累計159万部突破『響け!ユーフォニアム』シリーズついに完結!

株式会社宝島社は、宝島社文庫『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 後編』を2019年6月22日に発売しました。

2013年12月に第一作目を発売し、約6年にわたり続いた「響け!ユーフォニアム」シリーズの本編が今作をもって完結します。これまでに小説12作(今作含む)、コミックス版7作を刊行し、累計159万部を超えるヒットシリーズとなっています。
本シリーズは吹奏楽コンクールで全国大会金賞を目指しながら成長する高校生たちを描いた青春小説です。
本作をきっかけに、それまでマイナー楽器の代名詞だったユーフォニアムを希望する新入部員が増えるなど、吹奏楽経験者や10代を中心に大きな反響を呼んでいます。
 

また、2015年に京都アニメーションによりTVアニメ化されたのを皮切りに、これまでにTVシリーズ2作、劇場版4作が制作されました。
6月1日には今作の最終楽章編を原作とした物語もアニメ化されることが決定。さらに、6月28日にはコミックスを含むシリーズ全19作品の電子書籍版が配信予定で、ますます盛り上がりを見せています。

宝島社では、企業理念「人と社会を楽しく元気に」のもと、今後もより多くの方に喜んでいただけるコンテンツを企画開発・提供してまいります。

【著者・武田 綾乃 コメント】※著者取材可能です!
『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 後編』がいよいよ発売となります。3年生になった久美子にとって、これが最後のコンクールです。ここまでついてきてくれた読者の方ならきっと最後まで見届けてくれるだろうと思い、前編を伏線だらけにしてしまいました。その分、後編は最初から最後まで怒濤の勢いで読んでいただけるかと思います。最初から最後まで、たくさんの感情をぎゅうぎゅうに詰め込んでみました!「居場所と拠り所」、そして「努力は誰のものか」をテーマに書いた3年生編です。この物語が誰かの拠り所になってくれたら嬉しいです。

【著者・武田 綾乃(たけだ あやの)】
1992年、京都府生まれ。2013年、同志社大学在学中に宝島社主催の第8回日本ラブストーリー大賞の隠し玉作品『今日、きみと息をする。』(宝島社)で作家デビュー。その後、在学中の2年生のときより自身の経験をもとに「響け!ユーフォニアム」シリーズを執筆。物語の舞台である京都府宇治市では、モデルとなった場所やゆかりのある場所が“聖地”と呼ばれ、全国から多くのファンが訪れ、盛り上がりを見せています。さらに、原作、TVアニメのヒットを受け、地元宇治市の観光大使に就任。幅広く活躍しています。

【最終楽章編・あらすじ】
主人公の久美子たち3年生部員にとって最後となる吹奏楽コンクールを控え、さらに練習に熱が入る北宇治高校吹奏楽部の部員たち。
地方大会ごとに行われる波乱のオーディション、顧問である滝の方針への疑念、自身の進路・・・
苦悩する久美子はついに親友の麗奈とぶつかってしまう。はたして久美子は最後の試練を乗り越えられるのか?!そして悲願の全国大会金賞は・・・!?
 

『響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 後編』
価格:本体690円+税
発売日:6月22日

『響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 前編』
価格:本体690+税
発売日:4月17日

 

『 劇場版 響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜 』感想 全力で青春を駆け抜ける女の子たちの見出した頑張ることの意味