TVアニメ 『Fairy gone フェアリーゴーン』:豪華キャスト登壇『~Gone Day Week大感謝祭~』イベントレポート到着!

監督を鈴木健一、シリーズ構成・脚本を十文字青、キャラクター原案・妖精原案を中田春彌、キャラクターデザインを清水貴子、音楽プロデュースを (K)NoW_NAME(ノウネイム)、アニメーション制作をP.A.WORKSが担当するオリジナルTVアニメーション『Fairy gone フェアリーゴーン』。TOKYO MXほかにて放送中。

ゴールデンウィーク中の5月4日(土)にTVアニメ『Fairy gone フェアリーゴーン』第1話から4話までの振り返り上映と第5話の先行上映『~Gone Day Week大感謝祭~』がTOHOシネマズ 日比谷で行われました。上映後にはキャストである市ノ瀬加那さん(マーリヤ・ノエル 役)、前野智昭さん(フリー・アンダーバー 役)、福原綾香さん(ヴェロニカ・ソーン 役)、中島ヨシキさん(セルジュ・トーヴァ 役)が登壇するトークショーも行われ、作品の印象やアフレコの様子などが紹介されました。


お気に入りのシーンについて、窓ガラスを割って登場するキャラクターを演じるのが夢だったと話す福原さんは、第4話でジョナサンに襲われているマーリヤを助けるためステンドグラスを破って登場することができて嬉しかったと笑顔をみせました。またそのジョナサン・パスピエールを演じる興津和幸さんはアフレコ時に、もっと気持ち悪く演じてほしいと音響監督からディレクションが入り、その怪演にキャスト陣から絶賛の声が聞かれ、スタジオでの和気あいあいとした雰囲気が伝わってくるトークに大いに盛り上がました。

収録スタジオの話題ではウルフラン・ロウ役の細谷佳正さんが、収録の合間に色々な話題を提供して、ムードメーカーとなっていることが明かされ、登壇キャストからは様々なエピソードが紹介され会場も大きな笑いに包まれました。その他にも福原さんが“スウィーティー”ビター・スウィート役の寿美菜子さんとファッションについての話をしているといった様子が紹介されると、市ノ瀬さんも、クラーラ・キセナリア役の諏訪彩花さんのファッションが気になっていると明かし、今度話をしてみたいと意気込みを語りました。

『物語が進んで、見方が変わったキャラクターはいますか?』『この先の注目ポイントは?』という質問にキャスト陣からは誰が敵で誰が味方か分からないところが怖いと話があがり、メインキャストでさえ「いついなくなってしまうのか怖いです・・・」と戦々恐々の様子でした。

最後にキャストからファンへ向けて来場の感謝と今後の意気込みなどが語られ終演となりました。

TVアニメ『Fairy gone フェアリーゴーン』は、TOKYO MXほかにて絶賛放送中!
待望のBlu-ray&DVDシリーズは7月17日より発売開始!


TVアニメ「Fairy gone フェアリーゴーン」『~Gone Day Week大感謝祭~』イベント概要
日時:2019年5月4日(土)
会場:TOHOシネマズ日比谷
出演:市ノ瀬加那(マーリヤ・ノエル役)・前野智昭(フリー・アンダーバー役)・
福原綾香(ヴェロニカ・ソーン役)・中島ヨシキ(セルジュ・トーヴァ役)
MC:鷲崎健


<公式サイト> http://www.fairygone.com
<公式Twitter> @fairygone

©2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

 

TVアニメ「 Fairy gone フェアリーゴーン 」第四話「せっかち家政婦とわがまま芸術家」フリーとマーリヤに迫る新たな敵【感想コラム】