人生の虚無と戦うすべての社会人に捧ぐ――。意識低い系社畜マンガ『なんだこの人生~日曜しか生きた心地がしない社畜OLの日常~』2月28日発売‼

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、橋本ゆの著『なんだこの人生~日曜しか生きた心地がしない社畜OLの日常~』を2月28日(金)に発売します。
 

『なんだこの人生~日曜しか生きた心地がしない社畜OLの日常~』は、橋本ゆのによるツイッター発のコミック。人生の虚無みに気づいてしまった社会人2年目女子が、虚無に抗ったり抗わなかったりする様子が、シニカルかつチャーミングに描かれる悲喜劇です。

社会人2年目に突入した主人公・藤井が、出社と退社をくりかえす日々の中で「こんな生活があと何十年も続くのか」と気づき、愕然とするところから物語は始まります。

 
「有給を取ると逆につらい思いをする」「帰宅後、何か有意義なことをしなければと思うものの、寝たい欲求がすべての理性に勝る」「税金が高すぎて手取りに絶望」など、多くの社会人が経験しているであろうエピソードの数々。人生にかすかな絶望を覚えつつも、“推し”やオタ活、ささやかなQOL改善努力などによって、ぎりぎり生き延びている姿は、涙なくしては読めません。

▼社会人2年目病

▼お金がまったく貯まらないという話

 

日常のささやかな「絶望あるある」を読んでいると、不思議と疲れた心が癒えてくる『なんだこの人生~日曜しか生きた心地がしない社畜OLの日常~』は2月28日(金)発売です。がんばる社会人の疲労にしみる作品を、ぜひお楽しみください。

 
 
刊行情報
タイトル『なんだこの人生~日曜しか生きた心地がしない社畜OLの日常~』
著者:橋本ゆの
定価(本体1,000円+税)
発行:株式会社KADOKAWA
発売日:2020年2月28日(金)

【あらすじ】
入社2年目。オタク。出勤と退勤を繰り返し、アニメを観る体力も衰えてきた。しかし毎週必ず日曜はやってくるのだ。人生の意味を見失いつつも、なんとか生き延びています。社会人の哀しいあるあるが描かれた、意識低い系社畜コミック!

【試し読みはこちら】
https://ddnavi.com/serial/nanda/ 
【公式ページ】
https://www.kadokawa.co.jp/product/321902002151/