サーフィン男子を描いたメディアミックスプロジェクト「WAVE!!」2020年に劇場三部作でアニメ化決定!

オリジナルアニメ「WAVE!!~サーフィンやっぺ!!~」(以下、「WAVE!!」)が2020年より三部作にわたって劇場上映されることが決定。合わせて、特報PVとティザービジュアルが解禁された。

本作は、東京オリンピックで初めて競技種目として採用された話題のサーフィンを題材にしたメディアミックスプロジェクト。
原作は、乙女向けコンテンツ「B-PROJECT」などを手掛けるMAGES.(LOVE&ART)で、前野智昭演じる主人公“陽岡マサキ”が、小笠原仁演じる転校生“秋月ショウ”と出会い、サーフィンにのめり込んでいく男子たちのオリジナル群像ドラマです。キャラクター原案は、ゲーム「アルカナ・ファミリア」などを手掛けるなど女性から圧倒的な支持を集める、さらちよみが担当し話題に。
2018年よりCDドラマ、キャラクターソングをはじめ、ラジオ、イベント、アプリと、あらゆるメディアへ展開中となっている。

ティザービジュアルも解禁

解禁されたティザービジュアルでは、物語の舞台であるマリンスポーツが盛んな茨城県大洗町で、サーフボードを手に、爽やかな風を受けながら海辺に立つ制服姿のマサキが描かれている。

また、特報PVは、サーフィンの魅力にとり憑かれた8人の少年たちが登場。サーフィンにすべてを賭ける個性豊かなキャラクターたちがどのような物語を描くのか、注目が集まる。

アニメ化の決定についてキャラクター原案のさらちよみは、「サーフィン界独特のおしゃれなアース感や、サーファー達のかっこいい飛躍感をキャラクターで描けたら…という思いが現実となり、感激です。動く彼らに会えるのをとても楽しみにしています! 」と喜びのコメントを寄せた。

アニメ公式サイト:wave-anime.com
©MAGES./アニメWAVE!!製作委員会