<アニメ“名言”特集>みんなが選んだ、心に響いたあの台詞をピックアップ!

国内アニメ作品数No.1(※)見放題サイト「dアニメストア」( https://anime.dmkt-sp.jp/ )では、2020年5月に募集した『あなたのおすすめ回アンケート』結果の中から、【心に響いた“名言”】をピックアップして特集ページに公開いたしました。

みんなで選んだアニメ特集「名言」:https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/CP/CP00001104

特集ページでは、ユーザーの推薦コメントとともに、様々なアニメの「名言」をピックアップして掲載しています。「シーンを再生する!」を押すと、該当シーンから視聴も可能ですので、気になった台詞は是非アニメ本編でご確認ください。

※ 8月下旬に【心に響いた“迷言”】も公開予定

【勇気が欲しい!背中を押してくれる名言】
■「天元突破グレンラガン」第8話:カミナ
俺が信じるお前でもない。お前が信じる俺でもない。お前が信じる、お前を信じろ!

≪推薦コメント≫
最後までシモンの心の支えになった言葉。最初は、お前を信じる、俺を信じろとシモンに言っていたカミナだったが、最後は先の言葉を否定し、自分のやりたいようにやれと後押しする。この言葉があったからシモンはずっと前に進み続けられたと思う。

■「アイカツ!(2ndシーズン)」第89話:藤堂ユリカ
もしも今とは違う自分になりたいなら、まずは少しだけ自分を変えてみるの

≪推薦コメント≫
自らの過去の面影を見た少女に、ユリカ様が助言するシーンです。吸血鬼キャラを貫くユリカ様が、日常的な例え話を出しながら、ちゃんと言葉を紡いであげるシーン。変わりたいと思う心、憧れを追いかけて、でも自分じゃ……なんて思う心に、そっと背中を押してくれる優しい台詞だと思います。

【湧き出る力!己の心を奮い立たせる名言】
■「スラムダンク」第26話:安西先生

最後まで希望を捨てちゃいかん。あきらめたら、そこで試合終了だよ

≪推薦コメント≫
自分がバスケの試合をしている時も、そうでない時も、心が折れそうな自分を奮起させる最高の名言です。この言葉から、何度も力を貰いました。

■「カードキャプターさくら クロウカード編」第46話:木之本桜
なんとかなるよ、絶対大丈夫だよ

≪推薦コメント≫
何事も良い方へ進むには、まず自分を信じることが大切。私も不安な時や心配な時に思い出して心の中で言うようにしています。

【人生の教訓!胸に刻みたい名言】
「文豪ストレイドッグス」第19話:太宰治
自分を憐むな…自分を憐めば人生は終りなき悪夢だよ 

≪推薦コメント≫
普段飄々としているからこそ、このシーンの真剣な表情がぐっと心に刺さります。暗い過去を持つからこそ、自分と同じ道を歩んでほしくなくて敦を奮い立たせる印象深いシーンです。

■「結城友奈は勇者である」第5話:結城友奈
なせば大抵なんとかなる

≪推薦コメント≫
大抵が含まれているところがすごくいいなと思います。実際にやる前から諦めていたらそれまでだし、経験上やれば大抵なんとかなってきたので。自分ひとりじゃどうにもならないことも仲間が助けてくれることによってなんとかなることも沢山あると思うので。臆病な自分にとっては教訓となる言葉です!

【揺るがぬ決意!覚悟を感じる名言】
■「コードギアス 反逆のルルーシュ」第1話:ルルーシュ
撃って良いのは、撃たれる覚悟のある奴だけだ

≪推薦コメント≫
今まで数多くのアニメを観てきましたが、私の中でここまで強烈に記憶に残っているセリフはありません。その理由はやはり、シリーズの最初と最期を飾るセリフであり、その背後に秘められた意味の重みがシリーズを通して、主人公ルルーシュが感じてきた重みとして、受けることができたからだと思います。

■「ゾンビランドサガ」第11話:巽幸太郎
俺はお前を絶対に見捨ててやらん!!

≪推薦コメント≫
どんなに努力しても結局悪い結果になってしまうもってない源さくらに対し、今までは無茶ぶりやおちゃらけた態度を見せている巽幸太郎が心の底から自分の感情をぶつけてさくらを救おうとする姿にしびれました。

【いつか言ってみたい!かっこいい名言】
■「アイドリッシュセブン」第10話:和泉三月

一度きりの人生!
オレの人生、面白くすんのはオレしかいねーじゃん?

≪推薦コメント≫
このセリフを聞いた瞬間、心に刺さりました。小柄な体格なのに、大きな器でかっこよすぎる最高の推しです。三月に一生ついていく、と思ったセリフでした!

■「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」第36話:風見ハヤト
今までのは奇跡なんかじゃないよ。奇跡はこれからだ

≪推薦コメント≫
このあと、富士岡を制して優勝する宣言でもあり、そのためにやってきた今までのことは努力と実力でつかみとったという自信の現れでもある、サイバー史上屈指の名言。ここで気分を高めてからの最終話という流れは数多の作品がある中でもトップクラスだと思っています。

【心に残る!考えさせられる名言】
■「進撃の巨人」第20話:アルミン・アルレルト

何かを変えることのできる人間がいるとすれば、その人は、きっと…大事なものを捨てることができる人だ

≪推薦コメント≫
大きな決断をする人は、その分大きな犠牲が伴っている、と解釈しています。犠牲にするのは大事な物や大事な人かもしれない。でも、「捨てる」ことができたらきっと「変われる」ことなんだとも思い、印象に残っています。

■「xxxHOLiC」第1話:壱原侑子
この世に偶然なんてないわ。あるのは必然だけ

≪推薦コメント≫
物語における重要な言葉で、起こる出来事には必ず何かしらの意味がある、という意味で、現実でも考えさせられる深い言葉だと思います。

【つらさをバネに…心に響く名言】
■「響け!ユーフォニアム2」第10話:黄前久美子

諦めるのは最後までいっぱい頑張ってからにして下さい!

≪推薦コメント≫
部が金賞を取るためにはあすか先輩が吹くべき、そして皆もそれを望んでいる。なんとか戻って欲しい一心であすか先輩を説得する久美子。しかしまだ届かない、先輩が去ろうとする間際に久美子がいっぱいの気持ちで放ったセリフです。このセリフを聞いた瞬間自分にも風が吹いたような感覚になり泣きそうになりました。一緒に吹きたい・そして先輩のユーフォが聴きたい!これだけのセリフですがその中にまだ言葉にできないような気持ちも含まれています。自分の中で心に残った名言の1つです。

■「鬼滅の刃」第1話:冨岡義勇
生殺与奪の権を他人に握らせるな

≪推薦コメント≫
妹を鬼にされた炭治郎の気持ちが痛いほどわかる、でも鬼になってしまった人の残酷な面が分かっているから出て来る言葉だと思ってすごく胸に響きました。

【肯定されたい…心を救った名言】
■「Re:ゼロから始める異世界生活」第18話:レム

ここから始めましょう、イチから――いいえ、ゼロから!

≪推薦コメント≫
色んなアニメを見てきたけどやっぱりこの言葉が胸に残っています。今までずっと辛いことがあって絶望していたスバルだけでなく私たちのことも救ってくれた最高の名言です。

■「Angel Beats!」第10話:日向秀樹
俺が結婚してやんよ

≪推薦コメント≫
死んだ後の世界で出会った二人。「たとえ死ぬ前の世界で体が動かなくても。子供が産めなくても。結婚してやる」と言った場面に涙が溢れました。Angel Beats!で生まれてきた意味を学べました。本当にありがとう。

【温かな言葉…誰かを大切にしたくなる名言】
■「プラスティック・メモリーズ」第13話:水柿ツカサ

大切な人といつかまた巡り会えますように

≪推薦コメント≫
涙なしでは見られない最終話でのセリフ。一緒に居られる時間が有限だからこそ、いつかまた巡り会いたいと思える。ツカサとアイラのように私自身も人生最後の時に「いつかまた巡り会えますように」と思える大切な人と出会えたらいいなと思っています。

■「CLANNAD AFTER STORY」第18話:岡崎汐
ないていいのは、おトイレか、パパのむねのなかだって…

≪推薦コメント≫
最愛の人との別れ、それから数年の時を経て娘とやり直すきっかけとなったこの言葉にとても惹かれました。悲しい現実から逃げたいという人間の気持ちと、全くそのことを知らずパパに甘えたいという娘の気持ちがうまく混ざり合って毎度この話数のこのタイミングでは涙が出てしまいます。主人公、岡崎朋也のそれまで歩んできた人生と相まって思春期特有の考えと生き様からも共感できてしまうワンシーンです。

★詳しくは特集ページをご覧ください。
みんなで選んだアニメ特集「名言」:https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/CP/CP00001104

★その他にも様々な特集企画を公開中!是非合わせてご覧下さい。
https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/CF/feature_index (TOP>さがす>特集一覧)

©GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通
©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO
©井上雄彦・アイティープランニング・東映アニメーション
©CLAMP・ST・講談社/NHK・NEP
©2016 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス製作委員会
©2014 Project 2H
©SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design ©2006 CLAMP・ST
©ゾンビランドサガ製作委員会
©BNOI/アイナナ製作委員会
©サンライズ
©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
©2006 CLAMP・講談社/アヤカシ研究会
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会
©VisualArt’s/Key/Angel Beats! Project
©MAGES./Project PM
©VisualArt’s/Key/光坂高校演劇部

===

◆ご利用料金:月額400円(税抜)
※契約日・解約日にかかわらず、毎月1日から末日までの1か月分の料金となります。
日割り計算はいたしませんのでご注意ください。