララ!!』『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』などを手掛けてきたヤスダスズヒト氏によるものとなります。

新レッスン公開を記念して、上坂さんのサイン色紙などが当たるキャンペーンも実施いたしますので、あわせてお知らせいたします。

URL:https://paiza.jp/works/lp/ai_seiyu_shikibetsu

■「Python×AI・機械学習入門 声優識別AIを創る」について
プログラミング言語Pythonを使い、機械学習について学習します。「機械学習」とは、AI(人工知能)での研究課題で、人間や動物が経験をもとに学習していく能力と同様の機能をコンピュータで実現しようとする手法です。最近では、自動車の自動運転や囲碁・将棋のプログラムなどに機械学習が使われ話題になりました。それ以外にもデータ分析をはじめとしたさまざまな用途で応用されています。

このレッスンでは、paizaラーニングで解説キャラクターのCVを担当されている声優の方々の音声データを使って、どれが誰の声なのか話者を認識するAIを制作。メル周波数ケプストラム(MFCC)を特徴量として利用した精度の高い話者認識手法を学ぶことができます。第一弾の講座での画像認識と今回の音声認識を学ぶことで、機械学習の基礎が身につけられます。

【主な内容】
(1)話者認識の概要を知ろう
(2)SVMを利用してみよう
(3)話者認識に利用する音声データを確認しよう
(4)そのままの音声データで学習と予測をしてみよう
(5)フーリエ変換を利用して予測の精度を改善しよう
(6)音声の時間別の特徴量を利用して予測の精度を改善しよう

■解説キャラクター「スベトラーナ・小百合・ベレフスカヤ」について

「Python×AI・機械学習入門 声優識別AIを創る」の進行役として、第一弾と同じく「スベトラーナ・小百合・ベレフスカヤ」が登場。CVは引き続き上坂すみれさんが担当します。

スベトラーナ・小百合・ベレフスカヤ(CV:上坂すみれ)
モスクワ・スコルコヴォにあるサイバネティクス研究所の次世代人工知能特任研究員(元ハッカー)。ロシア人の父と日本人の母との間に生まれたハーフで、母は人工知能の研究者。頭脳明晰で、19歳にしてすでに院卒の博士。選考は電気工学、コンピュータサイエンス、神経科学。好きな開発言語はアセンブラ、HDL、C++、Python。

【ストーリー】

 

声優識別AIという新たなる神の創造。

それは某国による恐ろしい国家プロジェクトだった…
ロシア人美少女博士スベトラーナ・小百合・ベレフスカヤが、私立パイザ女学院高等部の特別講師として再び来日。数々の音声データを並べ、教壇に立ちこう言った――「このデータをもとに話者を特定する」と。『第II次バベル計画』として指導した新たなプロジェクトの全容が今、明らかになる!

【上坂すみれさん:プロフィール】
1991年12月19日生まれ。神奈川県出身。スペースクラフト・エージェンシー所属。2011年に『パパのいうことを聞きなさい!』(小鳥遊空役)で本格的に声優活動を開始。現在放送中のアニメ『メジャーセカンド』(藤井千里役)、『Lapis Re:LiGHTs』(カミラ役)など、多くの人気アニメ・ゲームに出演。特技はロシア語で、出演作でも披露している。ロシア・ソビエトへの造詣も深い。

■上坂すみれさんの直筆サイン色紙やAmazonギフト券をプレゼント!

新レッスンの公開を記念して、スベトラーナ・小百合・ベレフスカヤ役、上坂すみれさんの直筆サイン色紙やAmazonギフト券が当たるキャンペーンを実施します。

プレゼント(1)ツイートで当たる!
抽選で上坂すみれさんの直筆サイン色紙を3名様、Amazonギフト券500円分を30名様にプレゼント。Twitterのpaiza公式アカウント(@paiza_official)をフォローし、キャンペーン専用ページからハッシュタグ「#声優識別AI」をつけてツイートすると応募完了となります。

プレゼント(2)レッスン受講で当たる!
抽選でAmazonギフト券5000円分を5名様にプレゼントします。「Python×AI・機械学習入門 声優識別AIを創る」を受講し、演習問題完了後に表示されるツイートボタンからハッシュタグ「#声優識別AI」をつけてツイートすると応募完了となります。

応募受付期間
2020年8月26日(水)~2020年9月27日(日)
※詳しくはpaizaサイト内のキャンペーンページをご確認ください。
URL:https://paiza.jp/works/lp/ai_seiyu_shikibetsu

本キャンペーンはpaiza株式会社による提供です。本キャンペーンについてのお問い合わせはAmazonではお受けしておりません。paizaのお問い合わせフォームよりお願いいたします。
Amazon、Amazon.co.jp およびそれらのロゴは Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

■paizaについて
paizaはITエンジニア向け転職・就職・学習プラットフォームです。目指しているのは、自ら挑戦する人材の成長プラットフォーム。個のキャリア形成が重要な今、実力があればさまざまな可能性の広がる求職サービスとして、多くのエンジニアから支持されています。2020年7月現在、paizaの登録者数は35万人(※)に達しています。

「paiza転職」は、ITエンジニアの“スキルを可視化“し、実力重視で企業とマッチングするITエンジニア向け転職サービスです。そのほか、学生向け就職サービス「paiza新卒」、未経験、若手エンジニア向け転職サービス「EN:TRY」、および転職・就職直結型のプログラミング学習サービス「paizaラーニング」を展開。現役エンジニアの転職はもちろん、「paizaラーニング」で学んだ後に「スキルを可視化」して転職、就職する例も多数生まれています。(URL:https://paiza.jp

(※)独立行政法人情報処理推進機構IT人材白書2012
https://www.ipa.go.jp/files/000023689.pdf)からの推計では、国内ITエンジニア数は約40万人です。