寺島惇太、武内駿輔登壇!「キンプリ」第3章“1日目”舞台挨拶レポート


「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- III レオ×ユウ×アレク」 初日舞台レポート
■日程 :4月13日(土) 
■会場 : ミッドランドスクエア シネマ(名古屋)   
■登壇者:寺島惇太(一条シン役)、武内駿輔(大和アレクサンダー役))

4月13日(土)に公開を迎えた「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- III レオ×ユウ×アレク」の初日舞台挨拶がミッドランドスクエア シネマ(名古屋)にて行われ、寺島惇太(一条シン役)、武内駿輔(大和アレクサンダー役)が登壇いたしました。同作では、初の名古屋、梅田での舞台挨拶となり大盛り上がりとなったイベントレポートとなりますので、ぜひ掲載のご検討いただけますと幸いです。

本作は、プリズムスタァを目指す個性豊かな男の子たちが、女の子をもっともトキめかせる“プリズムキング”を目指して様々な試練や困難に立ち向かっていくストーリー。劇場版「KING OF PRISM by PrettyRhythm」(2016年1月9日公開)、劇場版「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」(2017年6月10日)に続く、KING OF PRISMシリーズの最新作であり、現在、シリーズ初のTVアニメが放送中。また、TVアニメに先駆けて公開されている劇場編集版は、3月2日より全国32館で公開中で、「Ⅰプローグ×ユキノジョウ×タイガ」は、興収1.2億を超え、動員数7万人以上の大ヒットを記録。「II カケル×ジョージ×ミナト」と併せて、興収2億を超え、動員数も13万人以上と記録を伸ばしました(※4月8日現在)。このたび公開された「III レオ×ユウ×アレク」に続き、5月4日(土)から「IV ルヰ×シン×Unknown」と順次公開となります。

名古屋から始まった同舞台挨拶。武内は、名古屋に来ること自体が初とのことで「ワクワクしながら初上陸となる名古屋の地を踏まさせていただきました」と挨拶。観客からも「おめでとー!」という掛け声と共に拍手が贈られました。また、観客から名古屋の名物をコール&レスポンスで尋ねるというユニークな掛け合いも行われました。寺島、武内が「名古屋の名物はー?」と尋ねると、観客からは「味噌カツ」「きしめん」「コーチン」「天むす」「手羽先」など、思いおもいの名物が返ってきて“まったく揃わない”レスポンスをキャスト、観客全員で楽しみました。

公開を迎えた第3章について寺島は「気づきと成長がこれまで以上にある。今いる場所をそれぞれが再確認して前に進んでいっている。」と語りました。一方で、寺島が以前よりお気に入りであることを公言するレオのお当番回について聞かれると、表情が一変。顔をほころばせ「可愛い」を繰り返しアピール。その様子に武内も「寺島さんはレオ回に、テンション爆上がりでしたしね」と笑いました。

また、武内は自身が演じるアレクの母・ヴィクトリア役を演じる緒方恵美について「初めての共演でした。当初、ヴィクトリアのイメージも想像がつかなかった」と話す武内でしたが、「声が吹き込まれると“やっぱりアレクのお母さんなんだな”と思いました。アレクとヴィクトリアの親子関係や家の様子にも注目してほしいです。」とコメント。そして、緒方のセリフについては「誰もがやりたくて、でも恐れ多くてできなかったことをやっています。」と話し、笑顔を見せました。

最後に寺島は「新シリーズも3章を迎えました。すべてのお話にプリズムショーに至るまでのストーリーがたくさん詰まっているので、頭を空っぽにして観てほしいです」、武内も「大人の階段を上っている過程の少年たちを見て、昔このような経験したという方もいると思いますし、僕自身もワクワクする気持ちを掻き立てられました。これからこのような青春を経験する方もたくさんいらっしゃると思うので、そのあたりも注目してほしいです。新しいプリズムショーに没頭してもらえたらと思います」とアピール。舞台挨拶は幕を閉じました。

HP http://kinpri.com/
Twitter @kinpri_PR

(c)T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズムSSS製作委員

ゲーム制作に奮闘する「 NEW GAME! 」の女性キャラクターたち!

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。