劇場版アニメ「ぼくらの七日間戦争」12月に公開!キービジュアル、特報映像が解禁

宗田理の小説「ぼくらの七日間戦争」を原作とする劇場アニメ「ぼくらの7日間戦争」が、12月に全国公開されることが決定した。

本作は、累計2000万部を突破する“ぼくら”シリーズの第1作。大人に干渉されない子供だけの自由な場所・解放区を作ろうとする中学生たちを描いた物語。

これまで実写映像化などがされてきた。

今作の舞台は2020年、インドア派で歴史が好きな高校2年生・鈴原守は、幼なじみの千代野綾に密かに思いを寄せていた。しかし地方議会議員の娘である綾は親の都合で東京への引っ越しを迫られていて……。というストーリー。

公開されたティザービジュアルには雄大な山々に向かい、これから始まる7日間に期待に胸をふくらませる少年少女6人の後姿が描かれている。

また、特報映像の編集は、DAOKO×米津玄師「打上花火」のミュージックビデオを手がけた10GAUGEが担当している。

公式サイト:「ぼくらの7日間戦争」公式サイト
©2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会

ハッピーバースデイ! 6月が誕生日のアニメキャラまとめ【女性編】