最も使われている月額制動画配信サービスは「Amazonプライム・ビデオ」

~月額制動画配信サービス利用者の4割が、有料サービスを複数利用~
 
株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャン
プ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2019年11月度)』の結果を発表します。本調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。また、集計データとしてまとめた全64ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。

【調査結果の概要】   

■8割以上が、「月額制動画配信サービス」を認知
毎月、決まった料金を支払うことで動画コンテンツが見放題になる「月額制動画配信サービス」の認知率は83.6%でした※1。「利用している」人の割合は24.1%で、男女別に見てみると、男性は28.0%、女性は20.2%でした。また、「知っているが、利用は検討していない」男性は47.3%に対し、女性は53.6%でした。男性の方が利用に前向きなことがわかりました。
※1「利用している」「利用していないが、利用を検討している」「知っているが、利用は検討していない」と答えた人の合計。
                   
■最も使われている動画配信サービスは、「Amazonプライム・ビデオ」
最も利用されている月額制動画配信サービスは「Amazonプライム・ビデオ」(66.4%)、次いで「Netflix」(22.3%)、「Hulu」(21.5%)でした※1。また、視聴することが多い動画のジャンルを3つまで回答してもらったところ、一番多くの人から挙がったのは「海外の映画」(47.9%)でした。年代別に見てみると、10代は「日本の映画」を挙げた人が最も多く(58.1%)、20代と30代は「アニメ」(20代:56.2%、30代:42.6%)、40代以降は「海外の映画」でした(40代:52.2%、50代:53.5%、60代:70.6%)。
※1 複数回答あり。

■動画配信サービス利用者の4割以上が、「複数の有料サービスを利用中」
月額制動画配信サービス利用者のうち、「複数の有料サービスを契約している」人は42.3%でした。年代別に見てみると、10代(51.6%)、20代(54.7%)、30代(40.4%)、40代(32.6%)、50代(34.9%)、60代(35.3%)で、10代と20代では半数を超えました。
                     
■有料の動画配信サービスを複数利用している人の35.7%が、「月額3,000円以上」
有料の動画配信サービスを複数利用している人に、一カ月あたりの料金総額について聞いたところ、「1,500円~3,000円未満」が最も多く(36.6%)、次いで「1,500円未満」でした(19.6%)。「3,000円以上」と答えた人は35.7%、「1万円以上」と答えた人も9.8%いました。

調査期間:2019年11月26日(火)~2019年11月30日(土)
調査対象:Fastaskのモニタのうち、17歳~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

 

安野希世乃 2nd LIVEツアー2019「〇。」大阪公演に行ってきました!