『京都国際マンガ・アニメフェア2019』過去最大の総動員数を記録し大盛況のなか閉幕

『京都国際マンガ・アニメフェア2019』 マンガ×アニメ×バーチャル!! 令和で新たに進化した京まふ2019  過去最大の総動員数47,160人を記録し大盛況のなか閉幕!

9月21日(土)、22日(日)の2日間、みやこめっせ、京都国際マンガミュージアム他にて開催した西日本最大のマンガ・アニメイベント『京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2019」は、総来場者数47,160人を記録し、大盛況のうちに閉幕いたしました

みやこめっせ(メイン会場)の出展ゾーンでは、グッズ販売を始めステージや原画展示など個性豊かな出展ブースが「京まふ」を彩りました。そして、おこしやす大使「樋口楓・本間ひまわり」が所属する人気VTuberグループ「にじさんじ」とのコラボカフェ「にじさんじ おこしやす喫茶」ではメンバーオリジナルメニューやグッズの販売に加え、接客配信といった新たな取り組みで会場を盛り上げました。

また、みやこめっせB1Fでは、「マンガ出張編集部」や「京都アニメ・ゲーム企業キャリアフォーラム」、「クリエイター向けセミナー」といった、企業・クリエイターと求職者が出会う場を創出し、多くの方にご参加いただきました。

そして、ロームシアター京都サウスホールとみやこめっせB1Fにて開催されたステージでは、トークショー、ライブに加え今年はバーチャルライブ、舞台など25プログラムを実施し、大いに盛り上がりました。同じくみやこめっせB1Fにて開催された「ソードアート・オンライン フィギュア展in京まふ」では2日間で約9,000人の来場者を迎え、ファンにとって非常に魅力的な空間となりました。

更に今年は京まふとしては初の試み、前夜祭イベント「ド葛本社のドタバタ家族旅行in京都」を開催し、マンガでもアニメでもなくバーチャルのエンタテインメントをお届けすることができ、今後の「京まふ」の可能性を広げることができました。

改めてご来場いただきましたお客様・関係各位に、厚く御礼申し上げます。

【総来場者数47,160人】

みやこめっせ:29,096人
その他   :18,064人

       ※京都国際マンガミュージアム及びファミリー企画等を含む

●おこしやす大使コメント

【下野紘】

日本のマンガ・アニメが東京だけではなく、色んな所ですごく盛り上がっているのだなと改めて実感しました。そして、おこしやす大使になったからこそ、こういう風に京まふが作り上げているのだなとか、

京まふってこういうイベントだったのだなと、普段とは違った目線で見ることができましたし、

色んな人たちがマンガ・アニメで盛り上げていきたいという気持ちがあることが見て取れました。

なかなか経験させてもらえないようなことを経験させていただいたたり、普段見られないものが見ることができたので、本当に楽しかったです。ありがとうございました。

【樋口楓】

アニメやマンガファンの方々がお集まりの中、バーチャルの世界からご挨拶をさせて頂きました!素敵なイベントに参加できてとても楽しかったです!ありがとうございました!

【本間ひまわり】

はじめてのことでとても緊張しましたがとってもいい経験で楽しかったです!また大使になりたーーい!ありがとうございましたー!

●京都国際マンガ・アニメフェア2019 会場の様子

<前夜祭イベント「ド葛本社のドタバタ家族旅行in京都」>※ロームシアター京都メインホール

満員のお客様と共に始まった人気VTuberグループ「にじさんじ」によるバーチャルトークやバーチャルライブでお客様に新しいエンタテインメントをお届けしました。

<みやこめっせ出展ゾーン>

69企業・団体が出展し、グッズ販売を始めとしたステージ・着ぐるみグリーティングなど様々なブースが展開されました。

<京まふステージ>※ロームシアター京都サウスホール

京まふおこしやす大使の下野紘・樋口楓・本間ひまわりそして京まふ実行委員会が登壇したオープニングセレモニーを始め、『ソードアート・オンライン』『鬼滅の刃』など人気作品のトークショー、ライブやラジオの公開収録などを実施し、どのステージも大いに盛り上がりました。

<オープンステージ>

『Fate/Grand Order』『22/7』など人気作品の最新情報発表などを行ったオープンステージは、終始客席は満員となり2日間ともに大いに賑わいました。

<京まふショップ>

人気マンガ・アニメ作品と京都企業がコラボした限定・先行販売グッズや一般販売グッズなど237点以上のグッズを販売し、京都の伝統産業職人による実演販売も行いました。特に限定・先行販売グッズなど早々に売り切れが出るほど活況を呈しました。

<キャラカフェ>

「にじさんじ おこしやす喫茶」ではメンバーオリジナルメニューやグッズの販売に加え、接客配信といった新たな取り組みで会場を盛り上げました。そして、「あんさんぶるスターズ!」とコラボしたアニメイトカフェでは長蛇の列ができるほどの賑わいで2日間とも大盛況となりました。

<ソードアート・オンラインフィギュア展 in 京都>

120体を超えるソードアート・オンラインのフィギュアがランナップし、圧巻の内容のフィギュア展でした。更に京まふで初披露された、京都伝統工芸士による手描 京友禅、その原型フィギュアの展示にも多くのお客様がシャッターを押す様子が見受けられました。

<マンガ出張編集部>

マンガ出版社の編集部が出展し、マンガ家志望者等が自分の作品を持ち込む機会を創出しました。

※9/21(土)開催

<クリエイター向けセミナー>

京都を舞台としたマンガ・イラスト等を展開する作家をお招きし、クリエイターとしてのキャリア形成や作品作りの際のエピソードなどをお話いただきました。※9/21(土)開催 ※今年度初開催

<京都アニメ・ゲーム企業キャリアフォーラム>

京都に拠点を持つアニメ・ゲームの制作会社と就職希望者が出会う場として昨年から開催。今年はCGやWeb系の企業もお招きし、幅広い分野でのマッチング企画を実施しました。※9/22(日)開催

<京都国際マンガミュージアム>

「ちはやふるの世界~末次由紀原画展~おこしやす京都篇」「イラストレーター・賀茂川 ~イロドラレルモノタチ~展」の企画展を開催しました。原画や関連映像などで作品を紹介し海外来場者も多く見受けられました。更に、ファミリー向けのイベントとして「ぬりえコーナー&お楽しみ抽選会」やキャラクターグリーティングなど実施したくさんのお子様にお楽しみいただきました。

<コスプレエリア>

京まふオリジナル背景を設置し、国内外のコスプレイヤーの方に参加頂きました。エリアから人が溢れるほど人気のエリアとなり、コスプレイヤーが会場内を練り歩くことで、イベントに彩りや華やかさが加わりました。

<京都アニメーションの事件による被害者の皆様への義援金及びメッセージコーナー>

京まふ会場内に設置し,多くの方から義援金とメッセージを頂戴しました。

皆様から頂戴した義援金は,日本赤十字社京都府支部が開設する義援金の受入専用口座を通じ、9月25日付けで寄付させていただきました事を、御報告申し上げます。

1,415,034円 (9月21、22日分)

●京まふ2019開催概要

催事名称 : 京都国際マンガ・アニメフェア2019
略称   : 京まふ(KYOMAF=KYOTO INTERNATIONAL MANGA ANIME FAIRの略)
会場   : みやこめっせ(メイン会場)

       京都市左京区岡崎成勝寺町9-1
       京都国際マンガミュージアム(第2会場)

       京都市中京区烏丸通御池上ル(元龍池小学校)
       東映太秦映画村(特別会場)

会期   : みやこめっせ(京都市勧業館)
       2019年9月21日(土)・22日(日) 9:00~17:00
       ※22日は16:00まで

       京都国際マンガミュージアム
       2019年9月21日(土)・22日(日) 10:00~20:00
       ※その他の会期については10:00~18:00

主催   : 京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会、京都市
共催   : 京都国際マンガミュージアム、KYOTO CMEX 実行委員会、
       東映太秦映画村、
       京都コンピュータ学院・京都情報大学院大学
公式サイト: http://kyomaf.kyoto

 

漫画家になる夢に命を懸ける!登場人物たちの生き様がカッコいい「バクマン。」のキャラ紹介