【魔道祖師】中国で大人気のアニメシリーズ、日本版上陸決定!

2018年より中国のテンセントビデオ(騰訊視頻)にて配信されたアニメ「魔道祖師」シリーズ。公開後わずか3日で4000万PVを超え、同サイトのアニメアクセスランキングで1位を獲得。同原作の実写ドラマ「陳情令」の大ヒットも記憶に新しい本作の、待望のアニメシリーズ日本版の上陸が決定いたしました。

原作は中国で2015年から2016年にかけてweb上で連載された、墨香銅臭氏が手がけたBL小説「魔道祖師」。緻密で壮大なストーリーと魅力的なキャラクターが話題を呼び、アジア全域で爆発的人気を博すだけでなく、日本にも根強いファンを持っています。今回の日本版では、字幕版だけでなく日本語吹替版の制作も予定されています。

日本のアニメファンならびに原作ファンへ向けて、日本での「陳情令」の配給元である株式会社ソニー・ミュージックソリューションズと、数々のアニメ作品を手掛ける株式会社アニプレックスが共同で展開。公開方法は後日発表いたします。続報にご期待ください。
つきましては、本情報をぜひご紹介いただけますと幸いです。何卒よろしくお願いいたします。
 

■イントロダクション
世は岐山温氏が暴虐の限りを尽くし、人々は苦しみに喘いでいた。
姑蘇藍氏・雲夢江氏・蘭陵金氏・清河聶氏ら仙門の修行者たちは「射日の征戦」を行い、力を合わせて温氏を討伐することに成功する。
夷陵老祖(いりょうろうそ)である魏無羨(ウェイ・ウーシエン)は、「射日の征戦」で貢献を果たしたが、彼の修めた鬼道は強大な力を持つがゆえに、人々に恐れられ、謗られ、やがてその身の破滅を招いてしまう。

そして十三年後。
死んだはずの魏無羨は呪術によって世に蘇り、かつての友、姑蘇藍氏の藍忘機(ラン・ワンジー)、義兄弟である雲夢江氏の江澄(ジャン・チョン)と再会する。
しかし、過去の謎は未だ消えず、世間は再び彼を疑い始めるのだった。

すべての物語の始まりは、彼らの少年時代の出会いに遡る――

■メインスタッフ
原作:「魔道祖師」 墨香銅臭
監督:熊可
シリーズ構成・脚本:梁沙
キャラクター原案・デザイン:申琳
音楽:孫玉鏡
日本版制作:株式会社ソニー・ミュージックソリューションズ、株式会社アニプレックス

※アニメ画像記事掲載の際は著作権表記の記載をお願いいたします
©2020 Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

■アニメ「魔道祖師」日本版公式Twitterアカウントがオープン
公式Twitterアカウント:@mdzsjp(推奨ハッシュタグ:#魔道祖師アニメ)

■ドラマ「陳情令」Blu-ray 発売決定
「魔道祖師」を原作として制作され、2019年、中国でWEBドラマ再生回数No.1を叩きだしたヒット作「陳情令」待望のBlu-ray化が決定いたしました。2020年8月5日(水)より全3巻にて発売予定です。

BOX①  8月5日(水)発売

BOX②  9月5日(土)発売

BOX③ 10月5日(月)発売

発売元: ソニー・ミュージックソリューションズ/コンテンツセブン
販売元:TCエンタテインメント

※ドラマ画像記事掲載の際は著作権表記の記載をお願いいたします
©2019 Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

▶ドラマ『陳情令』
「行く道は違えど、同じ義に生きる」
五大世家(藍氏、江氏、聶氏、温氏、金氏)が世の秩序を治める中、快活で何ものにも縛られない自由奔放な魏無羨(ウェイ・ウーシエン)が無口で戒律を重んじ己にも厳しい藍忘機(ラン・ワンジー)に出会う。そんな対照的な二人は、偶然にも藍氏の禁地へ足を踏み入れ、藍氏が代々守ってきた秘密を知る。正義のため力を尽くすことを誓った二人は、共に事件を解決していくうちに、徐々に絆を強めていくが、魏無羨は罪を被せられ、断崖から身を投げそのまま消息を断ってしまうのだった。
その16年後、呪術によって再び蘇る魏無羨は藍忘機と再会した。二人は新たな事件の真相にたどりつくと、それが16年前の忌まわしい過去につながることに気づく…。

ドラマ「陳情令」公式サイト:https://mdzs.jp/
ドラマ「陳情令」公式Twitterアカウント:@TheUntamedJP

 

1992年生まれの黄金期女性声優たちの、高学歴すぎる共通点!