【オフィシャルレポート】VR能『攻殻機動隊』プレ上演舞台挨拶開催!

2020年8月21日(金)~23日(日)まで公演するVR能『攻殻機動隊』におきまして、3月26日(木)にプレ上演舞台挨拶が開催されました。

VR能とは様々な最先端技術を駆使して仮想現実空間を再現し上演される能舞台で、日本が世界に誇るSF漫画の最高傑作、「攻殻機動隊」を能で表現!演出は舞台「ペルソナ」シリーズや舞台版「攻殻機動隊ARISE」、AKB版「仁義なき戦い」など数々の実現不可能と思われる企画を成功させてきた映画監督、奥秀太郎。脚本は「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」や「BLOOD」シリーズなどの脚本で知られる藤咲淳一。映像技術は舞台版「攻殻機動隊ARISE」、3D能シリーズなどで日本初の舞台での3D映像を開発してきた福地健太郎(明治大学教授)。VR技術は国内のVR研究での第一人者 稲見昌彦(東京大学教授)。いずれも各分野での最先端を駆け抜ける第一人者が担当いたします。さらに、出演は坂口貴信、川口晃平、谷本健吾等、実力・知名度ともに現在の能のシーンを牽引する観世流能楽師。世界初・本邦初の様々な技術と日本の伝統芸能の先鋒とが高次元なレベルで融合し、攻殻機動隊の世界を再現した舞台芸術の未来を創ります。

プレ上演では攻殻機動隊・草薙素子の面をつけた川口が登場。世界初・本邦初の様々な技術と日本の伝統芸能の先鋒とが高次元なレベルで融合し、攻殻機動隊の世界を再現した舞台を披露しました。

伝統芸能でもある能に最新技術を融合させ、さらに攻殻機動隊という世界中で人気も高いアニメーションの世界観を越えた創作能。最初に聞いた時の印象を聞かれると、坂口は「奥監督とはVR能の前に3D能というもので一緒にさせていただいておりまして、今まで私がさせていただいたものは全て能にある演目の中で、能というものが想像力に頼っている部分がございます。それを現代の技術でわかりやすく伝えることができないかと相談させていただき、さらに今まである演目ではなく、作品を新たにつくるという。また古典のものではなく攻殻機動隊という世界的に有名なアニメということで、非常に新しい挑戦だと思っています。私が攻殻機動隊にあまり詳しくはなかったので、能を観たことのないお客さんの立場というのも私は感じています。作品を知らないものの作品というものをどのように作ればいいのか、いつもと違う立場でこのアニメに向き合おうと思っております。」と答えた。世代を超えて見に来る人が増えるのではないかとMCに言われると「700年もの前の古典文学を題材とした能は難しいというイメージがありますが、やはり能がこの先何百年も続いていくためには若い世代の人たちが、能に触れあうきっかけをつくりたいとも思います」と話した。

谷本は「客席で拝見していたが、攻殻機動隊という今の時代の最先端、700年前に最先端だった能がどう融合していくのか、こればっかりはこれから実際に作る作業をしていかないとわからないですが、能はお客様に一生懸命に想像をしていただかないとなかなか理解のできない部分もあるので、今川口さんのが舞っていた能の内容というものは特にないです。でもそれが映像と相まると意味をなしてくるというのを、客席から拝見していて驚きました。これが全編にわたってどうなっていくのかというのが楽しみだ」と述べた。

大島「私たちの能は様式、動きなど制約が細かく決まっている中で自分たちの体に落とし込んでいくのが稽古になるのだが、こういった完全な新作はそういった制約が一切ない中で自分たちで新しいものを作り出していくといった作業が多く、今まで自分たちがやっていない分野で同世代の力を合わせて創造していくというのは大きなチャレンジになるかと思いますので、楽しみです。実際に演じた川口はプレ上演した感想を聞かれると、「客席から見れないので何が起こっているかさっぱりわからない状況だったのですが、能と言うのはイマジネーションを働かせてご覧になるわけなので、特殊効果を使うことによってそれらが共有できる、斬新なものだなと感じています。全貌はまだわからないですが、凄く楽しみにしています。」と答えた。

奥監督は能と攻殻機動隊を融合させたきっかけを聞かれると、「攻殻機動隊は30年前から自分にとってバイブルですし、本当に深い作品なのですが、能というものに関わらせていただく中で、もともと攻殻機動隊・草薙素子は脳みそしか残っておらず、擬態の体でサイボーグとして様々な体に乗り移っていくというモチーフが、現在のテクノロジーと伝統芸能である能の世界観に非常に親和するのではないか、そして攻殻機動隊の世界観を最も表現できるのは、能なのではないか、と思ったのがきっかけで、このような機会をいただけて本当に嬉しく思います。」と答えた。

映像装置を担当した福地は「3D能でも奥監督とやってきて、振られる無理難題をどうやって映像技術で解決していくかをやっていたのですが、今回VRをやりたいと言われ、さらにお客さんにVR眼鏡をかけさせてくないと言われ、さぁどうしよう!という状況から始まりました。その中で現実に何かを付け足すというのではなく、何かを引いていく、その引き算による演出というものが注目されていて、それがヒントになって映像装置を作りました。」と述べた。

それを聞いて稲見は「バーチャルリアリティーの研究者とご紹介いただきましたが、攻殻機動隊の大ファンなので、まずはこのような機会が頂けて大変光栄です。バーチャルリアリティーは最先端技術というイメージになるかと思うのですが、もともとは劇作家の舞台用語の説明の1つとしてバーチャルリアリティーという言葉を使ったと言われています。そういう意味ではゴーグルがVRとなる前は、むしろこの劇場空間のありさまというのを説明するために使われてきた。そういう意味では最先端技術との融合とはいえ、実は劇場という空間に加え、バーチャルリアリティーの世界・デジタルの世界・そして能の世界は、複数の世界をつないでいくその時の1つの糸として今回のテクノロジーというものが位置付けられていると思っています。」と話した。

最後に観たいと思っている方へのメッセージを聞かれると坂口は「色々な世代の方に観てもらいたい、というのは当然ではございますけれども、新作の能は今までも作られてはいますが、この攻殻機動隊に関しては、このVRでしか上演できません。能楽堂で上演することは絶対にできません。今回限りでございます。ですのでそこを見逃さないでいただきたいです。もし評判わるかったら二度とやりません(笑)。それぐらい心持を強く持って望みたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします」

としてプレ上演舞台挨拶は幕を閉じた。

[aside type="boader"] 攻殻機動隊 
「攻殻機動隊」は、近未来の電脳化社会を舞台に架空の公安組織の活躍を描いたマンガで、1989年から展開されている人気シリーズ。押井守監督が手がけた劇場版アニメ「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」「イノセンス」のほか、「攻殻機動隊 STAND ALONECOMPLEX(S.A.C.)」シリーズ、「攻殻機動隊 ARISE」シリーズなどが制作されてきた。スカーレット・ヨハンソン主演で実写化したハリウッド映画版も話題になった。最新作として今年4月より「攻殻機動隊SAC_2045」が配信開始。(公式サイト:https://www.ghostintheshell-sac2045.jp/)[/aside]
[aside type="boader"] VR能『攻殻機動隊』
公演期間:2020年8/21(金)〜23(日)
会場 世田谷パブリックシアター
原作:士郎正宗「攻殻機動隊」(講談社KCデラックス刊)
出演:坂口貴信 川口晃平 谷本健吾他
   観世流能楽師[/aside]